初心者からwebデザイナーを目指すなら、ヒューマンアカデミーwebスクール

webコース
SINCE 1997全国29校展開
修了生数85,061名の実績

※平成9年10月から平成28年3月のWeb講座の延べ修了生数

web業界コラム

facebook Line

webコーダーコラム Vol.6

コーダーの就職先ってどんな所

コーダーの主な仕事は、クライアントやライターから受け取った原稿やwebデザイナーがデザインをした画像データを、webのページに正確に表示されるようにレイアウトしていくことがメインです。

しかし、就職先の規模や取り扱っている内容によって、コーダーに求められる仕事は少しずつ変化します。具体的に、コーダーはどのような就職先でどのような仕事をしているのでしょうか。

紙・web・テレビなど様々な媒体の広告を手掛けるような大手の制作会社が、コーダーの就職先のひとつとしてあげられます。

このような大手制作会社の場合、一部門としてweb制作部門をもっていて、その部門の中でコーダーとして仕事をするのです。クライアントへのヒアリングなどは専属のディレクターが行い、サイト設計書などもディレクターにより準備されます。また、サイトデザインについても専属のwebデザイナーがサイト設計書に基づいて準備しますので、コーダーはサイト設計書の通り、納期の通りに素早く対応をして、問題なくwebページを表示させ、検索エンジンにかかりやすくコーディングをすることが使命となります。

コーダーの就職先のひとつとして一番多いのは、web制作を専門に行っている制作会社でしょう。特に、web制作会社の多くは従業員が数人~十数人というくらいの小規模になりつつあり、コーダーだけの役割というよりも、webデザイナーやディレクターの仕事も兼務できることを求められやすくなります。1人で何役も対応しなければならないので大変な仕事ではありますが、クライアントとの交渉も自分自身で行うことができるので、クライアントの要求に対して『予算内でできる・できない』『技術的にできる・できない』といった判断や「このようなアイデアではいかがでしょうか?」といった案出しがスムーズにできるので、クライアントからは「小回りが良い」「ニーズをくみ取ってくれやすい」というような好印象を受けやすくなります。

スマートフォンの利用者が年々増加している今、スマートフォンアプリを制作する会社も増えてきており、コーダーの就職先のひとつとなっています。スマートフォンのOSはAndroidやiOSなどいくつかに限られていますが、画面の大きさが千差万別ですので、コーダーの役割がとても重要視されているのです。

また、webとは異なり、スマートフォンそのものの性能も日々進化をしているので、スマートフォンの画面で実現できる内容も日々進歩していますので、コーダーとしては常にスマートフォンでどのような表現の仕方が実現できるのかという勉強も欠かせません。情報共有会に参加するだけでなく、スマホアプリ開発技術検定試験などのような資格試験の勉強を通じて、実務にも活かすことができる知識を蓄積していくことが重要視されています。

以上のように、コーダーは就職先によって求められる能力が少しずつ異なっています。資格試験を勉強することで実務での能力向上にも繋がりますし、転職時にアピールすることもできます。将来なりたいコーダー像に近づくためにも、資格の勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

その他のwebコーダーコラム

お電話での無料個別相談の
お申込み・お問い合わせはこちら

0120-15-4149

10:00~21:30(土日もOK)