就職者の声 日本語教師養成講座 修了、 菊地 渚

ヒューマンアカデミー新宿校
0120-30-4149

日本語教師養成講座 就職者紹介

日本語教師養成講座  就職者

菊地 渚 (きくち なぎさ)
 

29
会社員


日本語スクールでボランティアから始めています。

日本語教師の勉強を始めようと思ったキッカケは?

大学生の時、異文化コミュニケーションや比較文化を研究しました。海外の文化を知る内に、日本語言語や文化の良さに気づき、人に伝える活動ができたらいいなと思いました。
また、アルバイトで中国人の方に日本語を教える機会がありました。その時に、教える楽しさと難しさを知って、もっと上達したいと思いました。

勉強で大変だったことや苦労したことは?

授業と仕事の両立が大変でしたね。多い時で週3日通学しながら課題に取り組み、日中仕事をしていました。
また、模擬授業では、準備段階で自分を客観視する作業が難しかったです。いかに学習者の立場でわかりやすい(しかし有益な)教案がかけるか・・・今も模索中です。

就職活動に向けて、いつ頃から、どんなご準備を始めましたか?

現在の仕事をつづけながら、できる活動を探していました。校舎には様々な内容の求人があるので、よく求人票ファイルを見ていました。

応募から採用決定までに、試験や面接など、どのような流れでしたか?

現在は日本語学校で月数回、作文サポーターをしています。直接、その学校のホームページを見て、応募しました。学習者の書きたい気持ちを尊重しつつ、時間内に書きあげる作業に毎回施行錯誤しています。

就職活動の中で一番苦労したことはどんなことですか?

自分にあう活動を見つけることが大変でした。日中は仕事があり、毎週ボランティアを続ける余裕もないので、単発での活動を探していました。パソコンで検索したり、仲間がどんな活動をしているか聞いたりと情報収集を行いました。

ヒューマンアカデミーで勉強してよかった点や、校内セミナーなどで役立ったことを教えてください。

講師の方が個性豊かなので、様々な教授法を体験でき、豊富な知識を得ることができます。私は、講師を特定せず、学期ごとに違う講師の授業を選びました。その中で自分の目指す教師像を形成することができました。
また、同じ志をもつ仲間と出会えます!講義機関や実習中、つらい時でも励まし支えあうことができたので修了にたどり着くことができました。

今後の夢や目標はありますか?

現在は別の仕事をしているのですが、いつか日本語教師として教壇に立つことが目標です。
そのためにも、今はできることから日本語教育の活動に携わり続けたいです。

これから日本語教師を目指そうとしている方に一言お願いします。

ヒューマンアカデミーでは、通学ペースが自分で決められます。私は、週3〜週1にスライドしながら、2年近くで修了することができました。不安があれば、校舎スタッフの方も親身に相談に乗ってくれます。柔軟な環境の中で、学習できますので、後は時分次第だと思います。
強い志を持って、ぜひ一歩踏み出してください!