初心者からwebデザイナーを目指すなら、ヒューマンアカデミーwebスクール

webコース
SINCE 1997全国29校展開
修了生数85,061名の実績

※平成9年10月から平成28年3月のWeb講座の延べ修了生数

セミナーレポート

facebook Line

「エンジニア女子の本音がぽろり -エンジニア女子の部屋- 」セミナーレポート

セミナー画像01

大きく成長を続けるプログラミング業界において、エンジニアは「仕事が多く高収入」というイメージがあります。実際のところエンジニアになろうと考えた時、女性のエンジニアの働きやすさってどうなの?収入は?やりがいはある?…気になることが沢山ありますよね。

ヒューマンアカデミーでは、「エンジニア」という仕事に興味があるけれど、疑問や不安を抱えている女性を対象に、特別セミナーを開催しました。司会は、株式会社mgn 代表取締役でプログラムの知識も豊富な、メガネさんこと大串肇氏。ゲストスピーカーには、現在エンジニアとして働いているまるこさんを招き、トークセッションをしながら、エンジニア女子の本音を探ったセミナーの様子をご紹介します。

未経験からのスタート、苦悩を乗り越えて日々成長している

セミナー画像01

実は私、新卒でエンジニアとして働く前は、ほとんどパソコンを使ったことがありませんでした。入社してから参加したプログラムの研修では、パソコンの環境設定や文章をコピーするためのショートカットキーすらわからなかったです」

そう語るまるこさんは、株式会社スリィ・ウェイブ(以下、スリィ・ウェイブ)に2016年4月に新卒入社したプログラマー2年生。スリィ・ウェイブは、エンジニアリングサービス事業を展開しており、クライアント企業のシステムに関わるエンジニアリング業務を担っています。まるこさんは、エンジニアとして都内の金融機関に出向し、金融機関向けシステムの画面・コード修正、そして単体テストなどを行っています。

エンジニアになったきっかけは会社の社風

セミナー画像01

大串氏が「エンジニアになったきっかけは?」と聞くと、「エンジニアを目指していたわけではなくて、会社の社風が好きで入社しました。その結果、エンジニアになったんです」と答えてくれました。

未経験から始めたプログラムの仕事は、沢山の苦悩があったそう。最初に行う3ヶ月の研修では、講師の話を理解できなかったり、なかなか上達できなかったり。3ヶ月の研修でイチから丁寧に教えてもらった後は、本社で業務を行いながら実践して覚えていきました。そして、入社後半年たった昨年の10月に金融機関への出向が決まり、日々奮闘しながらエンジニアとして成長中です。

現在は、難しい仕事もだんだん任せてもらえるようになってきて、毎日がとても充実しているといいます。しかし、まだまだ初心者のため、わからないことも沢山あります。「仕事でわからないことがあったら、インターネット検索で調べてみて、それでもわからなかったら上司に聞きます。悩んでいても、わからないことはわからないです」と語ります。

悩んでいる時間がもったいないため、わからなかったら諦めて質問するのも大切」というまるこさんの言葉に、会場の女性たちは真剣に耳を傾けていました。

自分の成長を実感しやすいエンジニア、嬉しかったこととは?

セミナー画像01

「未経験からエンジニア職に挑戦するのは大変そうという印象を受けましたが、仕事で楽しいことはありますか?」という大串氏からの問いに、「もちろん沢山あります」とまるこさんは答えます。わからなかったことを上司に質問してしっかりと理解できたり、苦手を克服して褒められたときは特に嬉しいといいます。

プログラムは書けば書くほど上達するもの。1年前に全くわからなかったことが理解できるようになるなど、エンジニアは自分の成長が目に見えやすいです。そのため、自分自身の成長を実感し、嬉しく感じることが多いようです。

「職場の雰囲気はどう?」という質問には、「実は、今の現場で女子は私だけです。男性がほとんどですが、たまに飲みに誘ってもらったりして、とても楽しいです」という返答でした。まるこさんは、普段パソコンと1対1で向き合っている分、気さくに話しながら交流できる飲み会が好きだそうで、「飲み会で仲良くなれば仕事でも質問しやすい」と、エンジニア女子の世渡りの秘訣も教えてくれました。

そして、今興味があることや、エンジニアとしてのキャリアプランについてもトークセッションを行いました。まるこさんのこれからの目標は、ひとりでプログラムを書けるようになること。そのために、オラクル社製品の「Oracle Database」に関した技術を証明するための『オラクルマスター』という資格取得を目指しているといいます。

まるこさんは「今は、仕事にだいぶ慣れてきて、プログラムを打つのが楽しいです。エンターキーを押すのにも気合が入ります。『ターン!』って」とコメントし、会場の笑いを誘いました。

未経験でエンジニアを始めるために、先輩からのアドバイス

セミナー画像01

セミナーの最後は質問タイムです。

「プログラムで使う言語の違いを教えてください」
「エンジニアになるために前もって知っておいた方がいい知識はありますか」などの声がありました。
後者についての回答は、エンジニアになるために、パソコンの基本操作は最低限知っておいた方がいいとのこと。

「まず、何から始めたらいいですか?」という質問に対しては、「本を読んでも、書いてある内容が理解しにくいと思うので、セミナーなどに参加して人から教えてもらうのがおすすめです」とまるこさん。

司会の大串氏は、「エンジニアになりたいなら、知識が重要なため、研修や講習を一回受けに行ったほうがいいでしょう。自分で講習に行き学習するのが効率がいいです」とアドバイスしていました。

▼サービス業女性
業界の雰囲気やその業界で働く自分のイメージがなんとなく描けました。まる子さんの正直な言葉に親近感が持てました。

▼事務職女性
業界の本音が聞けてよかったです。

▼サービス業女性
徹夜続きなど過酷な労働環境のイメージが強かったので、そのような環境の会社ばかりでないことがわかりました。

といった感想を参加者の方からいただきました。
参加者の中には、パソコンは数字を打つくらいしか使ったことがないという方もいらっしゃいました。そんな彼女たちにセミナーに参加したきっかけを聞いてみると、「就職先の候補として」や「興味を持っている業界だから」という回答が多数でした。

会場は終始、和気あいあいとして和やかな雰囲気に包まれていました。現役の女子エンジニアの生の声を聞ける機会はなかなかないため、トークセッションが終わっても質問が弾む室内。未経験からエンジニアになった女子の本音が沢山聞けたトークセッションでした。

おわりに

未経験でエンジニア職を目指すためには、基本的なパソコンのスキルからプログラミングを書くスキルなどを持っておくことが重要です。ヒューマンアカデミーでは、未経験からエンジニアを目指す女子向けに多数の講座を用意しています。イチから丁寧に学ぶことができるため、受講してみてはいかがでしょうか。

また、全く知識のない状態で何から取り組めば良いのかわからない、何を学べば良いのかわからないという人はヒューマンアカデミーの個別カウンセリングにお越し下さい。あなたのなりたいを叶えるために、最適な学習プランを提案します。

お電話での無料個別相談の
お申込み・お問い合わせはこちら

0120-15-4149

10:00~21:30(土日もOK)