Webコースコラム

Webプロデューサー

Webプロデューサーの資格を取得するのに必要な費用

Webプロデューサーになりたい。すごく興味がある。でも、なるためにはどうすればいいのか、資格を取るための費用はいくら必要なのか……気になるところです。
Webプロデューサーになるためには、何か資格を取るよりも、デザイナーやライター、エンジニアなどWeb関連の制作現場で経験を積むことが重要です。Web業界でなくても、チームリーダー経験がある、企画・営業・マネージメントなどの総合的な経験がある人がWebプロデューサーに転身することもあります。
いずれにせよ、Webに関しての「技術」はなくとも「知識」は絶対に持っていなければなりません。クライアントとの話の中で、何ができて何ができないかを瞬時に判別できないと話が進まないからです。常日頃からアンテナを張り、新しいデザインや機能を見つけたら実装可能かどうかすぐ確認する、などで知識を日々更新していく必要があるでしょう。
Webプロデューサーと一口に言っても、業務内容は業種によって変わります。Webコンサルティング、ネット広告系は外との交渉や営業的な業務が多くなりますが、Webプロダクションやメーカーでは自社案件を請け負い、管理する役割が大きくなります。

Webプロデューサーになるためには、何か資格を取るよりも、デザイナーやライター、エンジニアなどWeb関連の制作現場で経験を積むことが重要です。

Webプロデューサーには医師免許のように、持っていればWebプロデューサーになれるという資格や試験はありません。どうやって目指すかによって費用や時間も変わってきます。ここではケース別の費用を挙げてみましょう。

必要なのは書籍代と時間です。中古のテキストを買う、図書館を活用するなどで安く済ますことができます。インターネットにも参考となる情報は無数にありますから、書籍とネットの両方を上手に使いたいところです。
ただ、まったくの初心者から独学で技術を身に付けた後にWeb会社に入社、経験を積んでからWebプロデューサーとなる……という道のりは時間がかかりますし、あまり現実的ではありませんね。
あなたが学生の場合や業界未経験ならば、気になるところで働いてみましょう。初心者歓迎のWeb求人はたくさんあります。資格取得の支援を行っている会社も多くありますので、スキルアップが望めそうな職場を探しましょう。
他の仕事をしながら実績を作るなら、実際にサーバーを借りて自分でサイト運営してみましょう。何か実績がないとフリーで仕事を受けるのは難しい状況。自身でサイト管理をすることで、様々な勉強になり、自身の能力を売り込む時に使えます。

スクールに通う

Webデザイナーなら10〜40万円、Webプログラマーなら20〜50万円程度がコースの相場です。どんなコースを受けるかで値段は変わります。現在の知識・技能レベルと、今後なにをやりたいか、どんな技術を身に付けたいかでコースが分かれます。事前にスクール側とじっくり相談し、費用を導き出しましょう。スクールに通った場合は、就職のサポートがある、就職後も質問できる、などの特典があるケースも。同じ目標を持った仲間に出会えるのも魅力的ですね。

通信教育を受ける

Webデザイナーは2〜50万円、Webプログラマーなら10〜50万円くらいが平均的な値段です。スクール同様、コースはたくさんありますから、じっくり吟味してください。通信教育は自分のペースで勉強できるのが嬉しいところ。無理なくじっくりと勉強できそうです。

検定を受け資格を得たからといって、必ずしもWebプロデューサーになれるわけではありません。しかし、持っていれば知識の証明になり、強みとなります。Webプロデューサーの名を冠したWebプロデューサー検定を始め、各種Web系の資格は持っていて損はありません。
検定にかかる費用は5千円〜2万円程度。プラス交通費や勉強するテキスト代が加わります。検定のためにスクールに通う、通信教育を受けるという手段もあります。

Webプロデューサーの資格というものはありませんが、どのように進めばよいか、資格を取る・勉強するとどのくらい費用がかかるかを挙げてみました。実際の現場では、実務的なスキルよりも営業力や提案力、コミュニケーション能力の方が重要だという声も多く聞かれます。Webに関する知識を蓄えながら、総合的な力を実践で身に付けていくことも忘れないようにしたいですね。

コラム一覧へ

Web資格講座コース一覧

  • 無料体験セミナー 業界のこと、適職のこと。あなたの疑問に答えます。
  • 講座説明会 なんでもご相談ください
  • 適職診断 あなたにピッタリの職種をお教えします。
  • 資料請求 受講生、卒業生のリアルなホンネ。就・転職成功の理由を教えます。
全国校舎一覧
北海道・東北エリア
関東甲信越エリア
中部エリア
近畿エリア
中国・四国エリア
九州エリア