人生を変える出会いは、きっとある、と思う。

仕事との出会い、大切な人との出会い、
新しい自分との出会い。

私たちは、人生において、就職や結婚、出産と同じくらいに
学ぶことも、出会いだと考えます。

学ぶことで、変わるもの。
人間関係、友達との話題。目指す目標、やりたい仕事、なりたい自分。

学びを通して、知識とスキルと資格を、
そして、人生が変わる出会いの感動をあなたに。

学ぶことで得られる本当に大切なことを届けながら
女性の自分らしいライフスタイルと、幸せなキャリアをずっと応援していきます。

子育てや家事に大忙しのママたち。結婚・出産前は正社員として働いていたけど、出産後に「働く」となると、ブランクや時間の問題もあって、意外とハードルが高いもの。様々な悩みを抱えるママ6人に、これからの学びと働き方についてインタビューしました。

みなさんが仕事を辞めた理由は何ですか?

photo
Oさん 子ども1人(6歳)
建設会社で経理を担当していましたが、出産を機に退職しました。
それからは子育てに集中していたのですが、娘が幼稚園に上がったときに、幼稚園の延長保育を利用して職場復帰しました。フルタイムではなくパートタイムでの勤務でしたが、子育てとの両立で体調を崩し仕事を辞めざるを得ませんでした。
Aさん 子ども1人(12歳)
前職は保険会社で事務を担当していました。産休制度はありましたが、やっぱり体力的に、精神的にもだいぶ疲れてしまって…。初めての出産ということもあったし、無理して働く必要がないなら、とりあえず一回辞めておこうかなって。産休制度を利用している友人もいますが、子育てと仕事の両立で大変そうで、制度を利用して職場復帰するには意外とハードルが高いのが現状です。
photo
photo
Yさん 子ども2人(8歳/4歳)
私の勤めていた会社にも産休制度はありましたが、利用するのに少し気がひけて…。部署によってはしっかり定時で帰れる方もいますが、私の働いている部署では定時では帰りづらいという意識がありました。生活費や子どもの教育費を考えると、利用しておけばよかったという思いもありますが…。

産休制度はあっても、初めての出産・育児で不安の方が大きくて、退職してしまった方がほとんど。いざ出産するとなると、生活費や教育費などが必要になるため、利用しておけばよかったと後悔する方もいらっしゃるようです。

仕事したいと思っているワケ

photo
Kさん 子ども2人(2歳/5歳)
ずっと家にいて、外からの情報が入ってこない時間が長いほど、子どもと向き合う時間が増えるほど、自分が取り残されたような気がして…。育児でイライラしてしまう自分もイヤでした。出産前には「自分なら働けるだろう」という自信がありましたが、年齢を重ねるごとに、どんどんなくなっているように思ったからです。
Iさん 子ども1人(10歳)
10年前の出産を期に退職しましたが、ずっと家庭にいると、Kさんが言うように家の中しか見えなくなって、あまり外のことに関心が向かなくなっているのかもしれません。子どもも小学校4年生になって、これからの進学先について考えると、子どもが行きたいところに行かせてあげたいというのがあって。でも、仕事を辞めてから10年以上もブランクがあるので、大丈夫かなという不安もあります。
photo
photo
Fさん 子ども2人(4歳/9歳)
そうですね。私の場合は、小学校3年生と幼稚園の年中がいるのですが、まだ子どもが小さいため、お金の問題はそれほどありません。
でも、受験を考えると、私も働かないと家計が厳しいかな。小さいうちは、急に熱が出て幼稚園から呼び出されることもあって、フルタイムで働くのは難しいですね。下の子が小学校に入ったら、何かお仕事をやってみたいです。

子どもには好きなことを学んでほしいという思いがある一方で、どの家庭でも子どもの教育費は不安の種。今のうちから準備をしておきたいと考える方が多いようです。また、子育て中はずっと家にいることで、話し相手も少なく、孤独感を感じるという方もいらっしゃいました。

具体的には働くならどんな仕事をしたい?

