アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

  • 0120-15-4149
  • 平日も土日も!!21:30まで受付ております
  • 資料請求はこちら >
  • 個別ガイダンスはこちら >
  • 資料請求はこちら >
  • 個別ガイダンスはこちら >

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座は
こんな方におすすめ!

アンガーマネジメントファシリテーター
養成講座はこんな方におすすめ!

怒りの感情には気がつくけど、その怒りの原因ってなんだろう…

怒りの感情には気がつくけど、
その怒りの原因ってなんだろう…

アンガーマネジメントを身につけることで、
自分自身の怒りをコントロールしたり、癒やしたり、
ポジティブなものへ変換させることができ、良い循環が生まれます

  • 資料請求はこちら >
  • 個別ガイダンスはこちら >
  • 資料請求はこちら >
  • 個別ガイダンスはこちら >

そもそもアンガーマネジメントって何?

そもそもアンガーマネジメントって何?

1970年代にアメリカで始まった怒りの感情をマネジメントする感情理解教育です

1970年代にアメリカで始まった
怒りの感情をマネジメントする感情理解教育です

アメリカではビジネスパーソン、政治家、弁護士、医師、スポーツ選手、俳優などが、よりよい生活や仕事・人間関係を手に入れる為に技術を習得し、「アンガーマネジメント」をしています。 日本人は怒りの感情をネガティブに捉えてしまったり、溜め込んでしまう性質があります。日本アンガーマネジメント協会認定の本講座ではアメリカで生まれたアンガーマネジメントを日本人の性質にフィットした形で学ぶことができます。国際化が進む中で正しく怒りを表現することを学んでいきましょう。

  • 資料請求はこちら >
  • 個別ガイダンスはこちら >
  • 資料請求はこちら >
  • 個別ガイダンスはこちら >

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座を受講すると

アンガーマネジメントファシリテーター
養成講座を受講すると

アンガーマネジメントのプロフェッショナルになるための講座という位置づけで、理論、技術、ファシリテーションを2日間で集中的にマスターします。認定後は「日本アンガーマネジメント協会認定 アンガーマネジメントファシリテーター™」資格が取得できます。

2日間でスキルと資格を取得するカリキュラムの内容

2日間でスキルと資格を取得するカリキュラムの内容

校舎 開講日
1日目 2日目
名古屋駅前 2017/6/2(金) 2017/6/9(金)
岡山 2017/9/17(日) 2017/9/18(月・祝)
新宿 2017/9/23(土・祝) 2017/9/24(日)
京都 2017/9/23(土・祝) 2017/9/24(日)
大阪梅田 2017/10/8(日) 2017/10/9(月・祝)

修了生の声

「介護で起こった怒りの感情をアンガーマネジメントで回避」60代女性

「介護で起こった怒りの感情をアンガーマネジメントで回避」
60代女性

父の介護ではなかった怒りの感情が母の介護で起こりました。
この感情に振り回され私も母も疲れきってしまいました。
この「怒り」の感情は何故?これが学ぶきっかけでした。

アンガーマネジメントの本の中で「怒っていいんです」の文字が目に留まり、この文字を目にしなければ学ぶことはなかったと思います。

「怒り」のメカニズムを知ることで、「怒り」に「怒り」の火を注ぐことを回避することができました。「怒り」の表現方法を学んだことで「怒り」の感情が理解でき、同時に「怒られ方」も習得できました。修了後は少し大人になりました。 母の介護では「距離感」を大切にすることができ、心が平和に保てるようになりました。

「学生や会社では必要とされると感じました」50代女性

アンガーマネジメントは怒りにフォーカスした教育でした。

NLPやTA(交流分析)、アンガーマネジメント全てから分析すると怒りは、悲しみ悔やみなどの負のループをしていくことが理解できます。今まで、怒りだけをフォーカスしたものはなく、怒り専門にした教育はありません。

これから学生や会社では必要とされると感じます。その点では素晴らしい部分があると感じます。単純に怒りをどうにかしたいという方には、ヒットします。

\学校見学受付中/

  • 資料請求はこちら >
  • 個別ガイダンスはこちら >
  • 資料請求はこちら >
  • 個別ガイダンスはこちら >

アンガーマネジメントファシリテーター™資格取得後の活躍の場

アンガーマネジメントファシリテーター™
資格取得後の活躍の場

コーチ、カウンセラー、コンサルタントなど
  • 自身のメニューと「アンガーマネジメント」を組み合わせて新しいコンテンツとして活用できます。
人事コンサルタント、社会保険労務士
  • アンガーマネジメントのプロになることで、◯◯ハラスメントなど、感情面での指導が可能になり、法律面、感情面の両方からアプローチすることができます。
看護師、医師、介護職、医療スタッフなど
  • 医療の現場は常にストレスを抱えやすく怒りをぶつけられやすいもの。怒りの専門家として組織内で怒りを上手に緩和しサービスレベルの向上、院内の組織風土の改善、院内・院外、インストラクターとしての活躍が期待できます。
経営者、管理職、教育担当、社内ファシリテーター
  • 部下、組織の感情をコントロールできるようになることで、組織の生産性を大きく上げることができ、管理者研修、新人教育、チームビルディング、組織風土改善などに活かすことができます。
教師、保育士
  • 親御さんへの感情理解教育・対処に、非常に有効なツールです。
    ※お子さんへのアンガーマネジメントを伝えるためには、別途アンガーマネジメントキッズインストラクター™資格取得が必要です。
地域ボランティア
  • 親子関係の改善、近所づきあいの促進、地域コミュニティの活性化などを通じて、地域の発展に貢献することができます。
  • 資料請求はこちら >
  • 個別ガイダンスはこちら >
  • 資料請求はこちら >
  • 個別ガイダンスはこちら >

ページトップへ