活躍する修了生

「日本語パートナーズ」でインドネシアへ。日本映画の魅力を伝えたい!
吉永紘朗さん(よしながひろあきさん)
ヒューマンアカデミー新宿校
日本語教師養成講座修了生

映画翻訳のコーディネーターとして字幕や吹き替えの仕事に7年間携わる。仕事を通じて高まった日本語表現への関心と、当時通っていた語学スクールでの学びの体験から日本語教師の魅力に目覚め、仕事の傍らヒューマンアカデミー日本語教師養成講座を受講。2015年1月の修了後は、在校中にエントリーした「日本語パートナーズ」に見事採用が決まり、2015年8月から9ヶ月間半、インドネシア3期派遣者として現地で活躍の予定。

映画翻訳の仕事を通じて再認識した、日本語の言語表現の魅力


Q.日本語教師に興味を持ったきっかけは?
映画翻訳のコーディネーターとして字幕や吹き替えの仕事に7年間携わり、仕事を通じて「言語としての日本語表現」に深く関心を持つようになりました。また同時にその頃通っていた、インドネシア語と英会話のレッスンでの体験から語学を教えることへの興味がわき、日本語教師の勉強をしてみたいと思うようになりました。

Q.実際にヒューマンアカデミーで学んでいかがでしたか?
ヒューマンアカデミーの講座を知ったきっかけはホームページからでした。活気があって楽しそうだなという印象を感じました。実際に学んでみてその印象が裏切られることはなく、個性豊かな先生方の授業は学ぶ楽しさを実感できましたし、日本語教師講座は受講生の年代が幅広くまたアクティブな方が多いので、とてもいい刺激を受けました。修了した後は海外や日本の日本語学校へ就職が決まり、それぞれ励ましあいながら連絡を取っています。

「日本語パートナーズ」でインドネシアへ。日本映画の魅力を伝えたい!


Q.応募の動機と派遣先にインドネシアを選んだ理由は?
インドネシア映画にはエンタテイメント作品から、タブー視されがちなテーマを扱った作品もあります。その衝撃からインドネシアという国に強く心をひかれるようになりました。その後通ったインドネシア語の語学学校で、日本の映画やアニメがインドネシアの若い人たちに人気があることを知り、日本の高校にあたる教育機関に派遣される「日本語パートナーズ」は、自分の持っているバックグラウンドをアジアの架け橋に活かす絶好の機会と思い、インドネシア3期派遣者へのエントリーを決めました。

Q.選考にあたり、学んだことや気をつけたことは?
就職部に履歴書を持参して相談したり、書類選考通過後の二次面接対策として、ヒューマンアカデミーの面接のセミナーに参加したりしました。この時のアドバイスをもとに自分に何ができるかを考え、映画業界にいた経験を活かし「映画やアニメなど日本のコンテンツを紹介できる」という強みを強くはっきりアピールできるよう、とにかく日本映画を毎日ひたすら観続けました。

Q.派遣先での活動の意気込みをお聞かせください。
以前から日本の魅力あるコンテンツを通じて日本と東南アジアをつなげていくことが夢でしたので、とてもワクワクしています。十代で多感なインドネシアの高校生たちが、日本の素晴らしい映画やアニメとの出会いで少しでも何かが変わってくれたらうれしいですし、「声優になって日本アニメの吹き替えがしたい!」なんて思ってもらえたら最高ですね。そして日本語を学ぶ喜びを感じてほしいです。

Q.日本語パートナーズを目指す方にメッセージをお願いします。
「日本語パートナーズ」の選考では、「その国であなたに何ができるか」が重視されます。自身のバックグラウンドを振り返り、自分にしかできない、自分だからできることをしっかりとアピールすることが、良い結果につながると思います。頑張ってください!

通話無料 0120-15-4149
  • あれこれ聞いてみたい 個別カウンセリング
  • 体験してみたい 無料体験セミナー
  • 講座のお問い合わせ
  • 講座の申込方法
北海道・東北エリア
関東甲信越エリア
中部エリア
近畿エリア
中四国エリア
九州エリア

通信講座で学ぼう!ヒューマンアカデミー通信教育センター 英語コミュニケーション能力判定テスト

全国30教室の日本語教師スクールだからあなたの街にもきっとある

近畿エリアの日本語教師スクール

中四国エリアの日本語教師スクール

九州エリアの日本語教師スクール


北海道・東北エリアの日本語教師スクール

関東甲信越エリアの日本語教師スクール

中部エリアの日本語教師スクール


日本語教師・日本語教師能力検定を目指すならヒューマンアカデミー