photo
Kさん 子ども2人(2歳/5歳)
下の子が保育園に通っているので、今は比較的時間がありますが、就学すると時間がなくなるという話をママ友から聞きました。そう考えると、子どもと一緒に時間を過ごせる今を大切にしたいという思いもあって。だから、残業がなく定時で帰れる仕事がキホン。以前から資格には興味があるので、自分の自宅でも仕事ができるネイリストになりたいです。
Aさん 子ども1人(12歳)
仕事に就くなら、主婦の経験を活かした仕事をしてみたいです。 例えば、片づけや掃除、育児も結構好きなので、子どもと接する仕事もしてみたいです。前職の経験を活かして就職するよりも、今は好きなことや興味のあることを仕事にしたいかな。子育てと両立させながら仕事をしていくなら、時間の融通が利く仕事が前提だと考えています。
photo
photo
Oさん 子ども1人(6歳)
私も娘が小学校に入学したら、仕事復帰をしたいです。仕事をするには体が資本。私自身、子育てと仕事の両立で無理をして体調を崩した時期もあったので、リフレクソロジーや整体といった仕事をしてみたいという思いもあります。
Yさん 子ども2人(8歳/4歳)
家庭を優先するのは大前提ですが、やっぱり、社会の役に立てたり、人と触れ合ったりできる仕事をしたいという気持ちはありますね。例えば、子育て中のママを支援するボランティア。仕事内容はママの代わりに近所のお子さんを預かったり、保育園・幼稚園へ送迎したりするのが中心ですが、時間を気にすることなく働けるので、自分の仕事のリハビリにも役立っています。現在、地域で実施している講座を受講していますが、ゆくゆくはお仕事につなげたいですね。
photo

仕事をするなら、出産前にしていた仕事とは違う仕事に挑戦してみたいという方がほとんど。家事や育児の経験を活かした仕事、興味・関心のあることを学んで、仕事につなげていきたいという方もいらっしゃいました。

仕事をはじめるために勉強したい?

photo
Iさん 子ども1人(10歳)
これまでずっと接客の仕事をしていたのですが、面接に行っても、土日どちらか出勤しないといけなかったり、子どもが小さかったりすると不利になることもあるみたい。やっぱり家庭を優先しながら仕事をするには、スクールに通って何か新しいスキルや知識を身につけないといけないかもしれないと感じます。
Aさん 子ども1人(12歳)
うんうん。確かにスクールに行くのはいいかも。でも、せっかくお金をかけて学ぶなら、学校で学んだあとにしっかり就職につながる知識やスキルを身につけたいです。
photo
photo
Kさん 子ども2人(2歳/5歳)
以前、ヨガのインストラクター資格を取るために、スクールに通っていたことがありました。当時は子育てのことで悩んだり、不安だったりしていたので、新しいことを学んでいる毎日が充実していましたね。クラスでは、同じ目標を持つ友達や、尊敬できる先生とも出会いましたが、人間関係もランチで話す話題も変わりました。子どもと向き合っている時間でも、笑顔が増えたような気がします。学ぶことって、知識やスキルを身につけるだけじゃなくて、仲間や新しい自分と出会える「きっかけにもなるんだって気づくことができました。

興味・関心のあること、好きなことを仕事に変えるには、知識やスキル、新しいことをはじめる努力も必要。一人で勉強し続けることは大変だけど、何か新しいことをはじめることで、これまでになかった出会いや、これまでに気づかなかったことを発見できる、それも学びの効果なのかもしれません。

学ぶために必要なサポートは?

photo
Yさん 子ども2人(8歳/4歳)
性格的にスクールに通いたいと思っているのですが、子どもは急に熱を出したりするので、やっぱり決まった時間に通うのは大変。特に下の子はまだ目が離せないので、子どもを連れて通えると助かるかな。欠席したときに振り替えて受講できたり、通うのが難しくなったりしたときに、サポートしてくれるともっと安心です。
Oさん 子ども1人(6歳)
子育てしながらスクールに通うのは難しいので、学ぶなら通信講座。でも、通信講座だけだと実技が不安なので、実技が必要なときは先生にしっかり教えてもらえるなら安心です。フルタイムで働くのは難しいので、現在派遣会社に登録しています。学んだ経験や身につけた知識やスキルを活かして、少しでも自分の好きなことや興味のあるお仕事を、紹介してもらえるサポートがあるといいですね。
photo
photo
Fさん 子ども2人(4歳/9歳)
せっかく資格を取るなら、しっかりと仕事につなげたい。子育てしながらだと短期間で集中的に学習するのも難しいので、学ぶなら、受講サポート、就職サポートがあると安心です。

