北九州小倉 校から 日本語教師養成講座 の就職者 島津 亜希 さんメッセージ

ヒューマンアカデミー北九州小倉校
0120-14-4149

日本語教師養成講座 就職者紹介

日本語教師養成講座  就職者

島津 亜希 (しまづ あき)
 

24歳
日本語教師(インドネシア:STBA LIA)


インドネシアの日本語教育にもっともっと貢献していきたい!

今のお仕事を目指すきっかけ

日本語教師の存在を知ったのは高校時代ですが、その当時は興味を持つ程度で、実際に志したのは大学時代です。就職活動を終え大学生活も終わりに近づいたころ、再度自分のやりたいことに立ち返って考えたとき、頭に浮かんだのがきっかけです。

これまでの職業

きちんとした社会経験はないのですが、インドネシア留学時代にお世話になっている大学で日本語教師として1セメスター教壇に立たせていただきました。

ヒューマンアカデミーに決めた理由

ズバリ、模擬実習の時間が多いこと!

講義内容で印象的なこと

初級実習と文法の授業は私にとって忘れがたいものです。例えば、1つの動詞を教えるために絵を用いるなら、その絵の持ち方であったり、見えやすい方向を考えたりと小さいポイントも気を抜いてはいけない、というのは目から鱗でした。

講師について印象的なこと

どの講師の先生方もやはり、実務経験もお持ちなので、実際の教室活動のお話を聞けたのは本当に有難かったです。あえて挙げるならば、中級実習の時、中身の無さすぎる私の実習内容に担当講師の先生が実践的な視点からズバズバ指摘してくださったことです(笑)あの時は自分の不甲斐なさに悔しくて涙が出そうに・・・

資格取得までの体験談

私は大学4年の6月から入校し、当時住んでいた別府から毎週土日、小倉まで通っていました。交通費を稼ぐため、授業の無い日はアルバイトを行っていました。ところが、その年の11月からインドネシアへ留学することになり、一旦翌年の7月まで休校させていただきました。そして帰国後、7月から約8か月間再度ヒューマンで勉強し、晴れて3月に資格取得となりました。

現在の仕事に就くまでのいきさつ

インドネシア留学時代にお世話になっていた大学を通じてお話をいただき、私の資格取得後を待ってからの開始でした

現在の仕事内容

インドネシアのジャカルタにある大学の日本語学科にて日本語を教えています。授業数は週に10コマ(1コマ100分)、科目は文法、会話、作文、ビジネス会話などです。また、日本語弁論大会等がある際は、スピーチ指導も行っています。

ヒューマンアカデミーで学び、役立っていること

授業の作り方です。一つ一つの活動に対して、「この意図は?どんな目的があるか?」と自分自身で指摘しながら授業を構築する意識を学べました。その場その場で軸のない授業をするのではなく、きちんと意味のある授業をするために毎日様々な場面で思い出しています。

お仕事のやりがい

ディスカッションの授業などで、学生が授業で学んだ日本語を自分で応用して使っているのを見るのはやはりうれしいです。

将来の夢・目標

今はまだまだ目先の仕事でいっぱいいっぱいなのですが、もっとインドネシアの日本語教育に貢献できるようなイベントなどを現地の先生方と行っていきたいです。?

皆様へアドバイスメッセージ

とにかくヒューマンで得られる機会を楽しみながら吸収するのが良いと思います。特に学生さんやお仕事をされている方は2足のわらじは本当に大変だと思いますが、きっとその経験が活かされる時が来ると思うので、毎日楽しく笑顔で頑張ってください!