初心者からwebデザイナーを目指すなら、ヒューマンアカデミーwebスクール

webコース
SINCE 1997全国29校展開
修了生数85,061名の実績

※平成9年10月から平成28年3月のWeb講座の延べ修了生数

web業界コラム

facebook Line

webディレクターコラム Vol.6

webディレクターの就職先ってどんな所

webディレクターの就職先で一番多いのは、webサイト制作会社です。webサイト制作会社は企業などのクライアントから受注し、webサイト制作を請け負う会社です。最近、webサイト制作会社はとても増えており、求人も非常にたくさんあります。
webサイト制作会社のwebディレクターの仕事は、クライアントやサイト開発者との調整と、作業管理になります。クライアントの要望を聞き、企画を立て、クライアントと様々な調整を行います。開発フェーズに入ると、サイト開発者と調整し、進行管理、品質管理、プロジェクトの収支管理などを行います。サイト制作が終わったら、運用フェーズに入り、その後も、クライアントとの調整を行います。
webサイト制作会社は大きな会社から、社員が数人の小さな会社まで、様々な規模の会社があり、特に小規模な会社は最近とても増えてきています。大きな会社では、開発担当と運用担当など、比較的分業がきっちりしているため、webディレクターの仕事に集中することができます。また、社員の研修制度などが、しっかりしている会社もあります。

しかし、小さな会社では、サイト開発者が足らなかったり、納期に間に合わなかったりすることが多く、サイト構築作業もこなさなければならない場合があります。また、クライアントが安定してついていない会社だと、クライアントを獲得するために、営業活動もしなければなりません。クライアントが安定しないと、給料も安定せず、福利厚生も期待できません。スキルに自信があり、人脈を広げてクライアントを獲得し、会社を大きくしていきたい、といった開拓精神を持つ人には、このような会社が向いているかもしれません。このように、一口にwebサイト制作会社といっても様々な会社があり、どの会社を選んだらよいかわからないほどです。就職先を選ぶ際は、仕事内容やクライアント、社員の研修制度についてなど、しっかり確認するようにしてください。

webディレクターの就職先は、webサイト制作会社だけではありません。webショップやネットゲームなどのインターネットコンテンツを取り扱うwebサービス会社で、自社にwebサイト構築部門を持つ会社があります。 自社コンテンツに関するwebサイトを作る仕事なので、クライアント獲得のための営業活動の必要はなく、webディレクターの仕事に集中できます。調整する相手は自社の社員になるので、仕事がしやすいでしょう。また、webサービス会社の規模が大きく、終身雇用やボーナス、退職金支給など、福利厚生などが充実している会社の場合は、安定した待遇を得ることができます。安定して仕事をしたい人に、向いている就職先と言えるでしょう。しかし、待遇の良い会社であれば、当然競争率も高くなります。そのため、経験があり、スキルがより高い人材の方が採用されやすいでしょう。

あまり知られていないのですが、webコンテンツに関係ない一般の会社でも、自社にwebサイト構築部門がある場合、webディレクターの採用があります。仕事内容はwebサイト制作会社やwebサービス会社と変わりませんが、webサービス会社と同様、自社内で仕事をするため、安定して仕事がしやすいでしょう。仕事内容は、webサイト制作会社よりも、ゆるいかもしれません。また、自社でwebサイトをまかなえるくらいですから、大きい会社であることが多く、福利厚生制度などが安定しているのも魅力です。それだけに入りたい人は多く、採用枠は少ないでしょう。成長が著しい会社や、インターネットによる事業を拡大している会社などが、狙い目です。

その他のwebディレクターコラム

お電話での無料個別相談の
お申込み・お問い合わせはこちら

0120-15-4149

10:00~21:30(土日もOK)