和歌山 校から修了生の声ご案内  日本語教師養成講座 青木 優子 さん

ヒューマンアカデミー和歌山校
0120-49-0744

日本語教師養成講座 修了生紹介

日本語教師養成講座  修了生

青木 優子 (あおき ゆうこ)
 

57歳
日本語教師(ボランティア 和歌山県国際交流協会・和歌山大学など)


実習で外国人学習者を相手に模擬授業ができたことが印象に残っています。

今のお仕事を目指すきっかけ

和歌山大学のボランティア日本語教師養成講座を受講したことがきっかけになり、日本語教師に関心を持ち、外国人に日本語の指導をするためにはさらにスキルアップをしたいと考え、ヒューマンアカデミーの講座を受講した。

これまでの職業

地方公務員(34年間)

ヒューマンアカデミーに決めた理由

利便性と、体験授業に参加してみてよさそうだったので。

講義内容で印象的なこと

授業で使用した文法の資料が今も基礎を復習したり確認したりするときに役立っている。とくに印象に残っているのは実習として外国人学習者を相手に模擬授業をしたこと。

講師について印象的なこと

しっかりと基礎を教えてくれたのがよかった。

資格取得までの体験談

先生の授業をリアルタイムで聞きたいので授業をきちんと受講しようと決め、できる限り授業を休まないようにした。また、実習用の教材作成には力を入れた。

現在の仕事に就くまでのいきさつ

私の場合、日本語教師としてすぐに就職することより、さらにレベルアップする場がほしかったが、そのような活動できる場が身近にないため、受講を共にしたメンバーと共に活動グループを立ち上げ、現在、県国際交流協会でボランティア日本語クラスを開催している。

現在の仕事内容

ボランティアとして上記活動グループの運営と地域に住む外国人、留学生などへの日本語指導。

ヒューマンアカデミーで学び、役立っていること

日本語を教える上で幅広い知識が必要であるが、基礎的なことはひととおり講座で学んだので、時々テキストや資料で確認して指導に役立てている。

お仕事のやりがい

私の場合は収入を得る仕事はしていないが、日本語を教えるボランティア活動や、大学へ編入して日本語関連の知識を学んでいることで現在の生活が充実している。

将来の夢・目標

活動グループとしては現在の活動をさらに充実させるとともに日本語指導を通じて人の輪を広げていきたい。

皆様へアドバイスメッセージ

日本語教師養成講座を受講するなら、できるだけ生で授業を聞かないともったいない!授業はお客さんにならず、参加するつもりで受けると楽しいし、身につく。講師やクラスメートとの交流も継続するための力になる。