フィリピンでのマナーと
生活における豆知識

日本人にとって、異国の環境・文化や背景は日本に住んでいる間はなかなか目にしたり、体験したりすることはありません。フィリピン留学を行う中で、フィリピンでは当たり前のことであっても馴染みが無く、ちょっとしたことで驚いたり、分からないことも多くあると思います。留学において、訪れる国の環境や文化、マナーを事前にある程度でも把握をすることは、異文化交流を行う上でも一番重要な事となります。異文化を知ることで、フィリピンの留学先でも楽しく過ごせるよう、お互いのマナーや文化を認識し合いことが大切なのです。
ここでは、留学先で活かせるような、フィリピンでのマナーや文化、生活における豆知識を厳選してご紹介します。

フィリピンでのマナーや文化

  • ① 飲料水の注意点

    フィリピンでは、まだまだ水道水の水は、飲み水としてはあまり適していません。一部の高級なホテルでは、部屋の水道水を飲用として提供していることもありますが、基本的には、生水は避け、飲み水はミネラルウォーターを購入した方が安心です。

    フィリピンの飲料水事情
  • ② トイレ環境及び事情

    フィリピンのトイレは、日本の洋式トイレとほとんど同じですが、特徴として便座の部分がないことが一般的です。最近は高級ホテルやショッピングモールなどには、便座やトイレットペーパーが備え付けられているものも多くなってきましたが、公共のトイレでは、便座なしや、トイレットペーパー自体備え付けられていないことも多くあります。ですので、留学中は、常にポケットティッシュを持ち歩くことをオススメします。
    また、トイレは水洗式といっても配管が細く、トイレットペーパーを流すと詰まってしまうことが多くあります。そのため、フィリピンでは用をした後にトイレットペーパーを処分できるように、各トイレには横にバケツが置かれています。使い終わった紙はこちらに捨てるようにしましょう。

    フィリピンのトイレ事情
  • ③お風呂環境及び事情

    フィリピンと日本の生活における文化の違いを特に感じるのが、お風呂の環境となります。フィリピンでは基本的に日本のようにお風呂に浸かるという文化がありません。レジャー施設として、スパなどはありますが、一般的にはお風呂はバスタブに浸かるのではなく、シャワーだけのことがほとんどです。バスルームにおいても、バスタブはなく、トイレとシャワーだけの設備です。

    フィリピンのお風呂事情
  • ④ 喫煙マナーについて

    フィリピンでは、喫煙に対して年々法規制が厳しくなってきています。例えば、マニラのマカティ市では、2007年から喫煙の規定がもうけられ、公共の場でも禁煙エリアが多くなり、タバコを吸う際には注意が必要です。
    違反した場合は、1,000ペソから3,000ペソの罰金や、3日~6日の勾留処分もありますので注意しましょう。
    ※1,000ペソ=約2,600円 (2015年1月時点レート)
    また、これは日本でも同様ですが、喫煙エリアであったとしても、非喫煙者の人のことも考え、同席者に確認したり、周りの環境に配慮し行動しましょう。
    ちなみに、フィリピンでは、飲酒同様に、18歳未満の喫煙が法律で禁じられています。

    フィリピンでの喫煙マナー