フィリピンの
語学学校選びのポイント

フィリピンの語学学校は大きく分けると、ひたすら英語力を磨くことのできる学校と、リゾート地域で楽しみながら語学に親しむことのできる学校があります。目的や希望に合った学校で充実した留学生活をするために、学校選びのポイントをおさえておきましょう。

フィリピンの語学学校選びのポイント

政府公認の学校であるか?

TESDA(フィリピン教育庁)の認定校であるかどうかは重要な確認事項です。フィリピン教育庁は教育面にとどまらず、安全面や経営面なども総合的に判断して語学学校を認定しており、TESDA認定校でなければフィリピンで学校を運営することはできません。

またSSP(特別就学許可証)を発行してくれる学校であるかどうかも加味しましょう。語学学校の入国者は、基本的には観光ビザで入国し、現地学校でSSPを取得しますが、学校が行ってくれなければ自ら行うことになります。

学校所在地を基準にする

フィリピンの語学学校を地域別にみると、セブやバギオなどに多い傾向があります。セブは市街地とリゾート地に分かれており、語学学校は市街地に集まっています。ビルが立ち並ぶ市街地の学校は数が多いので、学校選びの選択肢が広がります。
リゾート地にも語学学校があり、ビーチリゾートが近くにあるため週末に海でのアクティビティを楽しみたい人には良い環境です。

学校施設をチェック

学校生活を快適に送るには、学校の施設にも着目しましょう。建物は新しいか、古いかといったことのほか、寮の施設も確認することが大事です。中には温水シャワーが出ない、テレビがない、無線LANがない、というケースもあるので確認が必要です。

また授業の人数は何人で行われるのか、マンツーマン制の授業はあるのかといった授業内容も知っておきましょう。1日の授業のコマ数、生徒の日本人比率も重要なポイントです。

語学留学なのでスタッフとも英語でコミュニケーションを取ることが望まれますが、病気やケガをした際の緊急時には日本人スタッフが常勤している学校だと安心です。

学校施設をチェック