福岡 校 日本語教師 講座を修了した就職者 河原田 純子 さん

ヒューマンアカデミー福岡校
0120-15-4149

日本語教師 就職者紹介

日本語教師  就職者

河原田 純子 (かわはらだ じゅんこ)
 

42


“わかった!”という表情をされると、たまらなくやる気がみなぎります。

今回就職が決まった会社や仕事内容について教えてください!

非常勤講師4 校を掛け持ちで1 週間合計10 コマ(90 分/コマ)、週4 日稼働中。
1.  麻生外語観光 日本語科 初級会話クラス
2. 九州国際教育学院 初級クラス
3. 九州外国語学院 中級・上級クラス
4. 九州英数学館国際言語学院 初級クラス

学び始めたきっかけを教えてください!

小学校〜高校生までの将来の夢が「教師」でしたが、大学は商学部、就職は放送局のアナウンサーという道を選びました。当初はアナウンサーになりたかったわけではなく、大学時代にいとこがキャビンアテンダントになったことで自分もCAをめざし、大学に通いながら“スチュワーデス専門学校”に通ってたところ、放送局が面接がどの職業より一番早かったので受け、合格となりました。その後はアナウンサー10年⇒子供を産んで他の部署へ異動、放送局には合計18年勤務しました。
しながらもずっと教師の夢が諦められず、日本語教師という仕事を見つけた時はうれしくて、、、
そこで思い切って昨年放送局を退職し、一念発起してヒューマンに入って日本語教師の勉強をスタートしました。

ヒューマンで受けた就職支援内容は??

就職セミナー×1回、個別面談×1回
18年間会社勤務していて“職務経歴書”というものを書いたことがなかったので、ここを中心に個別カウンセリングで話を聞きました。迎先生の、『相手が一緒にこの人と仕事をしたいと思わせる経歴書を!』この言葉は心に響きました!『どうだーすごいだろーこの経歴』ではなく、“一緒に働きたい”と思ってもらえることを心がけて書きました。

採用に至るまでのプロセスを教えてください。

H23.10/12にヒューマンに入校し、H24.6.11に日本語教師の講座を修了。かなりつめた日程でしたが、1日でも早く日本語講師になりたく、朝・昼・夜とヒューマンに通いました(笑)8月のお盆明けに就職情報が出ると聞いていたので、“大谷書店のHPをチェック”し、上から順に4校に応募書類を送りました!
8月最終週に面接をすべて受け⇒9月初旬合格の通知をもらい⇒10月からの採用となりました。

ずばり!採用に至った勝因は??

.すべて事前に“履歴書と職務経歴書”と“教案(90分の14課テ形の教案)”を郵送⇒その後(3日後)模擬授業(20分)と面接を受けましたが、模擬授業はかなり重視しているようでした。模擬授業の練習を何度もしていったことは勝因の1つだと思います。
わかりやすい文字カードや指示の仕方、板書の仕方などを準備して臨んだ方がよいと思います。
※ 英数学館だけ60分の筆記試験と面接
2.ヒューマンでは初級1回、中級1回程度の模擬授業を積極的に学び、他の受講生の発表をよく聞いて、いいなあっと思うところはどんどん吸収するように心がけました。

採用が決まった時の感想を教えてください♪

採用が決まってうれしいと思っているのもつかの間で、採用決定後は約1〜2日の研修のみで即実践90分となり、現在は日々教案と格闘中です(笑)
しかし約20名の学習者と一緒にコーラスしたり“わかった!”という表情をされると、たまらなくやる気がみなぎります。

就職支援担当 迎講師より一言!

“今の自分には何が必要か”、“どう行動すればよいか”をしっかりと考え即実行に移すことが出来る河原田さんには頭が下がります。しかももう週10コマの授業をされていると聞いてびっくり!やはりホノルルマラソンに4回出場し完走された河原田さんですね!これからもますます輝いてください。