高松 校 医療事務・ドクターズ医療クラーク の就職者 T.T. さんのお話

ヒューマンアカデミー高松校
0120-15-4149

医療事務・ドクターズ医療クラーク 就職者紹介

医療事務・ドクターズ医療クラーク  就職者

T.T. ()
 

42
香川県立中央病院 医師事務作業補助者


転職のタイミングを逃さないように早めの検定取得をお勧めします。

通学のきっかけ

現在に会社で、将来的に医療事務を勉強しておいてほしいと言われ、周りの方から、
『医療事務を勉強するにはどこか学校に通ったほうがいい』とアドバイスも受け、通学を決めました。

ヒューマンアカデミーに決めた理由

他の学校にも問い合わせをしていましたが、入校を決める前に電子カルテの体験セミナーに参加させてもらい、
そこで嶋田先生から医療事務についてお話を聞かせてもらうことができました。
その時の先生の雰囲気や人柄にとても魅かれ、
『この先生に教わりたい!』と思い、その日のうちに入校を決めました。
また、難関とされる【診療報酬請求事務能力認定試験】の対策講座があるのも決め手でした。

授業・仲間について印象的なこと

授業は仕事が終わってからなので、通うのも大変でしたが、先生自身の体験や、私たちが医療現場に就職するときに大切なことなどを話してくださり、とても楽しくイメージしながら授業を受けることができました。
授業以外に自分で勉強する時間ももちろん必要ですが、一緒に授業を受けるクラスメイトの存在も大きく、遠方から来られている方もいて、とても励みになりました。

スタッフとの関わりで印象的なこと

スタッフの方も一緒になって心配してくれたり、
喜んでくれたりしてくれて、とても身近な存在で
安心して長い間通学することができました。
いつも笑顔で癒されています。

校舎について良かったこと

入校時には医療事務の講座だけ申し込んでいたので、
医療事務OAや電子カルテは後から通信講座を申込みました。
その際、検定前にはパソコンを使わせてもらったり、
また診療報酬の試験前にも自習室として、
空いている教室を使わせてもらえたり、とても助かりました。

仕事に就くまでのいきさつ

前職で必要に迫られて医療事務の勉強をするために通い始め、最初は年齢的にも転職などは考えてはいませんでした。先生のお話から医師事務作業補助者という仕事を初めて知り、この仕事なら転職してみたいなと思い、「近々求人が出る」という先生の言葉を頭の隅に置きつつ、前職の仕事をしながら求人チェックをし応募・採用されました。在職中でもあったため実際には悩みましたが、医療現場に就職できるのも今回が最後と考え転職を決めました。

現在の仕事内容

医師事務作業補助者の仕事を始めてまだ1年余りですが、診断書や介護保険の主治医意見書等の書類を作成、交代で外来での問診入力をしていました。現在の新病院(香川県立中央病院)では、入院検査説明センターで入院申込オーダー・パス入力等を行っています。

仕事のやりがい

現在に入院検査説明センターは外来業務なので、受付・看護師の方と連携しつつ、速やかにかつ正確に入力することが求められ、とても重要な業務です。

ヒューマンアカデミーで学び役に立っていること

少しでも高いレベルの勉強をしたいと思い、診療報酬請求事務の講座があるヒューマンアカデミーを選び、無事合格し、自身もつきました。医療現場の仕事経験はなかったものの、先生から修了生の話が聞けて転職へのイメージがしやすかったのと、医療の勉強をしていたことで実際に転職してからの研修・業務等の中で理解しやすい部分は多かったです。
就職した県立中央病院にはヒューマンの修了生が多く活躍されており、何かあったときに相談できるという安心感もありました。

皆様へアドバイスメッセージ

今、医療事務や医師事務作業補助者への転職を考えている方がいたら、転職のタイミングを逃さないように早めに検定を取得しておくことをお勧めします。以前の仕事とは全く違う職種ですが、転職することで仕事の幅だけでなく、自分自身の幅も広がり、転職して良かったと今は実感します。やる気さえあれば、嶋田先生やスタッフの方が精一杯フォローしてくれますので、迷っている方がいたら是非連絡してみてください。