海外で就職して
人生を豊かに彩るために

海外で仕事をして生活するにはいくつか方法がありますが、「とりあえず、仕事して海外生活を体験したい」という人にはインターンシップやワーキングホリデーがオススメです。仕事先が見つけやすく、仕事内容もハードなものはありません。
ただ、お試し感覚ではなく「将来につながるキャリアを築きたい」「海外に移住・永住したい」というのでしたら、やはり海外の企業や団体に就職することを考えなければなりません。
では、海外で就職するためにはどうしたらよいのでしょうか?

海外で就職するためには

現地の企業に就職する

日系企業の海外支社や日本人が企業した会社、または現地の海外の会社に勤めるにはどうしたらよいでしょうか。
まずはインターネットを使って調べてみましょう。海外に行く前に日本にいながら就職活動ができますので、生活に困る心配は海外で仕事を探すよりも少なく済みます。また、人材紹介をする会社を介して仕事を得る場合もあります。

海外で働いてお金を貰って生活をするためには「労働ビザ」が必要です。労働ビザを取得するには雇用主の保障が必要になる為、海外で働くには日本国内で就職活動を始めるのが良いでしょう。

日本系企業の海外要員になる

現地の企業が「日本人相手のビジネスを始める」場合、または「日本の企業が海外に拠点を置く」場合があります。そのときに日本で人員募集をされることがあり、日本にいながらの応募が可能です。これは倍率が高いことが多いですが、通れば渡航費用をサポートしてくれる場合もあり、初期費用を少しでも浮かしたいという人にはオススメです。
ただし、海外で就職といっても就職先の企業が、日本の企業であるため本来の自分の希望に沿っているのかよく考えなければなりません。

国際公務員に就職する

国連やユニセフ、国連開発計画などの国際機関の職員になるという方法があります。
この場合、語学力はもちろん、日本や海外の修士号以上の学位、または専門分野での優れた知識、経験を持っていなければなりません。国際公務員になるためには応募書類を提出し受験する方法と、日本人職員を採用するための「採用ミッション」へ応募、受験する方法があります。また、外務省が若者を国際機関へ派遣する制度「JPO派遣制度」を利用するのも手段の一つです。

ただし、国際公務員・JPO派遣候補者選考試験はレベルも高く、欠員を補充する場合が通常とされているため、海外で働きたいという意思より「国際公務員になりたい」という強い意志が必要かもしれません。

海外で起業をする

日本食レストランを始めるなど「海外で自分の会社を起業する」というのも方法の一つです。
この場合、海外の法律や制度について知っておくことや、資本金などの条件をクリアしなければなりません。

フリーランスで働く

フリーランスでアーティストやカメラマンになるといった方法もあります。しかしこれらは、才能や業界での評価、認知度が関与するので、職として不安定です。さらに、「ビザの保証人を誰に頼むのか?」という今までになかった問題が出てきます。同じ立場の人を見つけることも困難で、自ら道を切り開いていく覚悟が必要です。

フリーランスで働く

海外で就職するのもいろいろな方法があります。
自分に合った職種や、働き方について深く認知し、時間をかけて準備することが重要だと言えるでしょう。
語学力はもちろん、自分の得意分野を生かし世界で働けることは人生の充実になるので
チャレンジしてみる価値は大いにあると考えられます。