2016年 ABC協会認定ブライダルプランナー検定
春期1級 模範解答

解答速報一覧はこちら 資格カレンダーはこちら

受験生の皆様、試験お疲れ様でした。
こちらでは、ヒューマンアカデミーが独自に作成した解答を掲載しております。採点や復習にご利用ください。
※この解答は、平成28年3月27日(日)に実施されたABC協会認定ブライダルプランナー検定1級の解答です。
解答はヒューマンアカデミーが独自に作成するもので、他機関が発表する解答と異なる場合があり、また今後変更する場合があります。なお解答に関してのお問い合せはお受け致しておりませんので、ご了承下さい。

2016年 ABC協会認定ブライダルプランナー検定春期1級 模範解答

第1問 日本における最近の挙式・披露宴の実施傾向について 第13問 接客の際に生じるお客様の不平・不満のプロセス(過程)とその対応について
a:1 b:2 c:1 d:2 e:2 a:2 b:1 c:3 d:3 e:2
第2問 日本における挙式・披露宴の日取りについて 第14問 日本婚礼施設における営業(プレゼンテーション)について
a:8 b:2 c:10 d:1 e:9 a:1 b:2 c:2 d:1 e:3
第3問 男性の洋礼装について 第15問 米国のブライダルコンサルタントの請求方法、および昨今の環境について
a:6 b:3 c:1 d:4 e:2 a:1 b:5 c:2 d:4 e:3
第4問 日本の婚礼会場において使用する書類について 第16問 欧米のウェディングにおける関係者の衣裳について
a:5 b:3 c:1 d:4 e:7 a:6 b:4 c:3 d:1 e:2
第5問 日本の婚礼における引出物について 第17問 米国の一般的なレセプションについて
a:2 b:2 c:4 d:4 e:3 1、4、8、9、10
第6問 日本の婚礼会場におけるパッケージプラン(パックプラン)について 第18問 米国のウェディングにまつわる様々なイベントについて
a:3 b:1 c:3 d:1 e:3 a:3 b:2 c:4 d:4 e:3
第7問 日本の婚礼ビジネスにおける販売促進と注意点について 第19問 米国での一般的な挙式における様々な慣習について
1、3 a:3 b:1 c:2 d:1 e:2
第8問 日本の婚礼会場においてテーブルプラン作成に必要な基礎知識について 第20問 キリスト教(カトリックおよびプロテスタント)の挙式に関する様々な慣習等について
2、4 a:1 b:4 c:2 d:2 e:3
第9問 日本の一般的な披露宴の流れについて 第21問 米国のブライダルコンサルタントの様々なクロージング(締め)の方法について
3、4 a:4 b:7 c:6 d:2 e:5
第10問 日本における一般的な人前式の式次第について 第22問 米国における非宗教挙式について
a:3 b:6 c:2 d:3、4 5、7
第11問 日本の婚礼施設におけるブライダルフェアについて 第23問 米国におけるウェディングアイテムについて
2、3、6、7、8 a:2 b:2      
第12問 日本の婚礼施設における接客応対(言葉遣い)について    
a:2 b:2 c:4 d:4・6          
第24問
記述
問題
解答例
岩田様、井上様、この度はご結婚誠におめでとうございます。本日、担当させていただきます山下と申します。どうぞよろしくお願い致します。挙式・披露宴をされず、婚姻届けの提出のみで済ますこともご検討中と伺いましたが、結婚式はお二人にとって新しい門出となりますし、ご親族や友人・知人の皆様にその報告をすると同時に、お互いのパートナーを紹介する場でもあります。また、最近はお二人が今までお世話になった方々へのお礼の場として披露宴を望まれる方々も増えていらっしゃいます。結婚式は決してお二人のためだけのものではありません。結婚の意義をご理解いただいた上で、是非、挙式・披露宴を行っていただきたいと存じます。また、結婚式の意義を表現する演出として欧米ではユニティキャンドルの演出が好んで行われています。ご両家を象徴するそれぞれのキャンドルに灯された火を使い、お二人で1つの大きなキャンドルに灯して頂くことで二つの家族が一つになることを象徴する演出です。是非、取り入れられては如何でしょうか。お二人に「ここで結婚式をして本当に良かった」と一生思っていただけるよう、私も精一杯お世話をさせて頂きますのでご検討ください。
(499字)
第25問
記述
問題
解答例
招待状でご用意するものは本状、封筒、返信はがき、返信用切手、地図、付箋などがございます。披露宴にお招きするための挨拶状を本状といいますが、本状の記載内容は、挨拶文、日時、場所、差出年月日、返信日となります。また、返信はがきの返信日には結婚式の1ヶ月前のお日柄の良い日を選び、最後に追記として記載します。挨拶文の書き出しは謹啓で始め、次に時候の挨拶を入れ、ご挨拶の文面が続き、最後は敬白(敬具)等で結びます。披露宴の日時については曜日を必ず入れるようにし、開始時間を記し、必ずその下には(開宴)と記します。差出年月日については年月を記載し、日にちは吉日とします。時候の挨拶を決める際には、差出月のご挨拶となるよう注意が必要です。封筒や返信はがきの切手は慶事用のものを使います。投函日は結婚式のおよそ2ヶ月前のお日柄の良い日を選びます。婚礼は縁起を担ぎますので投函は大安の午前中がよろしいかと思います。 
(399字)
ページTOPへ

ウエディングプランナーコース/講座一覧

コース/講座一覧

【重要】解答速報ご利用にあたっての注意事項