Learning for best life アノヒトに聞きました

MASSA NAKAGAWA (オフィシャルサイト)
フラワーアーティスト /株式会社マサ&アーティスト代表取締役。1985年渡米、ニューヨーク、デンバー”Ks Florist”でデザインを学ぶ。ゴトウ花店帝国ホテル店長を経て、2004年独立。バリのアマンリゾート、アマンダリ、アマヌサ、アマンキラなどのフラワーデコレーション監修やスーパーブランドの装飾や舞台美術なども手掛ける。また、国内外のTV、ラジオ、雑誌等にも数多く紹介されている日本を代表するフラワーアーティスト。また、FLOWERアート&デザイン協会の会長もつとめる。

〜花をやっている人間だからこその発想がある〜


Q.花の仕事に向かうための創造力は、どこからくるのでしょう?

「花だけにとらわれず、一人のデコレーター
という気持ちで仕事に取り組んでいます」


MASSA NAKAGAWA

世界的ブランドのショップ、有名アーティストのステージ、
ハリウッド映画のプレミア上映会など、
一流の現場で花をつくりつづけてきたフラワーアーティスト、
MASSA NAKAGAWAさん。
花の仕事に向かうための創造力はどこから得られるのか。
力強く魅力的なアーティストの思考に触れてみましょう。


編集部 記念すべき第1回目は、フラワーアーティスト、
MASSA NAKAGAWAさんにご登場いただきます。
こんにちは。
MASSA よろしくお願いします。
編集部 いきなりですが、インタビューのテーマは「天職」です。
その人にとって天職と言えるのは、
どんな仕事のことなのでしょう。
MASSA 僕は仕事でものすごく忙しいとき、
忙しいこと自体がとても楽しくなってしまうんです。
「眠れなくてもいいや、楽しいぜ!」という感じで。
  結局、寝食忘れて熱中できることが「天職」という気がします。
野球選手であれば、一晩中でもバットを振っていられるとか。
ギタリストなら、気に入ったフレーズができあがるまで
弾き続けることとか、でしょうか。

それを無理やりやらされていたら、とてもつらい話なわけでね。
編集部 ある人には眠らなくてもいいくらい楽しいことが、
別の人にとっては罰ゲームみたいになっちゃう、と。
MASSA 僕は花をやっていて楽しいのですが、
まだまだ磨き込み方が足りないと感じます。

ただ、追求することはとても好きなので、
花を通じて、自分がどんな人間なのかを考える。
仕事をしていて苦痛に感じたことはほとんどないし、
別のことを職業として考えたことはありませんから、
やっぱり花の仕事が天職なのだと思います。

花をつくって観てもらって、良いこと、悪いこと、
いろいろな人に言ってもらえる。
人になんらかの影響を与えられるわけで、
そういうのは楽しいですよ。
編集部 仕事を「やらされている」と、
人はなるべく楽をしようとしますよね。
MASSA たとえば営業をやっている人が、
「50件まわってこい」と言われて車の中でサボる。
それは与えられたノルマが
自分の仕事観に合ってないからでしょう。
MASSA NAKAGAWA
編集部 その道のプロになってお金をいただくために、
必要なものはなんでしょう。
MASSA 自分がつくったものを見て、
「俺はこれに対して金を払うか?」
と自問する気持ちがあるかないか。

「これだけの金は払えない」と思うのであれば、
その商品は出すな、ということですね。
金が取れるだけの価値があるものを常に出せるかどうか。
当然のことながら、それがプロですから。
編集部 お金の問題とは別に、
プロとアマの決定的な差はどこにありますか。
MASSA 「責任」が違う。
僕がつくるものが、
クライアントのブランドイメージにつながっていく。
仕事に取り組む時には、
想像以上に大きな責任を背負うことになります。

花の技術はある程度まできてしまうと、
みんなそれほど差がないと思う。
スピードが速いとか、
もちろんプロのテクニックとして、それも重要なのですが、
ただしそれらは基本条件であって差別化には至っていない。

そこから先をどうするか、どうしたいか、をどれだけ描いて
自分をブランド化(差別化)していくかがポイントだと思う。
スピードだけでトップブランドから仕事が来るかと言えば、
来ないですよね。
編集部 その仕事を手に入れるためには、
横並びではない、なにかが求められるわけですね。
MASSA では、なにが違うのか?
技術を超えた先のところで、
クライアントのイメージをはっきり把握できること。
頭の中にあふれてくるものをデッサンして、
プレゼンテーションができること。

僕の場合、花だけにとらわれず、クライアントの商品なども含めて
全体像を把握することに努めます。
クライアントが要求してくるものをデコレーターとして
的確につかむことで、クライアントがイメージしているもの以上を
提案することに基準をおくように努力しています。
それが僕が提供する付加価値でもあるし、
僕のカスタマーデライトのテーマでもあります。

