フィリピンの交通事情とは

留学中は学校に通うだけではなく、買い物や食事、レジャーなどに出かけることもあります。中でもマニラは人口1,000万人を超えるフィリピンの首都で、移動手段としての交通網も様々あります。

フィリピンの交通事情とは

LRTと呼ばれる高架鉄道

マニラには高架鉄道が走っています。1つがLRT(Light Rail Transit)と呼ばれる高架鉄道です。LRTには1号線と2号線があり、1号線はバクララン駅からルーズベルト駅をつないでいます。2号線はサントラン駅からレクト駅までをつなぐ電車です。2号線の方が1号線よりも車内が広いという特徴があります。

電車に乗るためには、日本と同様、まずチケット売り場にてチケットを購入します。料金は窓口横の料金表で確認ができますが、わからない場合には販売スタッフに聞いてみましょう。とりわけ朝や夕方のラッシュ時には、電車を利用する人が多く混雑します。その際にはスリの被害に会わないために、貴重品はバッグに入れて自分の前に持つようにしましょう。

フィリピンのシンボルとなっているジプニー

フィリピン特有の交通手段の1つにジプニーがあります。かつてアメリカ軍が使い古したジープを乗り合いバスに改良したもので、現在でも公共交通機関として利用されています。車体前や横に書かれた行き先や走行区間を確認して乗りましょう。どこでも乗り降りできる便利な交通手段です。

バイクにサイドカーを付けたトライシクル

バイクにサイドカーを付けたトライシクル

トライシクルはバイクの横にサイドカーを付けた3輪の乗り物です。中には自転車にサイドカーを付けたものもあり、スピードもそれほど速くなく、外の景色が楽しめるので主に観光客用として使われています。

種類が多いフィリピンのタクシー

タクシーは行き先を告げるだけで目的地近くまで運んでくれる便利な交通手段です。フィリピンのタクシーには、あらかじめ行き先ごとに運賃が決まっているクーポンタクシー、値段が高めで乗り心地のよいイエロータクシー、地元の人がよく利用するレギュラータクシーがあります。フィリピンでタクシーを利用する場合、タクシーに乗ったら念のために内側からロックをして、停車中に強盗被害にあわないように気を付けましょう。