neie couse

メンタルヘルス・ケア総合コース

  • おすすめ
  • 診断
  • 好転
  • 維持・予防
  • 機能向上

メンタルヘルス・ケア総合コース とは

心身のセルフケアから部下へのアドバイス、経営者や人事目線でのストレスチェックまで幅広く、コミュニケーションを通して“心身の健康”維持し、笑顔で長く働ける職場環境を作っていきます。

  • メンタルヘルス、コミュニケーションを身に付けて自分自身を守る!
    メンタルヘルス、コミュニケーションを身に付けて自分自身を守る!

    セルフケアからラインケア、マスターケアまでトータル学習することで、職場環境での階層に合わせて、正しいメンタルヘルスの知識を身に付け、円滑なコミュニケーションを行うことで、ストレスやメンタル不調から自分を守り、過ごしやすくします。

  • ストレスチェック制度義務化に対応!
    ストレスチェック制度義務化に対応!

    定期的なストレスチェック実施や不調者の早期発見により、メンタルヘルス不調者を軽減し、企業内の雰囲気が良くなり、生産性向上にもつながっていきます。

  • メンタルヘルス・マネジメント®検定全種に対応!
    メンタルヘルス・マネジメント®検定全種に対応!

    セルフケアからラインケア、マスターケアまでトータル学習することで、メンタルヘルス・マネジメント®検定Ⅰ種Ⅱ種Ⅲ種すべてを目指すことができます。

  • 記述式にも対応したオリジナル確認テスト付き!
    記述式にも対応したオリジナル確認テスト付き!

    講座の全教程を網羅する確認テスト(解答解説付き)が何度でも受けられるので、習得度を確認し、不安なところは何度でも繰り返し受講することができます。

  • 映像教材視聴用のデバイスも講座とセットでお得に購入できます!
    映像教材視聴用のデバイスも講座とセットでお得に購入できます!

    「いつでも・どこでも・何回でも」自分の都合で学習することができます。
    もちろん、質問も無料で何度でもOK。

メンタルヘルス・ケア総合コース で
取得できる資格・技術

  • メンタルヘルス・マネジメント®検定Ⅰ~Ⅲ種 受験対応

こんな場面で活かせます

  • ・ご自身の健康状態はもちろんゆくゆくは社内の職場環境改善をお考えの人事・労務担当者、管理職・会社幹部の方や企業経営者、総務職への就職・転職をお考えの方、企業カウンセラー・コンサルタントの方など。
curriculum

カリキュラム

分野 テーマ 内容
オンライン授業 メンタルヘルス・ケア講座セルフケア

ストレスの気づき方・対処法・軽減法を理解することで、生活やコミュニケーション方法を改善し、セルフメンテナンスができるようになります。

1. なぜメンタルヘルスケアが必要とされるのか

2. どうしてセルフケアが必要なのか

3. ストレスへの気づき方

4. ストレス、メンタルヘルスに関する基礎知識(1)

5. ストレスへの対処法・軽減方法(1)

6. ストレス、メンタルヘルスに関する基礎知識(2)

7. ストレスへの対処法・軽減方法(2)

8. ストレスへの対処法・軽減方法(3)

メンタルヘルス・ケア講座 ラインケア

後輩や部下の心と体の健康状態を把握し、さまざまな事例に合わせた指導や応対ができるようになります。 組織としてのメンタルヘルス向上のために必要な、適切な話の聴き方・伝え方などの一定のコミュニケーションスキルが身につきます。

1. メンタルヘルスケアの重要性

2. これだけは押さえたい ストレス・メンタルヘルスの基礎知識

3. メンタルヘルスを意識した職場環境づくり

4. 部下と管理監督者自身のメンタルヘルスケア

5. 部下からの相談への対処方法

6. メンタルヘルス・社内外相談機関との連携

7. メンタルヘルス復職者への適切な支援法 ほか

メンタルヘルス・ケア講座 マスターケア

企業におけるメンタルヘルス対策の意義と重要性を理解し、関連法案についても詳しく学ぶことで、社内での コミュニケーションやメンタルヘルス向上の啓蒙活動、社内研修の組み立てに役立てることができます。

1. 企業経営におけるメンタルヘルス対策の重要性

2. メンタルヘルスケアの活動目的・人事労務部門の役割

3. ストレス・メンタルヘルスに関する基礎知識

4. 人事労務管理スタッフがメンタルヘルス対策に求められる能力

5. メンタルヘルスケアに関する方針と計画

6. ストレス、メンタルヘルスに関する基礎知識(2)

7. 職場環境の改善 ほか

受講料

受講料

受講料
一括でお支払い
181,440円(税込)
受講期間
6ヶ月(120分×36回 / 72時間)
※入学金10,800円(税込)が別途必要です。
※教材費22,788円(税込)は別途必要となります。
※教材費は受講校舎によって異なる場合があります。
※分割払いの支払額は支払回数や利率により異なることがございます。
schedule

開講スケジュール

consultation

もっと詳しく知りたい!
専任スタッフに無料で相談できます!

pickup

この講座を見ている人は、このコースも見てます