2011/3/02 Release

アノヒトに聞きました

平岡さなえ(ひらおか・さなえ)
広島県出身。2006年1月「整理収納アドバイザー1級・認定講師」の資格を取得。同年6月収納アドバイザーとしてSanae's reDesign株式会社設立。セミナー、講座を各地で開催、各家庭に出向く「収納サービス」を実践。2007年9月社名をSanae's Design株式会社に変更、空間プロデュースなどにも仕事の幅を広げる。
Sanae's Design公式ホームページ
日本収納プランナー協会ホームページ


「困っている人がこんなにいるのなら、
片付けって仕事になるんじゃないかな?、と思って。」


人が暮らす器に問題があると感じたのですか?

「器に問題あり、と言うよりも、
暮らす人のライフスタイルに
家の間取りがまったく合っていないんです。」


平岡知大さん

収納プランナーとして、「片付け」の視点から
暮らしの改善や住まいのプランづくりに関する提案を行う
収納プランナーの第一人者、平岡さなえさん。
一般社団法人 日本収納プランナー協会の理事長も務め、
同じ志を持つ仲間たちとともに
「女性が笑う家」を日本中に増やしていこうとしています。
新しい道を進み続ける女性のパワーを感じてください。


編集部 実はと言うか、やっぱりと言うか、
私も片付けは苦手です。
ものが多くても捨てられなくて。
今日早速、平岡さんに相談したいくらいです。
平岡 (笑)。よろしくお願いします。
編集部 そもそも「収納を仕事にする」という発想は、
どのようにして出てきたのでしょうか。
平岡 片付けはもともと好きでした。
私は主婦業が長かったのですが、
なんとか収納しようと工夫しながら、
忙しく片付けをする日々を送っていました。

あるときお友だちの引越しを手伝ったのですが、
私が片付けをしているとすごく喜ばれるんです。
「すごい! 匠みたい」とおだてられたりして。
「みんなが喜んでくれるし、
なにより困っている人がこんなにいるのなら、
片付けって仕事になるんじゃないかな?」、
そう思ったのがきっかけでした。
編集部 片付けマーケットの潜在ニーズを掘り当てたわけですね。
平岡 そこでパソコンに向かって
「整理 収納 資格」と検索したら、
ヒットしたのが「整理収納アドバイザー」という資格でした。
「自己流でやるよりも人の意見も聞いてみよう」と思い立って、
地元の広島から東京まで、わざわざ出かけて講座を受けました。
編集部 すごい行動力!
平岡 2級の講座を受けたらとっても楽しかったので、
1級も受けて資格を取得しました。
そのころ私はインテリアコーディネーターと、
CADオペレーターのスクールに通っていました。
主婦から転身して、自分が一番好きだった
インテリアの世界に就職しようと考えていたんです。
そんなとき一番はじめに取得できたのが、
整理収納アドバイザーの資格でしたが、
正直、「これは仕事にはならないだろうな」とも感じていました。

ところが西日本で1人ということもあったのでしょう、
話題の資格を取得した人として
地元のメディアが私を取り上げてくれました。
編集部 ええっ!? いきなりですか。
平岡 ローカルのバラエティ番組で、
私をメインに1時間番組を制作してくれたんです。
おかげさまでとても反響がよく、
今度は夕方の情報番組で
整理収納コーナーの枠を取っていただいて。
メディアに出るようになってから、
「こんな人がいるんだ」ということで
いろいろとお仕事をいただけるようになったんです。
編集部 まさにサクセスストーリーですね。
平岡 インテリアとCADの勉強をしていたことが大きかったですね。
そこから収納プランナーとしての仕事を始めて、
いろいろな家を訪問させていただくようになったのですが、
まず、日本の家の「間取りの悪さ」に愕然としました。
編集部 そもそもの器に問題があると感じたのですね。
平岡 器に問題あり、と言うよりも、
暮らす人のライフスタイルに
家の間取りがまったく合っていないんです。
私が「収納」から仕事に入っていったとしても、
そこには限界があります。
ですから家をつくる人たちにも
収納のことをわかってもらう必要があると、
そう強く思うようになっていったんです。
平岡さん
編集部 収納のことも考えて、
家を設計してほしいということですね。
平岡 収納の重要性をわかってもらおうと説明するのですが、
「収納スペースはつくるけど、
それをどう使うかは住む人が考えること」
という常識が根強くあって。
編集部 ああ、そうなると話がまったく噛み合わないでしょうね。
平岡 「住みやすい」「暮らしやすい」をベースにした家づくりが
一番の願いだったので、とても悲しくなりました。
家を建てるお客さまは、
暮らし全部を家のプロに相談したいのだけれど、
その部分は提案してもらえない。
家づくりの中で「収納」が浮いてしまっているんです。
30年以上前に実施された生活需要実態調査でも、
家を購入した後の一番不満は「収納スペース」です。
そして今でも「収納スペース」が不満のトップです。

収納が大きな問題であることはみなさんわかっているんです。
その不満解消がビジネスの差別化にもつながる、
そう考える企業もいっぱいあります。
ただ、その打ち出し方がわからない。
「収納ってこうなんだよ」と言っても、
結局のところデータでしかないんですね。
編集部 データでしかないと言うのは‥‥?
平岡 何パーセントの収納があると満足、
何パーセントの収納だと不満足。
編集部 ああ、なるほど。
平岡 「現状はそうじゃないのよ!」ということを、
みんなに知ってもらいたいと思います。
大きな話をすると、
私には「日本の住宅を変えたい」という気持ちがあります。
コンセプトは「女性が笑う家」。
ただ、そんな家づくりをしたいと思っていても、
一人では発信力もありませんし、
困っている人からのご相談も限られた人数しか対応できません。

