フィリピン伝統の祭りをご紹介

フィリピンでは、賑やかなお祭りが各地で開催されています。スペインやアメリカなどの影響を受けてきたフィリピンのお祭りは、各国の様々な文化が反映され、独自のスタイルを確立しているのです。

フィリピン伝統の祭りをご紹介

お祭りの種類

  • 元旦

    フィリピンの元旦には、新年を祝うためにたくさんの花火が打ち上げられます。年末のカウントダウンとともに花火が打ち上げられ、あっという間に華やかな花火で夜空が彩られていくのです。熱烈なこのお祭りには、家の玄関先で音を鳴らすことで、「邪気を払う」という意味があります。

  • シヌログ

    毎年1月の第3日曜日にフィリピンのセブ島で行われるシヌログは、数あるお祭りの中でもとくに有名です。幼きイエスの聖像である「サントニーニョ」を祝い、セブの街中でダンスパレードが行われます。フィリピンの各地から数多くのグループがダンスに参加し、毎年多くの観光客が訪れます。

  • ブラックナザレの祭り

    フィリピンの首都であるマニラ市のキアピ教会で開催される宗教行事です。このお祭りでは、スペイン人によって南米から持ち込まれたとされる黒いキリスト像を山車に乗せたパレードを見ることができます。

    このキリスト像は、危険な航海を経てマニラに到着したとの伝承から、「奇跡を起こす像」と称されています。像に触れることで願いが叶うともいわれ、全国から数十万の人が訪れます。

  • 5月の花祭り(フローレス・デ・マヨ)

    5月に行われる花祭りは、キリスト教への敬愛の念が込められたお祭りです。5月の1ヵ月間、少女たちが聖母マリア像とサントニーニョ像に季節の花を捧げます。この花祭りでは、民族衣装のテルノを着た少女たちによるパレードが行われ、可憐で美しい光景を見ることができます。

  • クリスマス

    フィリピンのクリスマスは「世界一長いクリスマスシーズン」とも称され、準備期間を含めると9月から始まりますが実際の祭典は、12月16日早朝のミサからスタートし、イエス・キリストが誕生した馬小屋に三賢者が訪れたとされる1月6日まで続きます。クリスマスに参加する人は12月16日から25日までの9日間、毎日教会で行われるミサに通い、キリストの生誕を祝うのです。

    クリスマス