興味のあること、好きなことを学んだあとは、無理をしない範囲で仕事につなげたい。自分らしい働き方に活かしたい。それがママのホンネなのかもしれません。また、今のまま勉強するには様々なサポートが充実していることも条件のひとつのようですね。
ヒューマンアカデミーでは、安心して学べるサポートをご用意。

みなさんが仕事を選んだ理由は何ですか?

photo
Wさん(27歳)レンタカー会社/事務職
以前は派遣でパソコンの入力や、受付業務を担当していました。収入はよかったのですが、お客様や同僚とのコミュニケーションが少なく、物足りなかった…。
趣味の自動車に関わる仕事に就きたいと考えて、2年前に今のレンタカー会社に転職しました。前の職場と比べると、好きなことを仕事にできるのは、やりがいがありますね。ただ、アルバイトの子に仕事を教えることもあり、その教え方で悩むことも…。きつく言って“逆ギレ”されたら困るし(笑)。
Kさん(26歳)Web制作会社/デザイナー
デザインの専門学校卒業後、グラフィックデザインの制作会社を2社経験しました。1社目は残業時間が多く、家に帰れない日が続いて、体力面・精神的な面でだいぶ疲れてしまって…。2社目は自分の好きなジャンルに携われる制作会社に。今度はWebの制作会社に転職します。2社目は残業時間も少なく不満はなかったのですが、26歳の誕生日をきっかけに「転職しよう!」とふと思い立って(笑)。仕事をする上ではスキルアップできる環境かどうかを重要視しています。
photo
photo
Uさん(23歳)化粧品/販売職
前職ではアミューズメント施設で接客の仕事をしており、周りは男性ばかり。拘束時間も長く、連休も取れず「このまま長く働くのは無理かも」って思いました。今年中に結婚する予定なので、彼と相談して、できるだけ女性が長く働けるところで働きたいと考え、現在の化粧品関係の会社に転職しました。研修制度や福利厚生が充実していたのも選んだ理由のひとつ。どうせ長くやるなら昇進したいし、子どもが生まれても産休・育休も利用したいですから。

上下関係や仕事の大変さを本格的に体験する年齢でもある、ゆとり世代の彼女たち。いざ就職するとなると、理想と現実のギャップに直面して、退職してしまった方がほとんど。なかには、結婚や出産を視野に入れて、働き方や仕事への取り組み方を考える方も。

仕事をするならやりがいと収入。
   どっちを優先する?

photo
Uさん(23歳)化粧品/販売職
絶対「やりがい」!前職は、社員寮もあったし基本給もよかったのですが、反対に、その後なかなか給料が上がらないのがつらかったです。今の会社は、研修制度や昇進試験もあるし、業績に応じて給料が上がっていきます。
がんばった分だけ結果がついてくるというのは、本当にやりがいがあります。
手元に残るお金は以前よりも少なくなったけど、人事制度がしっかりしているので、ここなら長く働けると実感しています。
Aさん(26歳)ヨガスタジオ/インストラクター
私の場合は、好きなことをして生きていくという「ライフスタイル」を優先させたいです。ヨガのインストラクターをやっているのですが、仕事をすることで健康につながるし、キレイになれるし。結婚後も出産後も長く続けられそうな仕事です。現在は1人暮らしをしているので、もちろん生活できるだけの収入は必要ですが…。
photo
photo
Kさん(26歳)Web制作会社/デザイナー
やりがいも収入も大切にしたいです。前の2社は最後まで昇給することがなくて、ボーナスもなかった。どれだけがんばったら認めてもらえるのかわからないのってホントつらい! 今度の会社は人事制度もちゃんとしていて、ボーナスもあります。Webは未経験だったけど、転職して給料が下がるのは絶対にイヤだったので条件面談でしっかり伝えました。理想は、スキルアップした分の給料が上がることかな。

仕事をするなら、やりがいを大切にしたいという方はほとんど。でも、仕事の幅も広がってきてその分のお給料は欲しい!という切実な悩みも。今はお給料が少なくても、仕事を続けていけばちゃんと上がっていく昇給制度が整ったところで働きたいという想いは、世代を問わず共通なのかもしれません。