商品をどう飾るのか。
花の感覚を持つ人間は、プロのデコレーターとは
また違った感覚で配置をしていくから。
MASSA NAKAGAWA
編集部 いちばん忘れられない仕事は?
MASSA いろいろあって難しい質問ですが、
MISIAさんのライブステージ上に「森」を再現する
仕事をやらせてもらったことです。
かなり集中して関わらさせて頂いているので、
思い入れもありますし、
僕の上位仕事ランキングではNo.1に位置していますね。
それくらいインパクトの強い仕事でした。

2日で3万人を動員するステージをツアーでまわって、
DVDまで入れれば、トータルで何十万人の人々に、
僕の作品を観てもらえることになる。
素晴らしい機会をいただいたと思います。
編集部 なにかを乗り越えたという感覚はありましたか。
MASSA 一般的に言ってお花屋さんの仕事は、
楽屋にお祝いの花を届けるところまで。
ステージ上の花を手掛けるという発想は、
あまりないと思います。

花の業界でMISIAさんクラスのアーティストの
ステージを飾ったのは、おそらく日本では僕が
はじめてではないかと思います。
でも、これからは僕だけでなく、こういった仕事を手掛ける
フラワーアーティストが増えていくという気がしています。
編集部 MASSAさんを先駆者として、
フラワーアーティストの活躍の場が、
もっと広がっていくということでしょうか。
MASSA 花をやっているからこそ出てくる発想というものが、
ほかの仕事のプロに言わせるとあるようで。
たとえば舞台美術家に「おー、そう来るんだ」と
驚かれたりしてね。
編集部 へぇー、それは面白いですね。
舞台美術家であれ、音楽家であれ、写真家であれ、
別の分野の人たちから、
フラワーアーティスト独自の視点があると
感じてもらえるわけですか。
付録:MASSAさんからの一言メッセージ


活躍できる仕事場を、自ら拡大してきたMASSAさん。
後編はプライベートにも迫ります。
花のプロは「海の男」、でもあるのですよ。お楽しみに!

                               つづく



バックナンバー
Vo.30 ネイリスト 小笠原弥生さん(後編) 2012/3/21
Vo.29 ネイリスト 小笠原弥生さん(前編) 2012/3/07
Vo.28 現代アーティスト ミレイヒロキさん(後編) 2012/1/04
Vo.27 現代アーティスト ミレイヒロキさん(前編) 2012/1/04
Vo.26 フラワーコーディネーター片山結花さん(後編) 2011/12/16
Vo.25 フラワーコーディネーター片山結花さん(前編) 2011/12/5
Vo.24 リクルート『ケイコとマナブ』編集長 根岸菜穂子さん(後編) 2011/9/7
Vo.23 リクルート『ケイコとマナブ』編集長 根岸菜穂子さん(前編) 2011/8/22
Vo.22 掲載終了 2011/7/25
Vo.21 掲載終了 2011/7/11
Vo.20 雑誌「花時間」編集長 小川純子さん(後編) 2011/6/20
Vo.19 雑誌「花時間」編集長 小川純子さん(前編) 2011/6/20
Vo.18 アートディレクター浅葉克己さん(後編) 2011/4/20
Vo.17 アートディレクター浅葉克己さん(前編) 2011/4/06
Vo.16 収納プランナー 平岡さなえさん(後編) 2011/3/16
Vo.15 収納プランナー 平岡さなえさん(前編) 2011/3/02
Vo.14 NLP(TM)協会認定トレーナー 高橋知大さん(後編) 2011/2/16
Vo.13 NLP(TM)協会認定トレーナー 高橋知大さん(前編) 2011/2/02
Vo.12 女性誌「GLOW」編集長 大平洋子さん(後編) 2011/1/19
Vo.11 女性誌「GLOW」編集長 大平洋子さん(前編) 2011/1/5
Vo.10 キレイになる料理研究家 中 美恵さん(後編) 2010/12/15
Vo.9 キレイになる料理研究家 中 美恵さん(前編) 2010/12/01
Vo.8 bjリーグ コミッショナー代表取締役 河内 敏光さん(後編) 2010/11/17
Vo.7 bjリーグ コミッショナー代表取締役 河内 敏光さん(前編) 2010/11/2
Vo.6 ロックバンド HIGE(後編) 2010/10/20
Vo.5 ロックバンド HiGE(前編) 2010/10/6
Vo.4 ウルトラテクノロジスト集団「TEAM★LAB」猪子寿之さん(後編) 2010/9/14
Vo.3 ウルトラテクノロジスト集団「TEAM★LAB」猪子寿之さん(前編) 2010/9/01
Vo.2 フラワーアーティスト MASSA NAKAGAWAさん(後編) 2010/8/23
Vo.1 フラワーアーティスト MASSA NAKAGAWAさん(前編) 2010/7/28