大宮 校の フラワー 担当 サイトー 文恵 さんの講師情報

ヒューマンアカデミー大宮校
0120-73-4149

フラワー 講師紹介

フラワー  講師

サイトー 文恵 (さいとう ふみえ)
 


お客様のイメージを形にできる現場力を。

保有資格

2000年:ガーデニング東京カップ コンテナーガーデニング部門 審査員特別賞受賞
2000年:全国フラワーアレンジメント大会 優秀賞受賞
2004年:ハーブアドバイザー取得
2004年:カットフラワーアドバイザー取得
2009年:FLOWERアート&デザイン協会 カリキュラム作成委員

キャリア

25歳まではバイクのレーシングチームにて仕事をしていたが、一転、自分にしかできないモノづくりがしたくなり、お花の世界へ飛び込む。 28歳よりフリーランスとして独立。フラワーアレンジメントやガーデニング・ウエディングフラワーの講師として教鞭をとりながら、花・植物本来の力を活かすため、アロマテラピー、フラワーセラピーを取り入れた植物素材、天然素材で照明を作った「あかり展」(水面)を発表。この頃より、空間における植物の提案を効能をプラスし提案し続けている。

講座のポイント

FLOWERアート&デザインのコースは、花をいけるという部分と現場で役に立つという2点です。アドバンスのコースからは、テーマのみを決められ、デザイン・発注・制作を行わなければなりません。そのことからいくと、カリキュラムの花を制作する時点で自分で美しいと思うように考えながら、右脳を動かしていく時間が必要だと思います。現場に出て店にある花で商品を作る濾器や慌てふためくことなく、クライアントからの様々な要望にこたえられるように、そして人材をつくっていくこと。

講義での心がけ

今日必ず学ばなければならない事、また、カリキュラムにはなくても今日使う花の性質などを伝え、それ以外は考えて挿してもらうようにします。思いがけず良かったところ、失敗してしまったところを踏まえ、時間の限り何度もチャレンジしてもらっています。

皆様へアドバイスメッセージ

花・植物の持つパワーも感じてほしい花の効能について講義していると、原種を知らない、自然に咲く本来の花の姿を知らない人が多く、その現状に驚くことがあります。切花=モノではなく、花・食靴の持つパワーを知り、花をみて美しいと感激する心をまずは養っていってもらいたいですね。また、ブーケやアレンジメントをつくるにあたっては、クライアントの要望に応えることがなにより重要。お客様のイメージを形にできるように。ウエディングフラワーなら花嫁を美しく見せることを一番に考えてほしいと伝えています。