初心者からwebデザイナーを目指すなら、ヒューマンアカデミーwebスクール

webコース
SINCE 1997全国29校展開
修了生数85,061名の実績

※平成9年10月から平成28年3月のWeb講座の延べ修了生数

webデザイナーの色々な働き方

facebook Line

スタイルはそれぞれ。webデザイナーの色々な働き方。

一口にwebデザイナーの仕事と言っても、働く場所や働き方は多岐にわたります。
自分はどのようなwebデザイナーとして働きたいのか。将来の自分をイメージすることで、学習もスムーズに進みます。

サイト制作会社

サイト制作会社サイト制作会社

デザイナーの王道
サイト制作会社

制作をメインの業務とする専門会社です。IllustratorやPhotoshopはもちろん、HTMLやCSSなどの知識をフル活用するために、ヒューマンアカデミーで学んだ知識を惜しげもなく発揮することが可能です。印刷物や動画を専門にしている制作会社も多いので、DTPや動画のスキルがあると就職の幅が広がります。

広告代理店でのwebサイト制作

広告代理店でのwebサイト制作広告代理店でのwebサイト制作

プロモーション型webサイト制作
広告代理店でのwebサイト制作

テレビや新聞など、広告コミュニケーションのひとつとして、webサイト制作します。そのため、他メディアとの連動が求められることやキャンペーンのようなイベント性のあるwebサイトの制作が多いことが特徴的です。広告のひとつであることから、より消費者行動の観点を持っていることが強みとされます。

フリーランス / ソーシャルワーカー

フリーランス / ソーシャルワーカーフリーランス / ソーシャルワーカー

自分に合ったスタイルで働く
フリーランス / ソーシャルワーカー

企業に属することなく、個人でwebサイト制作の仕事を請け負うというスタイルです。自分のスケジュールに合わせて仕事量を調節できたり、働く場所を選ばないことが特徴です。最近では、不特定多数の寄付によりwebサイト制作するクラウドソーシングという働き方も存在します。

システム開発会社

システム開発会社システム開発会社

常に求められるプログラミング技術
システム開発会社

webサイト制作の過程の中で、コーディングやシステム開発をメインに担当します。HTMLやCSSの他に、Perl、PHP、Ruby、Python、Javaなど高度なプログラミング技術が必要になることも少なくありません。そのため、システム開発会社を志望する方は、プログラミング系の講座を受講しておくと後々役に立つ場面が多くあります。

企業のweb担当者(広報部門など)

企業のweb担当者(広報部門など)企業のweb担当者(広報部門など)

自社をwebから成長促進
企業のweb担当者(広報部門など)

企業の広報部やマーケティング部門に所属し、自社のホームページ、ECサイトの開発や運用を担うという働き方です。いまでは、ほとんどの企業が自社のwebサイトを所有しているので、とてもニーズは高まっています。また、扱うwebサイトの訪問者を解析する能力やECサイトにおけるマーケティング知識なども必要とされる場合もあります。

起業

起業起業

webで新ビジネスを生み出す
起業

webを中心とした新しいビジネスを考え、起業するという働き方です。例をあげると、自社で開発したECサイトなどが当てはまります。そのため、エンドユーザーとコミュニケーションを取れるのも魅力のひとつ。企画力、推進力が要になるのはもちろん、経済や法律といった経営目線での知識も必須になります。

まずは、webのことを知ってみよう!

お電話での無料個別相談の
お申込み・お問い合わせはこちら

0120-15-4149

10:00~21:30(土日もOK)