ご飯は口に合う?
フィリピンでよく使われる調味料

留学生活で気になるものの1つが食事です。日本ではさまざまな国の料理を食べることができますが、フィリピン料理はあまり馴染みがないという人も多いでしょう。ここではフィリピンでよく使われる調味料について紹介します。

フィリピンでよく使われる調味料

日本の味とは少し違うフィリピンの醤油

日本の味とは少し違うフィリピンの醤油

フィリピンで使われる調味料の一つが、日本人にとっても非常に馴染み深い大豆で作られた醤油です。しかし、日本の醤油と同じような味ではありません。フィリピンの醤油は、日本の醤油よりも色は濃い目で、塩辛いものが多いです。また鶏肉や豚肉を醤油とお酢で煮込んだ料理であるアドボを作るときにも醤油は使われます。アドボはフィリピンでは一般的な料理で、普段のおかずやお弁当と日常的に食べられています。

さとうきびやココナッツから作られるお酢

さとうきびやココナッツから作られるお酢

フィリピン料理にはお酢もよく使われます。フィリピンのお酢の原料はさとうきびやココナッツがあり、どちらも柔らかい酸味が特徴です。多くの家庭の食卓やレストランに並ぶほど、醤油とお酢は一般的な調味料です。

小エビの発酵調味料バゴオン

小エビの発酵調味料バゴオン

バゴオンは小エビを塩漬けにして発酵させた調味料です。ピナクベットと呼ばれるフィリピン北部発祥の料理に、バゴオンは使われます。北部だけでなくフィリピン各地で食べられている定番のおかずで、カボチャやなす、ニンニクなどと炒め、バゴオンで味付けします。バゴオンには独特の臭みがあるため好みは分かれますが、ご飯やグリーンマンゴーと相性のよい調味料です。

魚と塩を発酵させた調味料パティス

パティスはフィリピンでは欠かせない調味料で、魚に塩を混ぜ発酵させたものです。日本でいう魚醤にあたり、醤油よりも塩辛いものが多いという特徴があります。フィリピンのレストランでは、パティスは必ずといってよいほど置いてある定番の調味料です。

香りづけに使われるパンダン

ショウブの葉のような細長い形と、独特の香ばしさが特徴の植物の葉です。フィリピン風豚の丸焼きであるレチョンやローストチキンに用いられます。ほかにもお米と一緒に炊いたりココナッツミルクを使った料理に使ったりと、主に香りづけとして多くの料理に使われるのが特徴です。