留学初心者向け!フィリピンへの短期留学にかかる費用は?

費用面のハードルが低いことから、フィリピン留学は近年話題となっています。では、実際にどの程度の予算を用意しておけば十分なのでしょうか?
今回は、一般的なフィリピンへの短期留学に必要な費用についてご紹介します。

留学初心者向け!フィリピンへの短期留学にかかる費用は?

短期留学の期間や効果は?

  • 「短期留学」とは、その名のとおり短い期間の留学です。しかし、期間については明確な定義はありません。大学などでは、1学期間、もしくは1学年以内の留学が短期留学に分類されている場合が多いでしょう。一方、フィリピンへの短期留学は短くて1週間程度、長くて1カ月や3カ月程度の期間が一般的です。

    「1年未満の留学で英語力は十分に伸びるのか?」と疑問を持つ方もいるかもしれません。もちろん、どれだけ英語を吸収できるのか、ということは人それぞれでしょう。しかし、普段英語に対して現実感を持てない私たち日本人にとっては、英語力の向上よりも、まずは英語に慣れることが重要です。
    フィリピンへ留学した場合、土日以外の昼間は英語で授業を受け、英語でコミュニケーションをとることになります。その後の自習も含めると、1日8時間ほど英語の勉強に時間を費やすことになるでしょう。もともとの英語力にもよりますが、短い期間の留学でも、少なくとも英語に慣れることはできるはずです。

1カ月のフィリピン短期留学で必要な費用

  • こちらでは、1カ月(4週間)のフィリピン短期留学を想定して、かかる費用の目安をご紹介します。
    留学エージェントを利用する場合、渡航前に初期費用を渡航後にその他の費用を支払うことが一般的です。また、当然ながら航空券の費用も発生します。それぞれの相場をご紹介しますので参考にしてください。

    1カ月のフィリピン短期留学で必要な費用
  • 入学金:1万円~1万5,000円程度

    学校によって差はありますが、100ドル~150ドル(日本円で1万円~1万5,000円程度)の入学金を設定している学校が多いようです。

  • 授業料・寮費・食費:15万円程度

    多くの学校では、授業料、寮費、食費を一括で請求しています。学校によっては、1日2食のみを提供している場合や、平日のみ提供している場合などもあるため、事前に規約をよく読むようにしましょう。

  • SSP(特別就学許可証):1万5,000円程度

    外国人がフィリピンに留学目的で滞在するためには、SSPという許可証が必要です。日本人の場合、30日以内であれば観光ビザでフィリピンに滞在することができます。しかし、勉強を目的にしている場合は観光客とは別扱いになり、SSPが別途で必要だとフィリピン政府によって定められています。SSPは「観光ビザで滞在はしているけれども勉強目的で入国した」という証明書なのです。
    手続きは学校側が代行し、個人で申請することはできません。申請費用と代行手数料を合算すると1万5,000円程度かかります。ただし、学校によって料金が変わることもあるので事前に確認するようにしましょう。

  • 水道代・光熱費:3,500円程度

    寮で使用した水道代・光熱費は別途支払う必要があります。メーターで計測して使った分だけ支払う実費精算と、定額制の2タイプがありますが、1カ月程度であれば、平均で3,500円程度となります。
    2人部屋、3人部屋など共有する人数が多ければ1人分の負担も減るでしょう。

    水道代・光熱費:3,500円程度
  • テキスト代:2,500円程度

    語学学校で使用するテキスト代には、平均して2,500円程度必要です。ただし、実際はカリキュラムなどによって変わることもあるため、多めに考えておきましょう。

    テキスト代:2,500円程度
  • 寮のデポジット:7,000円程度

    入寮時には、デポジットと呼ばれる敷金のような費用が必要となります。部屋に損傷がない場合は、退寮時に返金されます。

  • 航空券:6万円程度

    フィリピンまでの航空券は、往復で6万円程度が相場となっています。直行便なのか、どこかを経由するのかによっても変わりますが、航空券のセールやLCCなどを利用すればさらに安い値段で手に入れることもできるでしょう。

  • その他生活費:4万円程度

    上述した以外の費用は、現地での生活スタイルによって異なります。土日や空いている時間があっても遊びに行かず、友人とちょっと外食するだけなどであれば2万~3万円あれば十分です。
    一方で、せっかくフィリピンに行くのだから授業のない週末にはどこかのビーチへ出掛けたり、アクティビティーを楽しんだりしたいという場合は、4万~5万円ほどあった方が安心でしょう。
    人によって違いがでることは当然ですが、4万円程度あれば基本的に困ることはないと考えてください。

  • 1カ月のフィリピン留学で必要になる費用は約30万円

    ぜいたくを望まない場合、30万円程度でフィリピン留学は十分可能でしょう。また、授業料は希望するコースや授業のコマ数によっても異なるため注意してください。寮費は部屋に同居する人数によって上下するため、予算に合わせて調節可能な場合もあります。

  • おわりに

    今回は、一般的なフィリピンへの短期留学に必要な費用についてご紹介しました。
    フィリピン留学はアメリカやイギリスなどへの留学に比べると、かなりリーズナブルな価格で実現が可能です。また、直行便であれば日本から約4時間で行けるという距離感の近さも魅力の1つでしょう。
    ゆくゆくはいろいろな国へ留学してみたいとお考えの方も、まずはお手頃なフィリピン留学からスタートしてみてはいかがでしょうか。