CADオペレータ養成講座/CAD利用技術者2級 講座の 森 淳子 講師のプロフィール

ヒューマンアカデミー名古屋駅前校
0120-15-4149

CADオペレータ養成講座/CAD利用技術者2級 講師紹介

CADオペレータ養成講座/CAD利用技術者2級  講師

森 淳子 (もり じゅんこ)
 

4月17日/愛知県出身


CADで作図された図面は、コンピュータのデータ…

経歴/保有資格

転職の機会に「何がやりたいか」を考え、答えが「コンピュータを使う仕事がしたい」。
ただそれだけを手がかりにたまたま巡り合ったのが、CADだったんです。
自分が好きなものが見つかると、どんなことも不思議と乗り越えられちゃいますよ。
今日まで20数年、2次元CADの世界的代表選手のAutoCADを使い続けています。
AutoCADは、正しくインストラクトができるようにメーカが管理していますから、講師は 毎年研修を受け、資格を更新していきます。そのほか、CAD利用技術者2級・機械1級を取得しています。

講師の経緯

ヒューマンアカデミーでWEBの勉強をしていたのですが、もともとの業種がAutoCADインストラクターだったので、声をかけていただきました。

講座のポイント

私の経験上、企業でのCAD研修は、数日というのが大部分です。しかし、当然のことながらそれでは不十分です。実際には管理や運営面で、企業にとって財産というべき図面を正しく作図できていません。そういった現場の問題点にも対処できるようなオペレータになっていただけるように心がけたいと思っています。
もちろん作図できることが一番の目的ですので、テキストを補足するための教材を用意し、わかりやすい講義を目指しています。

資格取得の意義

CADは「図面をコンピュータで作図するというソフトウェア」です。ですが、図面の意味を読み取るには、ある程度「製図」の知識が必要ですし、「コンピュータ」や「ネットワーク」の仕組み、「情報セキュリティ」の意識など、今後のオフィスには必ず必要です。
つまり、CAD利用技術者2級試験は、CADを取り巻く最小限の知識を総括して学ぶことができる、最短距離の勉強なのです。
合格率から言っても、それほど難関ではありませんので、是非頑張ってみてください。
履歴書にこの1行が加わるだけで、あなたの現在の決意が伝わるはずです。

皆様へアドバイスメッセージ

CADで作図された図面は、コンピュータのデータです。今後はこのデータを使った物作りが、今以上にもっと当たり前になっていきます。現在でも、3次元CADで作成したデータで、大規模構造物を建造する前に耐震検査をしたり、精密な機械を製造工程に送る前に強度の解析をしたりできます。
あなたの周りに「CAD」を知っている人、いますか?図面に関わる業種には必須の技術であるはずなのに、知名度は意外に低く、存在を知らない人がまだまだたくさん居ます。つまりそれだけチャンスがある!ということです。設計の専門知識は難かしいですが、「CADのできる営業」、「CADでオフィス管理」、「CADでユーザ様にプレゼンテーション」「事務経験があるCADオペレータ」など、今までのキャリアを生かした上でCADの技術をプラスした人材も求められています。