フィリピン留学のビザ注意点

海外に留学する場合、留学する期間によって学生ビザが必要になります。学生ビザは受け入れ先の規定に従わなければならず、変更されることもあるので、しっかりと確認をすることが必要です。

フィリピンに留学する際の学生ビザについて解説しましょう。

留学のビザ注意点

SSPの取得について

フィリピンに語学留学する際には観光ビザで滞在することが可能ですが、学校に登録して合法的に勉強をする際には、SSP(Special Study Permit)が必要になります。 こちらは学校に到着してから申請をします。SSPの有効期限は6ヶ月で、学校を転校する際には再度申請が必要です。
ちなみに観光ビザは30日間の滞在が認められていますが、SSPは観光ビザとは別のものです。そのためSSPを取得しても観光ビザの延長は必要となるため注意しましょう。

SSPの発行は学校によっても異なりますが、6ヶ月有効で1.3万円~1.6万円程度かかります。 通常は、発行に伴い、身元を確認するための英文の戸籍謄本と滞在中の財政能力を確認するための英文銀行残高証明書が必要となります。 しかしSSP認定を受けている学校に入学する場合は、これらの書類は学校側が用意してくれます。

ACR I-Cardについて

ACR(Alien Certificate of Registration)は、60日以上フィリピンに滞在する場合に取得しなければならないものです。外国人登録証を義務付けたものになり、長期滞在用の身分証明書にもなります。

発行には指紋登録や写真撮影が必要で、留学生は学校職員が同行して手続きを行うのが通常です。
かかる費用は約6千円程度ですが、申請をする場所までの交通費は留学生が負担する学校もあります。

ACR I-Card

ECCについて

ECC(Emigration Clearance Certificate)とは出国許可証のことで、6ヶ月以上フィリピンに滞在する場合に必要です。
滞在中の国で犯罪をしていない、ブラックリストに載っていないことなどを証明するもので、空港にて提出します。申請は必ず自身で行うことが条件となっているため、必ず出国間に移民局に行って申請をしましょう。
必要な物は、パスポート、申請書類、申請費用、出国航空券、滞在延長時の領収書、写真5枚です。

申請費用はその時によって変わる可能性があるので、申請前にチェックしておきましょう。

30日以内の滞在であればビザは必要ない

本来、ビザは事前に大使館に行って申請をするものですが、日本人がフィリピンに留学をする場合は、事前に大使館に行って申請をする必要はありません。 フィリピンに着いたら、入国審査の際に、30日間の観光ビザを無料で取得できます。
ただし、日本に帰るチケットや別の国に行くチケットを持っている、滞在予定日数+6ヶ月以上の有効期限があるパスポートを持っている、暴力団関係者ではない、ということが条件になります。

帰りのチケットは、30日以内に帰国することを証明するために必要なものです。 このチケットを持っていない、あるいはパスポートの有効期限が6ヶ月未満だった場合、強制退去となってしまう可能性もあるため注意しましょう。

30日以内の滞在であればビザは必要ない