収入には満足してる?
   お金の使いみちは?

photo
Wさん(27歳)レンタカー会社/事務職
実家暮らしなので、家賃はかかりませんが、一番かかるのは車やバイクかな。
他には好きなアーティストのライブに行ったり、友達と旅行に行ったり。
あまったお金は全部貯金しています。
贅沢しているわけではありませんが、慎重派なので、将来のことを考えたり、急にお金が必要になった時のことを考えると、稼いだお金は全部使えないタイプです(笑)。
Kさん(26歳)Web制作会社/デザイナー
うらやましい!私の場合は家賃がネック。ちょっと無理してでも好きな場所に住みたかったので、今の給料だと自由に使えるお金が残らない…。
平日は仕事帰りにお酒を飲みに行ったり、休日は友達に誘われて
バーベキューをしたりと交際費が増えているのが最近の悩みの種です。
月3万円以内を目標にしていますが、時期によってはオーバーしてしまうことも。
photo
photo
Aさん (26歳)ヨガスタジオ/インストラクター
家賃や食費などの生活費を除くと、使えるお金は10万円くらい。一番多くを占めているのが化粧品代で3万円位かな。あとは、雑誌やマンガを買ったりとか。
本屋さんにわざわざ行かなくても、ネットで買ってその場で読めるので、ついつい買い過ぎちゃうことも多いです(笑)。
近い将来も大切ですが、5年後、10年後も大切。私の場合は、語学を学んだり、ゆくゆくは自分のお店を持ちたいので、今から貯金をしています。
自己投資以外のムダなものには、できるだけ使わないようにしています。

20代後半になると、結婚や出産といった将来のことを考え始める時期。
独身でも両親がいても、しっかりとプランを考えて貯金をしていく年齢になっています。堅実的にやりくりする一方で、本当に好きなこと、やりたいことにはガマンしないでお金を使う傾向があるのもゆとり世代の特徴。

キャリアウーマン?
   専業主婦?どっち?

photo
Uさん(23歳)化粧品/販売職
キャリアアップできるからといって、出産をガマンするというのは一番イヤ!
子どもができたら学費もかかるし、できるだけ働けるときに働いておきたいです。今の会社には産休や育休はもちろん、時短勤務制度もあるので、出産後はできるかぎり復帰したい。転職のときに彼と相談してパートでもいいかなと思ったけど、パートだと出産後に仕事に戻るのが大変と聞いていたので、正社員を選んでホントよかった…。
Kさん(26歳)Web制作会社/デザイナー
以前は仕事が中心だった友達も、いざ結婚・出産となると、同じようには働けないみたい。そんな話を聞くと、私もいずれ子どもができたときは、会社で働くのはあきらめて、フリーランスのデザイナーをやっていきたいです。ただ、フリーランスは収入が不安定なので、今のスキルじゃ難しいかな…。
photo
photo
Wさん(27歳)レンタカー会社/事務職
確かに、専業主婦のママでいい、という人はいないかも。今勤めている会社でも、福利厚生は充実していて、結婚後も仕事を続けている方がいますが、子育てと仕事の両立は大変そう。保育園に子どもを預けても、急に熱が出て保育園から呼び出されることもあるって…。そう考えると、仕事はできる限り続けたいけど、制度を利用して職場復帰するには意外とハードルが高いのかな。

仕事は続けたい。でも、子どもは欲しい。女性の場合、特に妊娠・出産といったライフステージの変化を機に仕事を辞めてしまう女性も少なくないなか、やりがいを感じられる仕事を長く続けるにはどうしたらいいのでしょうか。

やってみたいことは?
   勉強したいことは?

