初心者からwebデザイナーを目指すなら、ヒューマンアカデミーwebスクール

webコース
SINCE 1997全国29校展開
修了生数85,061名の実績

※平成9年10月から平成28年3月のWeb講座の延べ修了生数

web業界コラム

webデザイナーコラム Vol.1

webデザイナーとは

webデザイナーは、webページの主にビジュアル的な部分をデザインするのが仕事になります。といっても単にビジュアルがかっこいい、美しいだけではダメで、機能的にデザインすることが重要になります。機能的にデザインするとは、webを訪問する利用者にとって分かりやすく、使いやすいことを指します。つまり、使いやすく、かつ美しいwebページをデザイン・設計することがwebデザイナーの役割になります。
なお、こうした定義は厳格なものではなく、使う場所や文脈によって変わってきます。webページの制作には、品質・納期をコミットするwebディレクターやプロデューサー、プログラムやコーディングを担当するプログラマーやコーダー等、様々な作業プロセスと関係者が存在します。これら全てをまとめてwebデザイナーと呼ぶことさえあります。
ただし、「デザイナー」という呼称上、やはりwebサイトのデザインがメインの仕事になることには異論がないところです。webデザイナーはディレクターの指示や意図に従ってデザインの設計を実施することになります。

「デザイナー」という言葉と「クリエイター」という言葉の意味の違いを説明できますか?同様に、webデザイナーという言葉の他にも、「webクリエイター」という職種があることをご存知の方もいるかもしれませんが、あまり両者の違いについて意識された方は多くないかもしれません。
webデザイナーの仕事は、既に説明した通り、webサイトのコンセプトを表現できるようデザインすることが仕事になります。webクリエイターとは、webサイトやコンテンツの制作にかかわる作業全般を担う職業のことを指します。

webデザイナーは、webページの主にビジュアル的な部分をデザインするのが仕事になります。といっても単にビジュアルがかっこいい、美しいだけではダメで、機能的にデザインすることが重要になります。機能的にデザインするとは、webを訪問する利用者にとって分かりやすく、使いやすいことを指します。つまり、使いやすく、かつ美しいwebページをデザイン・設計することがwebデザイナーの役割になります。
なお、こうした定義は厳格なものではなく、使う場所や文脈によって変わってきます。webページの制作には、品質・納期をコミットするwebディレクターやプロデューサー、プログラムやコーディングを担当するプログラマーやコーダー等、様々な作業プロセスと関係者が存在します。これら全てをまとめてwebデザイナーと呼ぶことさえあります。
ただし、「デザイナー」という呼称上、やはりwebサイトのデザインがメインの仕事になることには異論がないところです。webデザイナーはディレクターの指示や意図に従ってデザインの設計を実施することになります。

会社員として働いている場合は年齢にもよりますが、webデザイナーの年収はおよそ360万円から400万円と言われています。決して他と比べて突出して高いなどということはありませんが、クリエイティブ系の仕事ですので労働時間に対する意識は比較的自由です。労働時間に対してというより成果に対して評価がされるため、実力のある人はフリーとなってバリバリ稼ぐ方も多いようです。

その他のwebデザイナーコラム

お電話での無料個別相談の
お申込み・お問い合わせはこちら

0120-15-4149

10:00~21:30(土日もOK)