留学の目的を明確にする
ことから始めよう

留学をする際に大事なことの一つは、目的を明確に持つことです。語学を学ぶために留学した場合、現地で遊んでいたという思い出が残るだけではあまり意味がありません。 しっかりとした目的を持つことで、達成するための努力をするようになります。目的を持つことで結果的に留学生活は充実したものになるでしょう。

留学の目的を明確にする

目的を明確にすることの重要性

留学の目的を明確にすると目的達成への意志が強くなり、それが困難を乗り越える力となります。語学留学は海外旅行とは違い、観光や食事を目的として渡航するわけではありません。 慣れない土地で語学を学び、自分のスキルアップのために活かすことが重要なのです。勝手のわからない海外という場所で勉強することは貴重な体験になりますが、時にはストレスを抱えてしまうこともあるでしょう。 滞在にストレスを感じたとしても、目的さえしっかりと持っていれば、自分に甘えることなく困難をどう乗り越えていくかを考えることができるのです。自主的に行っている留学ですので、 嫌になったからと言って帰国することは容易ですが、そういった選択肢を持たないことを心がけましょう。

また留学の目的を明確にすることで、自分の留学の目的に合う学校や環境を選ぶことができます。スピーキングのレベルを上げることが目的ならば、 現地の言葉を話す機会を増やすために日本人の在籍が少ない学校を選ぶこともできます。留学の目的を事前にはっきりさせておけば、現地の学校の学習方法が自分に合わないというミスマッチを防ぐことができます。

語学留学の目的を具体的に考えてみる

語学留学の目的を明確にするには、「なぜ留学したいのか」「留学の経験を将来どのように活かしたいのか」について考えると整理しやすくなります。

留学の目的を明確にするために、まずなぜ留学という選択をしたのかを考えてみましょう。語学を学ぶだけなら日本でもできます。しかし、それを選ばずにコストをかけてまで留学をする意味を自分の中で見出さなければいけません。 そのためには、語学留学をしたいと考えたきっかけや時期を思いつくままに書き出してみることも有効です。自分の中で留学する目的がわかったら、次にそれをどのように将来活かしたいのかを考えます。留学する目的の中に、 自分がなりたい将来像が浮かんでいる人もいるでしょう。そこまで思い浮かべることができたら、最後に、それを達成するにはどのくらいの期間が必要か、どのような方法が適切かを検討します。

留学の目的が自分の中で具体的に提示できるようになれば、途中であきらめて帰国したり、勉強を投げ出して遊びほうけたりする可能性はぐっと低くなります。

世界各地に行くことができる語学留学