フィリピンで人気の美術館

美しいビーチリゾートで有名なフィリピンですが、魅力的な建造物やアートも充実している国です。フィリピンの魅力をより深く知るためにも、フィリピンの美術館にも行ってみることをおすすめします。フィリピンの美術館を紹介しましょう。

フィリピンで人気の美術館

アテネオ・アート・ギャラリー

マニラにあるケソン・シティの南側にある私立アテネオ・デ・マニラ大学のキャンパス内にある美術館が、アテネオ・アート・ギャラリーです。フィリピンの近現代美術に出会える美術館で、600点を超えるコレクションを所蔵しています。フィリピン美術史に残る作品も多く抱えています。

アテネオ・アート・ギャラリーは、若手アーティストの登竜門といえるアテネオ・アート・アワードにノミネートされた作品を展示することでも知られています。新進の若手作家を扱うアテネオ・アート・アワードは、フィリピンで活躍するアーティストを知る上で非常に重要な位置にあり、海外からも注目が集まっている賞です。

ヴァルガス美術館

ヴァルガス美術館は、フィリピン大学の美術館で1987年に作られました。もともとは、フィリピンの初代官房長官であるヴァルガス氏が、自身の持つコレクションを寄贈したことから始まりました。

この美術館には、1880年代~1960年代までの絵画や彫刻などが展示されており、1930~1940年代に活躍したアモルソロやファビアン・デ・ラ・ロサの作品も充実しています。建物内に設置されている展示スペースでは、現代作家による展覧会が多く開催され見応えのある内容となっています。また屋外にもアート作品が置かれていたり、カフェスペースがあったりと、各々の過ごし方で楽しめる美術館です。

メトロポリタン美術館

メトロポリタン美術館では、水彩画やデッサンなどのフィリピン近代アートが数多く展示されています。他にも、フィリピン中央銀行が所蔵する貴金属や陶器なども楽しめる美術館です。マニラ湾に面しており、マニラ・ズーロジカル・アンド・ボタニカル・ガーデンという動物園やマネーミュージアムという貨幣博物館が近くにあります。