海外赴任前研修の成功のポイント

海外に渡航し仕事をしていると、海外の方との「常識の差」というものを実感するというお話を多々受けることがあります。 この背景には日本とは異なる価値観・習慣・思想などがあり、コミュニケーション・ギャップが起こるためといわれています。この問題を解消するには異文化理解が重要になります。

海外赴任前研修の成功のポイント

コミュニケーション・ギャップを解消するには

  • 日本人のアイデンティティを理解する

    まず、「日本人」ということを見つめ直し、日本人の基本的な アイデンティティを理解した上で、自分とは違う異文化を受け入れる 態勢を整える必要があります。
    例えば、「時間」という概念では、日本人は時間に正確に管理して 物事を進めていくのが常識となっていると思います。
    しかしながら、外国人の方は時間に対して日本人ほど正確に捉えてはいません。身近なところでは、海外では時間通りに電車が来ないことが多々あります。
    「時間」という概念を1つとっても違いがあり、お互いの文化への理解がないと両者にとってのストレスの原因になります。

  • 異文化コミュニケーション研修

    弊社では上記の問題を解決するために、海外赴任前研修において「異文化コミュニケーション研修」をお薦めしております。弊社の「異文化コミュニケーション研修」では異文化間の壁を取り除くための「違い」の理解の仕方と、それに対応できるスキル(海外ビジネスマナー、個人差の対応方法など)の獲得をしていただきます。
    国際化が不可欠となった今日、日本企業にとって異文化間における相互理解と信頼関係をどのように築き育んでいくかが大きなテーマになっています。

  • 短期的に低価格で語学力強化ができる、フィリピン語学研修の前後に異文化コミュニケーション研修を加えたブレンドラーニングもお薦めしております。
    海外赴任前の研修をお考えの際は、ぜひ、お声掛けください。

  • お問合せ・お見積り
  • 成功事例ダウンロード