現在表示しているページの位置

チャイルドマインダー横浜特集

その1横浜市の今後の保育環境の展望について

待機児童数が劇的に減少!

横浜市の平成28年4月1日現在の保育所待機児童数は、認可保育所や小規模保育事業等の多様な保育施設の整備・拡充や、きめ細かい相談支援サービスなどに取り組んだ結果、7人となりました。
保育所等利用申請者数は過去最大の 61,873 人となり、自治体は今後も待機児童数ゼロを目指し、保育ニーズの高い地域を重点に、既存の資源を最大限活用するとともに、必要な施設・事業を整備するなど、地域の状況に応じた対策を進めていく予定です。

参照元) 横浜市 こども青年局緊急保育対策課:「待機児童数の推移について」

横浜市の様々なニーズに対する対応

保育所への駐車場の整備

車の利用が多い横浜市では、駐車スペースさえあれば車で送迎をしたいという方も多くいらっしゃいます。
交通の便が良くなかったために選ばれなかった保育所も、今後選択対象となり、空定員の解消が期待されています。

NPO法人などの活用による家庭的保育の拡充

待機児童の約9割を占める低年齢児(0〜2歳児)を対象とする家庭的保育を充実させ、待機児童の解消をはかっています。

事業所内保育施設の設置

勤務先に保育施設があれば、そちらへ入所させたいという方も多く、保育所への入所をする必要がなくなります。
事業者への助成金を拡大するなどの 対策を行っています。

チャイルドマインダーが活躍する横浜市

横浜市では「NPO法人等を活用した家庭的保育事業」が行われ、チャイルドマインダーの有資格者の方が事業の一環として保育施設を運営しています。
様々な自治体の中でも特に、チャイルドマインダーへの意識が高い地域と言えます。引き続きの課題である待機児童、その9割は1〜3歳の低年齢児が占めています。
低年齢児の受け入れ先の確保が今後の課題と言えるでしょう。

  • ・低年齢児を受け入れる
  • ・長時間の保育を行う
  • ・利用者の自宅への訪問を行う

など、柔軟な保育サービスを行うことができるチャイルドマインダーは、横浜市においてこれからさらに必要とされてくるに違いありません。

その2チャイルドマインダー活動状況(横浜市近隣)-きっとあなたも活躍出来る。横浜市のチャイルドマインダー活動事例-

夜間保育所NPO法人‘あっとほーむ’

女性が働き続けるためには何が必要かという観点から「お迎えつきの夜間保育」を行っている保育所です。チャイルドマインダー資格者の方が始め、今では横浜市の認可を得て学童保育も行っており、小学校6年生までを対象として受け入れを行っているのが特徴的。小さいころから通っているお子さんが小学生となってもここの学童に来たい!という希望が寄せられている人気の施設です。
■夜間保育所NPO法人あっとほーむ:
http://www.npoathome.com/

きっずコム

保育ルームやベビーシッターの派遣サービスを行っています。「ふじさわ すくのびカード」を持っている子育て中の方には、トイレのご利用から子育て相談、保育ルーム体験(1時間無料券)やベビーシッティング1,000円割引券のプレゼントなど、きめ細やかなサービスを提供しています。
チャイルドマインダー資格者が在籍しており、お子さんやご家族に対するきめ細やかなサービスが人気のようです。
■きっずコム:http://kidscom.jp/

その3横浜市の行政制度情報-頑張るあなたを応援してくれる制度情報をケースに合わせてご紹介します-

社会保険などのお手続き

離職して勉強に集中するあなたへ 生活の「まさか」に備える行政サービス
★「会社を辞めたら、病気の時の医療費って大変?」
会社の健康保険を辞めても、「国の健康保険」があるから安心です。

職場が変われば健康保険も変わりますが、忘れがちなのが新しい健康保険への加入手続きです。
離職中は国の健康保険に加入できるので、前の健康保険をやめた日から14日以内に、区役所の保険係で手続きを済ませましょう。
持ち物は資格喪失証明書、本人確認書類、印鑑。
病気やケガのとき助けになるから、勉強に集中できる安心につながります。
【お問合せ】 各区役所の保険係

★「あれ?この年金未納分、いつのだろう?」
年金の切り替えも必要。後で困らないよう、「国民年金」の手続きを忘れずに。

健康保険と同じように、離職をしたら年金も切り替わります。国民年金の手続きの期限は、離職の日から14日以内。年金手帳と離職日のわかる書類(離職証明書や離職票など)を持って、区役所の国民年金係を訪ねてください。
自分の生活の保障に関する手続きはしっかりと!心配ごとは少ない方が、きっと勉強にも集中できるはずですよ。
【お問合せ】 各区役所の国民年金係

