短期留学でも
英語が話せるようになる
ポイントとは

短期留学でも効果的に英語を話せるようになるための方法を紹介します。

ポイントを押さえて後悔のない充実した留学にしましょう。

短期留学での英語力

留学先では
日本語を話さないようする

短期留学で英語力が身に付かない理由の一つは、日本人と日本語を話してしまうからです。留学先で日本語ばかりを話していては、外国に行く意味が薄れてしまいます。

語学が未熟で不安な気持ちがあるうちは、つい日本語を話したくなってしまいがちですがそこは我慢すべきです。

できるだけ日本人のいない学校に行く、ルームメイトは日本人にしない、日本人といても日本語をしゃべらないようにするなどを徹底しましょう。

積極的に自分から英語を話す

自分から積極的に英語を話すようにすることが大事です。話している内容が分からなかったり、英語が話せなかったりすると無口になってしまう人もいます。しかしただ英語を聞いているだけでは、なかなか語学力は上達しません。

最初は自分の言葉が通じないことを恐れる気持ちがあっても、単語を並べ、身振り手振りをつけながらでもいいので会話をするようにしましょう。

現地の人と話す

短期留学でも現地の人と話すことは可能です。現地の人と交流し、外国語で会話をすることで上達が早まります。

その際、自分の意見を積極的に伝えたり、 自分の言葉の未熟な点をアドバイスしてもらったりすると生きた外国語を効率よく学ぶことができます。

現地の人と話す

健康管理に注意する

現地で体を壊さないよう注意をしながら生活をすることも、語学を上達させるには重要なことです。短期留学の場合は特に、現地に滞在できる時間は限られているので1日でも1時間でも英語に触れる時間が貴重になってきます。

風邪で熱を出したり、お腹を壊したりすれば、その分外国語を勉強する時間は減ってしまうのです。海外に行くと一般的に気候や温度、食べ物の違いなどによって体調を崩しやすくなります。

生水を飲まない、気候にあった服を着るなど、体調を崩さない工夫を心がけましょう。