ICD認証パーソナルスタイリスト養成コース Q&A 一番似合う色を知ってトータルコーディネート!パーソナルカラーって?パーソナルスタイリストって?

3つのコースでステップアップ!初心者でもプロになれる!

  • Level.1 入門編!
自分に似合う色を知ってみよう!
パーソナルカラーレッスン
  • Level.2 実践編!自分で診断できる実践力を身につける!カラーアナリスト
  • Level.3 独立開業編!トータルコーディネートを身につける!パーソナルスタイリスト

パーソナルカラーとは?

人にはそれぞれ持って生まれた肌・目・髪の色があります。この3つのバランスは、その人だけが持つオリジナルの個性です。この3つのバランスに調和する色をパーソナルカラーといいます。
お肌、髪の毛、瞳、頬、唇の色などから、その人の魅力を一番引き出す似合う色の事をパーソナルカラーと言います。

パーソナルカラーはフォーシーズンカラーと呼ばれる4つの四季の名前をとった「Spring(スプリング)」「Summer(サマー)」「Autumn(オータム)」「Winter(ウィンター)」に分類されます。


パーソナルカラー診断とは?

ドレープ(色布)を首もとに置き、肌・瞳・髪の毛の色などとトータルバランスでみることで似合う色がフォーシーズンのどのグループにあてはまるかを診断します。

お肌の色がイエローベースの方はSpringもしくはAutumnブルーベースの方はWinterもしくはSummerに分類されます。

どのグループにあてはまるかが分かったら次にそのグループの中に属した色の中から一番似合う色、ベストカラーを診断します。


カラーアナリストとは?

パーソナルカラー診断などでその人に最も最適な色を診断したり、指導する人の事をカラーアナリストと呼びます。

その人が持っているお肌・瞳・髪の毛の色などは十人十色で様々なケースがあります。その中からより正確なパーソナルカラーを診断するには、色の基礎知識、そして経験が必要になります。


パーソナルカラーとは?

パーソナルカラー診断はもちろん、ファッションコーディネートの知識なども兼ね備えたトータルコーディネートができる人をパーソナルスタイリストと呼びます。
パーソナルカラーの知識はもちろん、色彩学やファッション、メイクアップ、ビジネススタイリング、冠婚葬祭のマナーなど様々な知識が必要になります。
お仕事としては、お客様のパーソナルカラー診断はもちろんの事、その方に似あうトータルコーディネートのアドバイスや、ご要望によってはシッピング同行と言ってお客様と一緒に買い物に同行して似あう洋服選びをサポートする事もあります。


特典

Q.なぜ、パーソナルカラーを知るといいの?

Answer

服装やお化粧を選ぶとき、あなたをより引き立たせる色を選ぶことができるようになります。さらに、自分に似合う色を身につけると肌の透明感が増し、顔全体が明るく見え、若々しく、顔立ちがすっきり見えたり、瞳がキレイに見えたりして輝きが増しますので、より魅力的にみせるために役立ちます。


Q.カラーアナリストとパーソナルスタイリストの違いって?

Answer

カラーアナリストは、パーソナルカラー診断ができる人、パーソナルスタイリストは パーソナルカラーを活かしたトータルコーディネートまで行える人を言います。



  • パーソナルカラーレッスン開講校舎はこちら
  • 無料体験セミナーはこちら

  • Q&A パーソナルカラー・パーソナルスタイリストとは?
  • 3つのコースでステップアップ!パーソナルスタイリスト養成コースとは?
  • いろいろ検討したい 資料請求
  • 体験してみたい 無料体験セミナー

ICD国際カラーデザイン協会とは?

国際カラーデザイン協会(略称:ICD)は、カラーに関わる人々の能力の開発および社会的地位向上やカラーに関わる人々の雇用機会を拡充するための支援などを目的として設立され、カラーデザイン検定やパーソナルスタイリストを養成するための認証制度などを実施しています。