自分にぴったりのコース選び あなたが目指したい職種は?

Web制作に関わる5つの職種をご紹介します。
憧れの業界で、あなたにぴったりの職業を見つけましょう。

  • Producer
  • Director
  • Designer
  • Coder
  • Programmer

Webプロデューサーの仕事

Webプロデューサーとは、Webサイトを成功させるための総監督のことを言います。Webによるプロモーションの企画や制作の統括をします。クライアントの要望を理解した上で、プロジェクト全体像を構想し、成功させるためのアイデアを練ります。それ以外にも制作予算や納期などの交渉、プロジェクト全体の管理も行います。発想力やセンス以外に、市場やトレンドを理解したマーケティングの知識、クライアントを納得させるプレゼンテーション能力など、幅広いスキルが必要な仕事です。

必要なスキルは?
コミュニケーション/マーケティング/
プレゼンテーション/企画・演出/情報収集・分析/
課題解決
主な業務内容
クライアントの要望のヒアリング、情報分析、課題解決、企画提案、予算交渉・管理、スケジュール管理など
働き方
フリーランス/制作会社/広告代理店 など
必要なスキル
ページトップへ戻る

Webディレクターの仕事

Webディレクターとは、Web制作の現場監督のことを言います。Webプロデューサーと兼任になる場合もありますが、分業されている場合は、より制作寄りのマネージメントが中心となります。クライアントと打ち合わせながら技術的な仕様や要件を定め、それに沿って制作チームを指揮します。予算の管理や、制作に遅れがでないようなコントロール等、チーム全体がうまく機能するためのマネジメント能力が重要になります。

必要なスキルは?
コミュニケーション/プレゼンテーション/企画・演出力/Web制作知識/プロジェクトマネジメント
主な業務内容
クライアントの要望のヒアリング、情報分析、スケジュール管理、スタッフ統括など
働き方
フリーランス/制作会社/広告代理店 など
必要なスキル
〈Webディレクターを目指すなら〉
卒業生VOICE
若松秀明
全体を俯瞰してみながら、
企画立てをしています。
若松秀明(26歳)
前職のSE(プログラム)の仕事をしていたときの知識に、Webデザインのスキルを+αし、現在ではWebサイトの企画・プランニングから関わっています。プログラムなどの知識を持っていることで、制作フローの全工程を俯瞰してみながらプロジェクトを動かせるようになっています。
ページトップへ戻る

Webデザイナーの仕事

Webデザイナーとは、Webサイトのデザインをする人のことを言います。一言でデザインと言っても内容は幅広く、ページのレイアウト、配色といった全体的な部分から、文字の使い方、ボタンやバナーなどのパーツデザインなど、非常に多岐にわたります。クライアントが望むWebサイトのイメージを汲み取って、視覚化していくのが仕事です。また、クライアントの要望だけではなく、そのWebサイトを訪問するユーザーのことも考え、使いやすさ、見やすさなども配慮する必要があります。自分好みのデザインではなく、クライアントやユーザーのことを考えたデザインができるかどうかが重要です。場合によってはHTMLやCSSのコーディングも担当します。

必要なスキルは?
コミュニケーション/デザイン/情報設計/コーディング
主な業務内容
サイトのデザイン、コーディング
働き方
フリーランス/制作会社/企業内のWebや広報担当 など
必要なスキル
〈Webデザイナーを目指すなら〉
卒業生VOICE
窪田徹也(39歳)
これからの時代、
デザイナーにもWebの知識が
求められています。
窪田徹也(39歳)
もとはグラフィックや雑誌などのエディトリアルの仕事がメインだったのですが、ここ数年で一気にWebの仕事が増えてきました。これからは、紙とWebの区別も無くなり、グラフィックデザイナーにもWebサイトを構築できるだけの知識が必要な時代になっていると感じています。
ページトップへ戻る

コーダーの仕事

コーダーとは、Webデザイナーが作ったデザインをもとに、WebページをHTMLやCSSで組み上げていく人のことを言います。マークアップエンジニアと呼ばれる場合もあります。HTMLやCSSは、訪問ユーザーからは直接見えない裏側の部分ではありますが、どのように書くかによって、更新のしやすさや、検索エンジンの表示順位が変わってくるため、非常に重要な仕事と言えます。JavaScriptによる動的な処理などもコーダーが行うことが多く、HTMLやCSS以外にある程度のプログラミング能力が求められることもあります。

必要なスキルは?
コミュニケーション/コーディング/プログラミング
主な業務内容
サイトのコーディング、プログラミング
働き方
フリーランス/制作会社/企業内のWebや広報担当 など
必要なスキル
ページトップへ戻る

Webプログラマーの仕事

Webプログラマーとは、Webサイトに関連するシステムの構築や開発を行う技術のスペシャリストです。JavaScript等のブラウザー上で動作するプログラムはもちろん、PHPなどのサーバーサイドプログラムや、Webサーバーの構築、データベースの設計・構築など幅広いスキルが求められます。ショッピングサイトや会員制のサイトなどのシステムが重要になる案件では大活躍します。

必要なスキルは?
コミュニケーション/コーディング/プログラミング/データベース/システム設計
主な業務内容
システムの設計、サーバーやネットワークの構築、プログラミング、データベースの設計・構築など
働き方
フリーランス/制作会社/企業内のWeb担当 など
必要なスキル
ページトップへ戻る

Web資格講座コース一覧

  • 無料体験セミナー 業界のこと、適職のこと。あなたの疑問に答えます。
  • 講座説明会 なんでもご相談ください
  • 適職診断 あなたにピッタリの職種をお教えします。
  • 資料請求 受講生、卒業生のリアルなホンネ。就・転職成功の理由を教えます。
全国校舎一覧
北海道・東北エリア
関東甲信越エリア
中部エリア
近畿エリア
中国・四国エリア
九州エリア