福岡 校 日本語教師養成講座 担当講師である 壱岐 勝 さんについて

ヒューマンアカデミー福岡校
0120-15-4149

日本語教師養成講座 講師紹介

日本語教師養成講座  講師

壱岐 勝 (いき まさる)
 


ことばを知る旅に、出ませんか?

講師になった経緯

大学で日本語の研究している時、先輩の紹介で養成講座の講師を始めました。最初は戸惑いながらのスタートでしたが、先輩講師のサポートや生徒さんの真摯な姿に胸打たれ、今に至っています。

講座のポイント

本養成講座は、(1)日本語を教えるために必要な知識、(2)それを教育現場で応用する実践力を、効率よく身につけられるようカリキュラムが組まれています。私は(1)の中の「ことばの仕組み(言語)」に関する授業を担当しています。この分野は、文法・語彙・音声をはじめ、書記・歴史から他言語との対照・人間言語の特徴と多岐に亘ります。言語分野の担当講師は私も含めことばを専門的に研究なさっている方が多いですので、ことばに関する質問に一緒に向き合って考えてくださると思います。

講義での心がけ

私たちは普段意識せずに日本語を使っているので、「日本語の仕組み」がいかなるものか知りません。そこで授業では、様々な作業を通してことばと向き合い、日本語の仕組みを実感をもって理解していただけるよう心がけています。こうした作業を一度でも踏んでいれば、頼りにするものがない時に学習者が発する様々な質問に答える力になっていく思います。

資格取得の意義

国際化の流れの中で、日本に多くの外国人就労者とその家族がやってきています。また海外でも、仕事や趣味などで、日本語を学びたい外国人が増えています。彼らは日本で暮らしたい、日本文化をもっと理解したいと思っています。そのためには、日本語や日本の習慣を身につける必要があります。日本語教師は、彼らのニーズに応え、彼らに夢や希望を与える仕事です。

皆様へアドバイスメッセージ

日本語が【話せる】ことと、日本語が【説明できる】ことは違います!学習者は、日本語が話せるために必要なことを「学習」していきます。「学習」には、誤用が伴います。教師はその際、(1)なぜ誤用なのかを説明でき、(2)学習者の誤用の原因をつかみ、(3)正用へと導くための教案を作成し、(4)教育活動を通してそれを実践できなければなりません。そのためには、日本語の仕組みに関する理解は不可欠です。普段から自分の使っていることばに目を向けましょう。その経験は、日本語について考えるとき、そして授業を作るときに、必ず役立つと思います。