Webコースコラム

Webデザイナー

Webデザイナーに必要なスキル・知識

Webデザイナーになるためには、もしくは、Webデザイナーとして成功するためにはどのようなスキルが求められるのでしょうか。Webデザイナーはデザインのセンスさえあれば良いかと言うと、決してそうではありません。そもそも、センスとは何か?Webページやコンテンツに求められるデザインは何か?どういうデザインだとセンスがあるのか?クリエイティブな職業ですが、勘やセンスだけに頼っていてはとても生き残れない世界です。必要なスキルについて体系立って習得することが必要です。
そこで、ここではWebデザイナーに求められるスキルや知識について紹介します。

Webデザイナーになるためにはどんなスキルが求められるか、ご紹介します

良いデザインとは何か?グリッドシステムやホワイトスペース、ジャンプ率など、素晴らしいグラフィックデザインと呼ばれるものにも一定のルールが存在します。こうしたWebデザインは非常に奥が深く、一朝一夕で覚えられるものではありません。Web機能的なデザインはもちろん、こうしたレイアウトデザインについても基本的な原則やセオリーを知っている必要があります。

基本的な原則やセオリーについて学びましょう

HTML

WebデザイナーにとってHTMLの知識は必須です。これがないと仕事ができません。また、HTMLの他にもXHTML(Extensible Hypertext Markup Language)という言語も覚える必要があります。HTMLだけでも覚えるのが大変だと思うかもしれませんが、XHTMLはHTMLと非常に似ているので、延長線上の知識という位置づけです。最近ではXHTMLを使ったWebサイトも多いので、二つとも必須のスキルと言えるでしょう。

CSS

CSSに対応したブラウザが増えてきているため、CSSを使用してWebページのスタイルを指定していきます。CSSは、HTMLと組み合わせて使用する言語です。HTMLだけでもWebページのデザインを制御することもできますが、実際にそうしたWebページのスタイリングにHTMLを使うことはなく、CSSを使うことが一般的です。

Webデザイナーに求められるのは、クライアントが求めるコンセプトであったり、求める内容を体現するデザインを創ることであったりしますが、何を求めているかをクライアント自身が具体的に把握していないケースもあります。いずれにしても、最終的な目標はクライアントのビジネスの拡大であり、そのためにはWebデザイナーにも基本的なマーケティング知識は必要になります。
見た目だけがきれいなサイトをデザインするだけではWebデザイナーとしては不十分で、クライアントの顧客にとって使いやすく、また「売れる」サイトをデザインしなければなりません。

サイトのデザインは見た目だけでなく、クライアントの顧客にとって使いやすい、またクライアントの利益につながるものでなければなりません。

Webデザイナーは、プログラム言語や配色や色彩を含むデザインの知識、マーケティングの知識など、幅広い知識が求められます。また制作には多くのソフトも使用します。各ソフトにはWeb制作以外の機能も多くあるため、それらの機能の中から何をどのように使うのか、独学では習得がなかなか難しいのが現状です。Webデザイナーになるための近道は、制作ソフトや習得の機会が整ったスクールに通うことでしょう。

コラム一覧へ

Web資格講座コース一覧

  • 無料体験セミナー 業界のこと、適職のこと。あなたの疑問に答えます。
  • 講座説明会 なんでもご相談ください
  • 適職診断 あなたにピッタリの職種をお教えします。
  • 資料請求 受講生、卒業生のリアルなホンネ。就・転職成功の理由を教えます。
全国校舎一覧
北海道・東北エリア
関東甲信越エリア
中部エリア
近畿エリア
中国・四国エリア
九州エリア