Webコースコラム

Webプログラマー

Webプログラマーの資格を取得するのに必要な費用

インターネットを使ってショッピングをしたりSNSに投稿したりと、ユーザーが自然のうちに楽しんでいるWebサイトの裏側では、ユーザーが快適にショッピングやSNSの投稿・閲覧を楽しむことができるように、様々なプログラムが後ろで動いています。Webプログラマーの仕事は、様々なWebサービスを利用できるようにシステムエンジニアが設計した仕様書をもとに、Webのシステムを開発することです。

Webプログラマーの仕事は、Webのシステムを開発することです。

Webのプログラムはその規模によって忙しさや難易度が多種多様に存在します。基本的には、多くのWebプログラマーは1日あれば開発ができてしまうような簡単なものから、数か月をかけて開発するほどの規模の開発を同時並行で進めるケースがほとんどです。

WebプログラマーはWebページを正常に表示させる為に必要な専門言語とWebのプログラミング言語とを最適な状態で組み合わせ、Webのシステム構築を行っていく必要があります。

まずはWebサービスを作る上で最も基本となるHTML言語です。文字の色や大きさを変えたり、画像を張り付けたりページにリンクを貼るのもHTML言語で指定していますので、Webプログラマーにとっては「知らない」とは言えない基本知識です。また、文字のデザインやレイアウトを指定するために使うCSSという言語も知っておく必要があります。HTMLやCSSは基本的にはコーダーと呼ばれる人が扱うものですが、Webプログラムとも密接に関係しているので無視はできません。

次にWebプログラマーが使うプログラミング言語についてですが、システムの規模などによっても異なるので、ある特定の言語に強いWebプログラマーという人たちも存在します。中でもWebプログラマーが使うプログラミング言語として代表的な言語はPHPやJava、Perlの3つでしょう。

Webプログラマーが使うプログラミング言語として代表的な言語はPHPやJava、Perlの3つでしょう。

さらに、『データベース』という、必要なデータを格納する図書館の様な役割をしている部分をプログラミングすることもWebプログラマーに求められる仕事です。この時に使うSQLというコマンドについても使えるようにしておく必要があります。

このように、Webプログラマーとして仕事をするためには様々なプログラミング言語の知識を知りながら、すぐに実践で使えるようになっておかなければなりません。このため、Webプログラマーに必要な知識を学ぶことができる『Webクリエイター能力認定試験』という資格試験に挑戦する人も多くいます。具体的には、『Webクリエイター能力認定試験』に合格するために必要なHTMLやCSS、Dreamweaverというホームページ作成用ソフトの使い方やJavaScriptのプログラミングまで広範囲に勉強することができますが、費用として25万円前後は必要となってきます。さらに、Photoshopクリエイター能力認定試験のような、Webデザイナーの領域まで理解できるWebプログラマーになろうと思うと、受講費用は50万円近くになる所もあるようです。

ただし、Webプログラマー関連の資格を持っておくことで、転職をする際には仕事の実績に加えて評価をしてもらえ、年収アップも期待できるというメリットもあります。Webプログラマーとしてさらに活躍したいと考えているのであれば、資格取得を目指すという方法もありそうです。

Webプログラマーとしてさらに活躍したいと考えているのであれば、資格取得を目指すという方法もありそうです。

コラム一覧へ

Web資格講座コース一覧

  • 無料体験セミナー 業界のこと、適職のこと。あなたの疑問に答えます。
  • 講座説明会 なんでもご相談ください
  • 適職診断 あなたにピッタリの職種をお教えします。
  • 資料請求 受講生、卒業生のリアルなホンネ。就・転職成功の理由を教えます。
全国校舎一覧
北海道・東北エリア
関東甲信越エリア
中部エリア
近畿エリア
中国・四国エリア
九州エリア