横浜 校より講師ご案内  日本語教師養成総合講座 稲美 和言 講師

ヒューマンアカデミー横浜校
0120-13-4149

日本語教師養成総合講座 講師紹介

日本語教師養成総合講座  講師

稲美 和言 (いなみ わこと)
 


特に心がけているのは、「教師が知識を教えるのではなく、学習者が自ら発見する喜び…

趣味・特技

テニス

好きな言葉

なんとかなる 感謝

経歴/保有資格

最終学歴はオーストラリアの大学の応用言語学修士です。
資格は、日本語教育能力試験、英検1級、恥ずかしながらタイ語3級です。

講師の経緯

海外滞在中に日本人だというだけで日本語を教える機会があったものの、うまく教えられず、悔しいのと同時に、日本語を教えることの奥深さを感じたためです。

講座のポイント

単に日本語を教える技術を伝えるだけではなく、学習者の力を引き出す教師になるための講義を目指しています。
学習者が生活やコミュニケーションの中で日本語を学び取る力、つまり教師に頼らずあらゆる場面で自ら学んでいく力と学習者同士の協力の中で日本語力を高めていく力を養成する教師像が、私の講義が目指す教師の姿です。
単なる知識の伝達者ではなく、学習支援者として、大学などの高等教育機関からボランティア教室まで対応できる教師になってほしいという思いをもって、講義をしています。

講義での心がけ

教壇に立つ時には、自分の教わった経験を基にそのときの先生をモデルとして教えてしまうこともあります。
それは、他の方法をイメージしにくいからです。
講義の際は、できるだけ多くのスタイルを取り入れ、受講生に、学習者としての経験を増やしてもらい、それが教えるときのヒントになるように心がけています。
特に心がけているのは、「教師が知識を教えるのではなく、学習者が自ら発見する喜びの中で成長していく」ということです。

講座取得の意義

日本語能力検定試験合格までに学んだ知識は、実際の教育現場での活動を支える基礎体力になるでしょう。

今後の業界の展望や学んだことをどう活かせばよいかなどのアドバイス

留学生30万人計画やEPAによる看護師、介護士受け入れなど、今後も国内で日本語を指導するチャンスは多くあります。
「教えるのではなく、共に学ぶ」という視点を忘れずに、学習者の語学能力、境遇に関係なく、「日本語を学ぶ楽しさ」を学習者に感じてもらえる教師を目指して下さい。

皆様へアドバイスメッセージ

日本人なら、誰でも日本語が教えられるわけではありません。特に教授法の授業では、教師から学生への知識の一方通行の移動ではなく、相互交流の中でいかに学習者を成長させていくかを考えていきます。それは、語学教育のみならず、人生の色々な場面で役に立つことでしょう。是非共に学びましょう。教室でお目にかかれるのを楽しみにしてみます。