photo
Wさん(27歳)レンタカー会社/事務職
正直言うと、今の仕事をずっと続けていくつもりはあんまりありません。今後は自分で何かをやってみたいという気持ちがあります。例えば自宅でのネイルサロン開業。
ネイリストの友人がいるのですが、趣味と両立させながら働いているのを見るとやっぱりうらやましいですね。
仕事しなくちゃいけないというのはもちろんあるけど、やっぱりそれだけだとつまらない。
自分で開業した場合、生活できるのか収入面で不安があり、まだ行動には移せませんが、ゆくゆくは、自分の好きなことや興味のあることを仕事にしたいです。
Uさん(23歳)化粧品/販売職
実は短大時代に、医療事務・秘書資格取得のための勉強をしていました。
今回の転職で、ハローワークに行ったら、医療事務や秘書といった資格が応募条件になっている求人がありました。私自身、就職に直結する資格は持っていなかったので、ちゃんと勉強しておいた方がよかったと後悔しました。
また、彼の実家が不動産関連の事業を行っているため、簿記のスキルを身につけておけば、結婚しても手伝えるかもしれません。
photo
photo
Aさん(26歳)ヨガスタジオ/インストラクター
大学までは、テストの点を上げるために勉強をしていたのですが、最近は、学ぶことによってできる仕事が増えたり、お客様の役に立つことができたりと、その結果、仕事や生活が楽しくなったりと、学ぶことのメリットに気付くようになりました。
私の場合はヨガと出会えたことで、知識とスキル、資格を身につけただけではなく、やっと自分の進みたい道を見つけることができました。
これから始めるという感じでワクワクしています。

これから30代を迎えるゆとり世代の彼女たち。みんな自分の好きな仕事を続けたいという想いはあっても、結婚や出産を考えると、このままでは不安という気持ちが見受けられました。
だからといって、彼や会社に頼ってばかりはいられない。
だからこそ、今のうちから新しい知識やスキルを身につけることで、新しい目標を見つけたり、これまでできなかった仕事に挑戦したり。
それも学びの効果なのかもしれません。

同僚のココロの悩みに寄り添いたい。夢を追い続けられたのは講師と、娘のおかげでした。
				志田昌枝さん(40才 二児の母)
				受講講座  実践心理学 NLP講座
				ヒューマンアカデミーで学ぼうと思ったきっかけは、人事の仕事を担当していて、仕事や職場での人間関係に悩む人を事前にケアし、予防したいと思ったからです。
自分のがんばりを認めてくれる、娘がいたからこそがんばれました。
子育てをしながら、働きながら、スクールに通うことは大変でした。通勤時間を活用し、単語帳を作成したり移動時間を工夫し、取り組んでおりました。子育てに充分な時間をかけることができず、子どもに対して後ろめたい気持ちを持つこともあり、何度もくじけそうになりました。そんな私の心を察したのか、ある日家に帰ると、娘からの手紙がありました。「がんばって、お母さん」その言葉に励まされながら仕事と勉強に専念することができました。親が取り組んでいることをしっかりと受け止めてくれて、応援してくれていることを知ったとき、もっと頑張ろうと思えました。
先生から教わったことは、職場や家族との人間関係にそのまま使えると実感。
講座を修了後、一番大きく変わったのは、人間関係が上手くいくようになったこと。「自分は相手にどう見られているんだろう?」と周りの目を気にするタイプでしたが、まずは「相手を知ろう」というスタンスに変えたことで人間関係がうまくいくようになりました。子育ての中では、下の子が勉強とお友だち関係ですごく悩んでいる時がありました。ちょっと様子がおかしいな、と思った時に私から本人が話しやすいような言葉を発信してあげることで娘の悩みを聞くことができて、結果としてはその悩みを解消してあげることができたというようなことがありました。
山崎トレーナー
講座を受講前と受講後で志田さんにはどんな変化がありましたか?
受講される前は、いわゆる理想のキャリアウーマン、理想のお母さんであるなと感じました。ただ、理想であるがゆえにストレスを内側にためていた部分もあったのではないかなというのが一番最初の印象です。
受講される中で、自然な柔らかさが加わったと思います。もっと人から頼られることも増えたと思いますし、そこに対して何の負荷もなく、応えることができるようになったのではないかと思います。良い意味で、固定概念が外れた、あるいは心が開放されたという表現が正しいかもしれないですね。

この講座はこんな方にオススメ

仕事・家庭・子育ての人間関係を明るく前向きにしたい方、人間関係で悩んでいる方にオススメ。また、人の悩みをじっくり聞くなどして、相談者の役に立ちたいと考えている方にもオススメです。