だったら私と同じような志を持つ人を集めて、
仲間をたくさん増やしていこう!
それで日本収納プランナー協会を立ち上げ、
人・モノ・住まいの心地よい関係を演出する新キャリア
「住空間収納プランナー認定試験」をつくったのです。

なんと言っても役に立ったのは、現場経験ですね。
「収納を必要としている家とは、こういうものです」
という情報がすべて入ったカリキュラムを通じて、
収納プランナーの仕事の幅を広げていけると考えています。
平岡さん
編集部 素人の方に、片付けの方法をアドバイスするとして、
いくつかポイントを挙げてもらえますか。
平岡 まず、自分の家を客観的に把握すること。
「片づけなくちゃ」と思うより先に、
自分の家の中に何があるのか、一度全部目にしてください。
「こんなものがあったわ、これってもういらないわ」
というものが必ず出てきます。
編集部 なんだか怖いですね。パンドラの箱みたい(笑)。
平岡 2番目のポイント。
片付いていない家には、1つのアイテムが点在しているんですね。
トイレットペーパーを100ロール持っていらしたお宅がありました。
100ロールが1ヵ所にあれば「こんなにある」と気づくのですが、
廊下の物入れにあって、トイレにあって、押入れにあって‥‥。
それで「うちは収納場所が少なくって」と嘆いていたんです(笑)。
編集部 (笑)。
平岡 とにかく1つのアイテムを1ヵ所に集めてみましょう。
3番目が「その部屋でなにをするか」をリストアップすること。
自分たちのライフスタイルを見直してほしいんです。
リビングで家族のみんながなにをするのか。
それぞれみんな、その場所ですることは違います。

なにかをした後に、
ものを出しっぱなしにするのは「面倒くさいから」です。
「面倒くさい」を取り除くためには、
それをする場所の近くに使うものを置く。それが基本です。
編集部 住空間収納プランナーの主な仕事内容に、
「収納セラピー」というものがありますね。
ヒアリングによって、
片付けられない原因を心理学から分析‥‥とありますが?
平岡 片付けって、実は「心の問題」だったりするんですよ。
編集部 えっ、そうなんですか?
そこのところをぜひ聞かせてください。

学んできたインテリアとCADの知識を活かし、
整理収納の資格と上手に組み合わせることで、
新しい仕事を広げていった平岡さん。
後編は、「片付け」と「心の問題」の関係に迫ります。


                                  つづく


バックナンバー
Vo.30 ネイリスト 小笠原弥生さん(後編) 2012/3/21
Vo.29 ネイリスト 小笠原弥生さん(前編) 2012/3/07
Vo.28 現代アーティスト ミレイヒロキさん(後編) 2012/1/04
Vo.27 現代アーティスト ミレイヒロキさん(前編) 2012/1/04
Vo.26 フラワーコーディネーター片山結花さん(後編) 2011/12/16
Vo.25 フラワーコーディネーター片山結花さん(前編) 2011/12/5
Vo.24 リクルート『ケイコとマナブ』編集長 根岸菜穂子さん(後編) 2011/9/7
Vo.23 リクルート『ケイコとマナブ』編集長 根岸菜穂子さん(前編) 2011/8/22
Vo.22 掲載終了 2011/7/25
Vo.21 掲載終了 2011/7/11
Vo.20 雑誌「花時間」編集長 小川純子さん(後編) 2011/6/20
Vo.19 雑誌「花時間」編集長 小川純子さん(前編) 2011/6/20
Vo.18 アートディレクター浅葉克己さん(後編) 2011/4/20
Vo.17 アートディレクター浅葉克己さん(前編) 2011/4/06
Vo.16 収納プランナー 平岡さなえさん(後編) 2011/3/16
Vo.15 収納プランナー 平岡さなえさん(前編) 2011/3/02
Vo.14 NLP(TM)協会認定トレーナー 高橋知大さん(後編) 2011/2/16
Vo.13 NLP(TM)協会認定トレーナー 高橋知大さん(前編) 2011/2/02
Vo.12 女性誌「GLOW」編集長 大平洋子さん(後編) 2011/1/19
Vo.11 女性誌「GLOW」編集長 大平洋子さん(前編) 2011/1/5
Vo.10 キレイになる料理研究家 中 美恵さん(後編) 2010/12/15
Vo.9 キレイになる料理研究家 中 美恵さん(前編) 2010/12/01
Vo.8 bjリーグ コミッショナー代表取締役 河内 敏光さん(後編) 2010/11/17
Vo.7 bjリーグ コミッショナー代表取締役 河内 敏光さん(前編) 2010/11/2
Vo.6 ロックバンド HIGE(後編) 2010/10/20
Vo.5 ロックバンド HiGE(前編) 2010/10/6
Vo.4 ウルトラテクノロジスト集団「TEAM★LAB」猪子寿之さん(後編) 2010/9/14
Vo.3 ウルトラテクノロジスト集団「TEAM★LAB」猪子寿之さん(前編) 2010/9/01
Vo.2 フラワーアーティスト MASSA NAKAGAWAさん(後編) 2010/8/23
Vo.1 フラワーアーティスト MASSA NAKAGAWAさん(前編) 2010/7/28
インテリア・収納プランナー講座はこちら