忙しい人が英語を勉強するモチベーションを高く保つには

英語を勉強するモチベーションを高く保つためには、細かい目標設定や復習といった方法が重要となります。英語の勉強は長期間になりやすいため、モチベーションを持続させる方法を習得することで、学習効率を向上させることが可能です。

忙しい人が英語を勉強するモチベーションを高く保つには

モチベーションを保つ

  • 目標を明確にする

    まずは、明確な目標を立てることが重要です。英語を勉強においては、「ただ話せるようになる」という抽象的な目標ではなく、「英語のテストで○点以上取る」といった具体的な目標を立てましょう。数字があると具体的な目標が分かりやすく、やる気も出てきます。ただし、最初から達成が難しい目標を立ててしまうとモチベーションが持続しにくいため、確実に達成できる目標を細かく設定するのが理想です。

    目標を明確にする
  • 放課後や休日にクラスメイトに話しかける

    友達を作るためには、思い切って自分からクラスメイトに話しかけましょう。はじめはクラスの雰囲気が分からず、誘いづらいかもしれませんが、放課後や休日を一緒に時間を過ごすことで自然と仲のよい友達ができるはずです。きっかけは出身国のこと、授業のこと、趣味のことなど何でもよいので、まずは話しかけてみることが大切です。

    放課後や休日にクラスメイトに話しかける
  • TOEICを受講しスコアを上げる

    英語学習で具体的な数字を目標とする場合、世界共通の英語テストであるTOEICを受験してみるのもおすすめの方法です。点数を上げるという具体的な目標が立てやすいほか、TOEICは年間に10回の試験を受けることができるため、自分の好きなタイミングで受験できるメリットがあります。例えば、自身の勉強のペースを踏まえながら、1年に2回受験することを目標に勉強を進めてみるのもよいでしょう。

    TOEICを受講しスコアを上げる
  • やる気が出ない日は復習をする

    勉強のやる気が出ない日は、前日解いた問題の復習をしましょう。復習をする際は、自分のできそうな時間を設定し、その時間でできる問題を解くのが理想です。勉強したばかりの内容なので解答しやすく自信にも繋がるほか、前日学んだことを忘れにくくする効果も得られます。やる気が出ないと簡単な問題でさえも解くのが難しくなり、学習効率が低下してしまうのです。

    る気が出ない日は復習をする
  • 目標を改めて見直す

    モチベーションが下がってきたら、再度目標を設定し、そもそもなぜ英語の勉強を始めたのかを思い出してみましょう。「就職したい」、「英語を使った職業に就きたい」、「留学をしたい」など、勉強の目的を今一度考えてみてください。改めて目標を明確にすることで、自身の勉強への意欲も向上していきます。

    目標を改めて見直す