ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

日本語教師養成講座 就職決定者の声

KenichiKishimoto

  • 機械修理師
  •  
  • 日本語教師養成講座
  •  
  • 日本語教師
新宿校 岸本憲一さん
 
岸本憲一さん
第2のステージは海外で〜日本語教師として、異業種転職を実現!〜
img Q1.受講のきっかけについて教えてください。
機械修理師として台湾に海外赴任中、現地の人たちに、日本語を教え始めたことがきっかけです。現地の人たちの日本語を学ぶ意欲、熱心な姿勢に心が打たれました。普段は機械修理師としての職業柄、人とのコミュニケーションをとる機会が少なかったため、人からの喜びや感動が日本語を教えることを通じて、直接返ってくることに、楽しさや やりがいを感じました。
そのような中、台湾で英語学校に通っていたときに、現地で活躍する日本語教師の方との出会いから、具体的に日本語教師の仕事を知り、いつかは自分も海外で日本語を教える教師になろうと決意を固めました。定年退職を機に、日本語教師になるための必要な資格(日本語教育能力検定)を得るため(420時間課程を修了)講座を受講することに決めました。

Q2.講座は仕事に活かせる内容でしたか?
講座内容は、講師の方が日本語教師として経験された実体験を元に、そのときの場面に応じた対応方法を具体的に教えてもらえるため、実務に役立つ内容でした。また、講義を受けて、日本人では当たり前と考えていることを、当たり前ではないこととして意識し、教えることの 大切さがわかりました。420時間課程は、毎回新しいことの発見が多く、どの講義も貴重な内容でした。

Q3.就職が決まるまでの道のりを教えてください。
就職部に登録し、ジョブカウンセラーの方と1対1でカウンセリングを受けることから始まりました。カウンセリングでは、専任カウンセラーの方とリラックスした雰囲気の中、これまでの経験、これからの希望について、自身の考えを話しました。自分の場合、これまで転職経験が無いことから、企業応募には具体的に、何をどのように準備し、進めて良いかがあまりよくわかりませんでした。専任カウンセラーの方に、履歴書・職務経歴書の書き方、面接の受け方など、これから就職活動をする上で必要なことを親切にアドバイスいただき、スムーズに転職活動を始めることができました。また、毎月定期的に開催されている「就活セミナー」に積極的に参加したことで、いざ面接が入ったときに備え万全の態勢を整えることができました。

面接対策セミナーでは、身だしなみ・立ち居振る舞いの基本を知ることができ、それぞれの応募業界によって効果的な服装があることなど、新しい発見がありました。いろいろなセミナーに参加しましたが、全てが就職活動に役立つ内容でした。就職活動の中で、最も印象的な思い出として、専任カウンセラーの方と履歴書・職務経歴書内容のチェックをメールを通じ何度もやり取りを行い書類を完成させたことです。自己PRすることに、あまり慣れていないことから、いろいろと相談させていただきました。 まずは、書類選考を通過させることが重要なポイントとなるため、志望企業に提出する履歴書/職務経歴書の作成には一番力を入れました。今回、このように異業種業界への転職が成功したのは、自分がその仕事に就きたいという強い意思を最後まで貫き通したことと、ジョブカウンセラーの方の協力あっての結果と思います。

Q4.今後の夢について教えてください。
これから、多くの経験を積んで、生徒に慕われる一人前の日本語教師になることです。

Q5.これからスキルを身につけて、就職・転職を目指す方に一言お願いします。
自分が本当に好きなことを考えて、好きなことに関わりのある職に就けることが理想であると思います。それが何であるかを知るためには、自分自身を良く知り、何をやっているときが一番楽しいか、好きであると感じるか、自己分析することが大切です。 たった一度の人生、遅すぎることはないので、気づいたら行動に移す事です。自分の場合は「日本語教師420時間課程修了」が必須条件だったため、学校に通うことが、夢を実現するためのプロセスであり、夢の扉を開けた一歩だったの だと思います。

学びたい!!と思ったらこちらまで

  • 資料請求はこちら
  • 講座説明会で受講に関する疑問を解決
  • 体験セミナーお探しの方はこちら

資料請求はこちら

体験セミナーお探しの方はこちら

講座説明会で受講に関する疑問を解決

開講スケジュール検索

各講座のお問合せ



human
human