子育て支援

子育て中のあなたへ勉強に集中 できる時間を作るための行政サービス
★ 「2時間だけでいいから勉強したい!」
ちょっと預ってほしいとき、「一時保育」があります。

保護者の方のお仕事や通学・勉強の時はもちろん、保護者のケガや病気などの時にも利用できるのが、市内保育園の「一時保育」。
横浜市民でなくても利用可能で、料金の目安は3歳未満1時間2400円、3歳以上1時間1300円程度。受入年齢や、利用料金は各保育園によってさまざま。夜8時以降も預かってくれる園もあるから、忙しい日も勉強をあきらめなくていいんです。
【お問合せ】 市内の一時保育実施保育所に直接お申込み

★ 「預けるなら、自宅の近くがいいな…」
「横浜子育てサポートシステム」が、預けたい人と預かれる人を結びます。

「横浜子育てサポートシステム」は、「預けたい」会員の方と、「預かりたい」会員の方のネットワーク事業。原則として「預かりたい」会員の自宅で預かってもらえるので、保育園が近くになくてもご近所の会員さんにお願いできます。
病院へ行きたい、講座に参加したい、など、保護者の方のご都合に合わせて利用できて、保育園、幼稚園などへの送迎も頼めます。ちょっとしたことでもお願いできるのは助かりますね。
【お問合せ】 横浜子育てサポートシステム事務局(電話 : 045-201-2062)

独立支援

独立・起業を考えているあなたへ 起業を支援する行政サービス
★ 「独立・起業って何からやるの?準備はこれで十分?」
横浜市の「経営・創業支援課」が、ご相談に乗ります。

横浜市では、独立・起業する方向けに経営・法律・税務などの専門家による相談や、創業予定・創業後まもない方を対象に創業や経営支援に関するセミナーを開催しています。
特に女性の方向けにはオフィスの提供も行うなど、サポート体制は万全。「経営・創業支援課」の扉の向こうに、事業実現への道が続いています。
【お問合せ】 経営・創業支援課(電話 : 045-671-4236)

★「会社が自宅。住所を名刺に書くの、ちょっと怖いな…」
横浜市は女性起業家を、専用シェアオフィスなどで応援します。

横浜市には、女性起業家の方のための会員制シェアオフィス「F-SUSよこはま」(http://www.idec.or.jp/kigyo/woman/about.php)があります。お仕事や打ち合わせのためのスペースを確保できるのはもちろん、他の女性起業家との交流が深まるのもうれしいところ。 セミナーや交流会も毎週開催されています。
【お問合せ】 経済局中小企業振興部経営・創業支援課(電話 : 045-671-4236)

★「起業も運転も、資金の悩みはなかなか尽きないな…」
「創業ベンチャー促進資金」が、創業5年以内の企業を応援!

横浜市では「創業ベンチャー促進資金」として、最大2,000万円の運転資金・設備資金を融資しています。
創業期の資金繰りは、多くの企業が苦労して乗り越えていくところ。タイミングを逃さないためにも、まずはご相談ください。
【お問合せ】 経済局中小企業振興部金融課金融係(電話 : 045-671-2592)

Universal Menu Quality

本特集は株式会社アスコエパートナーズの自治体情報に基づき作成しています。
※自治体情報 は予告なく変更される場合があります。(掲載内容は2012年8月24日時点の自治体ウェブサイトを参考にしています)
※自治体の制度は各種条件によりご利用いただけない場合もあります。詳細は各制度のお問い合わせ先または自治体へお問い合わせください。
※自治体情報の正確性については株式会社アスコエパートナーズが万全を期しておりますが、その内容について保証するものではなく、ご利用者が当該情報を用いて行う一切の行為につき何ら責任を負うものではありません。

横浜校受講生が多い地域

神奈川県
神奈川区、中区、西区、南区、港北区、港南区、戸塚区、旭区、鶴見区、磯子区、川崎区、都築区、金沢区、保土ヶ谷区、泉区、青葉区、瀬谷区、幸区、栄区、高津区、多摩区、麻生区、川崎市、厚木市、茅ヶ崎市、横須賀市、大和市、藤沢市、相模原市、町田市、鎌倉市、平塚市、綾瀬市、海老名市、小田原市、宮前区、座間市、逗子市、伊勢原市、秦野市、三浦市、南足柄市、東神奈川、相模大野、湘南、寒川町、鶴屋町、上大岡、真鶴、大磯、二宮、箱根、湯河原、横浜市、横浜、二俣川、上永谷、下永谷、綱島、日吉、元住吉、大船、戸塚、東神奈川、
受講生が多い地域
笑顔でつながるスマイルヒューマン、彼女が笑顔になれた秘密とは?