人事担当者の声

セミナー終了後、今回お越しいただいたおふたりに、面接の際のポイントや求められる人物像についてお話を伺いました。
人事担当者プロフィール

大切なものは、革新よりもお客さまの喜び

一生に一度の結婚式を、貸切の邸宅で挙げていただく「ハウスウエディング」。従来なかった自由で贅沢なスタイルをご提供したため、スタートした当時は注目していただく機会も多かったといえます。

結婚式の作り方においても、当たり前だった分業制ではなく、一人のプランナーが終始担当する1顧客1担当制を始めた点も、当時は目新しかったようです。注目していただけた結果、ハウスウエディングは新たな市場として確立されました。

img

img

しかし、当社が重視しているのは「新しいこと」ではなく、「お客様に求められていること」を探求し、ご提供することです。最も大切なのはお客様が何を求められており、何に喜んでくださるかをくみ取り、形にしていくことだと信じています。

貸切のスタイルも1顧客1担当者制も、お客様に最高の結婚式をご提供したいという強い想いから、自然と生まれたサービスといえます。


ただ人が好き、では出来ない仕事

「プランナーというのは、ただ人が好き、というだけでは出来ない仕事。
「頑張ります」と、みんな言いますが、理想は、頑張れる人、ではなく、自然と頑張ってしまう人なのです。 お客さまの笑顔のために、積極的に動ける人。そういう人が向いていると思います。

それと、興味を持つ習慣をつけることも大切です。お客さまが興味のあることに、一緒になって関心を持てないとどうしても思いを共有できません。
そのためにも日々アンテナを張って、様々なことに関心を持って情報収集して欲しいなと思います。引き出しが多くあれば、お客さまとの話題にも困らないですしね。

img

本物の笑顔がお客さまの心を開く

img

プランナーというのは、非常にたくさんのスキルが求められる仕事。営業的な側面もありますし、もちろんデスクワークだってあります。
ただ、ベースにはお客さまへの思いの深さ、愛情の深さが必要とされます。根底に、強い思いを持っているということが何よりも大切です。

それが、“お客さまの一生に一回の結婚式を素晴らしいものにしたい”と、本気で取り組むことに繋がりますから。面接で見ているポイントは、やはり笑顔ですね。

それも自然な笑顔であるかどうか。いわゆる営業スマイルではなく、目元まで笑っている本当の笑顔を出せるかどうか。やはり嘘っぽい笑顔ではお客さまも心を開いてくださ.いません。
そのためにも笑顔は非常に重要なポイントなのです。


【株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ】
「新 2001年に日本初のハウスウエディング専用の直営会場を持ち、現在では全国に62の会場を持つ弊社では、 年間に1万組のカップルの方の結婚式を行っています。ハウスウエディングのパイオニアとして、現在もオリジナルウエディングにこだわり続けています。
株式会社テイクアンドギヴ・ニーズHP

全国30教室のウエディングプランナースクールだからあなたの街にもきっとある

近畿エリアのウエディングプランナースクール

中四国エリアのウエディングプランナースクール

九州エリアのウエディングプランナースクール


北海道・東北エリアのウエディングプランナースクール

関東甲信越エリアのウエディングプランナースクール

中部エリアのウエディングプランナースクール


ウエディングプランナーを目指すならヒューマンアカデミー