志田さんが学んだ実践心理学NLP講座はこちら >>

専業主婦からネイリストへ転身。現サロンオーナー。5年前の私には想像できません。
				松本 愛さん(43才 二児の母)
				受講講座 ネイル講座
				15年間ずっと主婦。毎日が家事と子育てのくり返しで、「自分の好きなものを学びながら、資格も取りたい」という軽い気持ちから受講スタート。当時は、自分がネイリストになれるとは思ってもみませんでした。
40歳目前で未経験。それでも就職できたのは、資格があったから。
ネイルを学びはじめたのが38才ということもあり、当時は、自分がネイリストになれるとは思っていませんでした。受講中は、子どもが学校に行っている時間を使って通っていました。授業で足りない部分は、ヒューマンアカデミーが開催する無料のフリーレッスンを活用して練習したことで、「できないこと」「わからないこと」をその日のうちに解決できたのは嬉しかったです。受講してからは、学習するうちにどんどんはまって、ネイリスト技能検定1級を取得することができました。ただ、はじめての就職活動で不安があったのも事実です。履歴書を書いたことはありませんでしたが、「就職部」から、履歴書の書き方や採用されやすい自己PRまでを教えてもらうことができたおかげで、無事就職することができました。40歳を目前に、未経験でも就職できたのは資格があったから。不安でも、行動を起こすということが大切だと実感しています。
「ママ」よりも「ネイリスト」として。ネイルを学んで人生がガラッと変わった。
講座修了後、39才でネイルサロンデビューしました。社会人経験の無さなどから社会に出て働くことに不安もありましたが、「ネイリスト」として胸を張れるスキルをヒューマンアカデミーで身につけたことで安心でした。サロンでは、私の人生を変えるような体験をしました。ネイル未経験のお客様に施術をしたときのことです。はじめは手を出すのも恥ずかしそうな様子でしたが、仕上げが終わると指先を眺めながら「こんなステキな仕事があるのね」と最高の笑顔を見せてくれました。こんなにも人に喜ばれて、直接感謝されるネイリストの仕事に感動しました。「もっとたくさんの人に喜んでもらいたい」「一生の仕事としてやっていきたい」 と強く考えるようになり、自宅で友達や知人を対象におうちサロンをスタート。今は自宅近くの店舗を借りてネイルサロンをオープンすることができました。結婚して子どもが生まれると「〇〇君のママ」 のようになってしまい、一人の人間として評価してもらえたり、社会に認めてもらう機会は多くありません。それでも、お客様から感謝されることは、ネイリストとして生きていくうえで大きな自信になりました。私が今日までネイルを続けられた理由がもうひとつあります。それは、主人の理解があったことです。あんなに仕事に反対をしていた主人が、がんばる私の姿を見て「資格を取ったら仕事に活かさないともったいない」と理解し応援してくれるようになりました。素直にうれしかったです。ネイルを学んでよかった。心から思います。

この講座はこんな方にオススメ

一生モノのスキルを身につけたい方、先生や仲間との人脈を作りたい方、子育てをしながら自宅でサロンを開きたい方にオススメ。サロンに行かずにネイルアートを気軽に楽しみたい方にも最適です。

松本さんが学んだネイル講座はこちら >>

大学在学中に進路変更。
				Wスクールをしながら憧れのブライダルプランナーを目指して。
				西迫愛理さん(00才 ハウスウエディング企業)
				受講講座 ウエディングプランナープロフェッショナルコース講座
				大学に入学した頃は、ブライダルとはまったく違う業界を目指していたのですが、たまたま参列した親戚の結婚式、号泣するくらいに感動しました。ここまで感動を提供できる、ブライダルプランナーという職業に憧れました。
親戚の結婚式で実感。感動をプロデュースできるブライダルプランナーに憧れて。
大学に入学した頃は、ブライダルとはまったく違う業界を目指していたのですが、たまたま参列した親戚の結婚式で、号泣するくらいに感動しました。ここまで感動を提供できる職業、ブライダルプランナーに憧れました。ヒューマンアカデミーを選んだのは、大学に通いながらでも学ぶことができ、また資格取得にも強く、何より受講前に親身に相談に乗ってくれた業界経験の豊富な講師に憧れて、学びたいと考えました。初めて学ぶことも多く、専門用語などは覚えるのに苦労しましたが、婚礼の流れや、プランナーの仕事内容を学べたことで、実務に携わるようになった今、日々の仕事で役に立っています。
ヒューマンアカデミーの講師のようなお客様から使命される
ブライダルプランナーを目指して。
今は「コンシェルジュ」という、受付や案内など式場全体に関わる仕事をしています。忙しい日も多く、体力的につらい部分もありますが、それ以上に直接感謝の言葉をいただくことも多く、感動をプロデュースできるというやりがいを実感しています。今後の目標は、ヒューマンアカデミーの講師のようなブライダルプランナーになること。そして、お客様に「あなたに結婚式をお願いしたい」と言っていただくことです。まずは現在の仕事をきちんとこなし、自分でも納得できるだけの実力をつけていきたいです。

この講座はこんな方にオススメ

現役のブライダルプランナーから学びたい方、一生モノのスキルを身につけたい方にオススメ。また、振替制度を利用して、学校とのダブルスクールをしながらブライダルプランナーとして就職したい方にも最適です。

西迫さんが学んだブライダル講座はこちら >> >>

新しい自分に出会える豊富な講座ラインナップ

通信講座

ネイル・ペット・デコ・医療事務・心理カウンセラーなど、150講座以上の通信講座を展開。専用のコミュニティサイトを運営し、受講生・修了生同士の交流やスタッフとの交流も行っています。

人の役に立つ仕事がしたい!

  • 心理・カウンセラー
  • 医療・調剤
  • 保育士
  • 介護

子供・家族のためにもなる仕事がしたい!

  • 食育
  • リンパドレナージュ

手に職になる仕事がしたい!

  • デコ・アクセサリー
  • ペット
  • ネイル・ジェルネイル
  • ビジネス
まだまだある!講座一覧はこちら

通学講座

一人ひとりの思いや目標を叶えるために、仕事に活かせる実用資格からスキルが身につく講座をご用意しています。全国30校舎で開講しており、資格取得・就職・転職を支援するためのサポートが充実しています。

人の役に立つ仕事がしたい!

  • 医療事務
  • 心理・カウンセラー
  • 産後ケア
  • 日本語教師

子供・家族のためにもなる仕事がしたい!

  • 薬膳
  • チャイルドマインダー

手に職になる仕事がしたい!

  • ブライダル
  • ネイル
  • ボディジュエリー
  • WEB
まだまだある!講座一覧はこちら

がんばるママを応援したい!ヒューマンアカデミー安心のサポート

はじめて学ぶ人にも、新しいことをはじめる楽しさを知ってほしい、目標に向かって続けるやりがいを知ってほしい。ヒューマンアカデミーは、学びやすく、続けやすいサポートで、ママの学びを応援します。

通学のうれしいサポート制度

  • イキイキママ割 受講料5%OFF
    18歳以下のお子様がいるママ対象の割引制度です。
    ※入学金・教育費を除いた受講料が対象です。
  • 休学制度
    出産、育児などの理由で通えなくなってしまった場合、休学が可能です。
  • 振替制度
    受けられなかった授業を振替えることが可能です。
  • 転校制度
    転勤や引っ越しで通えなくなった場合、近くの校舎へ転校が可能です。
  • 託児所
    子供を校舎内託児所に預けて学べます。

通信のうれしいサポート制度

  • 質問は無制限!
    分からない時は、何度でも質問できます。
  • 無料延長制度
    受講サポート期間の延長は無料!
  • 資格検定しっかり対策
    1回のお申込みで2回受験に挑戦が可能、合格サポート制度、合格保証制度などをご用意しています。
  • 継続割引制度
    講座を修了した後、さらにレベルアップを目指したい方は次回の受講料が10%OFF となります。

通学・通信のうれしいサポート制度

  • 子供同伴OK!無料ガイダンス
    子供を連れて無料カウンセリングを受けることができます。
  • 講座修了後修了書発行
    講座修了後にはヒューマンアカデミーからの修了証書を発行。講座により教育提携している協会からの修了証書・資格認定証も発行されるので学んだスキルを証明する存在になります。
  • ご紹介制度
    お友達やご家族をご紹介いただいた場合にお得な割引制度をご用意しています。
  • 就職・転職・開業サポート
    専任カウンセラーが履歴書の書き方から面接対策や独立・ホームサロン開業まできめ細かくサポートします。
  • 受講生限定特別セミナー
    気になる講座のセミナーを無料で受けることができます。
  • ※講座や校舎によって一部異なる場合がございます。詳しくは最寄りの校舎へお問い合わせください。