フィリピンの
おすすめ観光スポット

語学留学は勉強をすることが主な目的ですが、せっかく現地に行くのですから、その土地ならではの観光スポットを回るのも良い経験になります。観光地に行くことで、その国の魅力をさらに実感することができます。

フィリピンにもいろいろな観光名所があるので、おすすめの観光スポットを紹介しましょう。

フィリピンのリゾート地バタンガス

リゾート地としてはセブ島が知られていますが、マニラと同じルソン島の観光スポットとしてはバタンガスが有名です。

首都であるマニラから車を使って約3時間のところにあるリゾート地で、ダイビングやさまざまなマリンスポーツを楽しむことができます。
バタンガスでは、絶景を見渡せる山登りや、印象深い教会を見て回る観光も楽しめます。自然の温泉もあり、心身ともにリラックスできるのが魅力です。

バタンガス

フィリピンの避暑地タガイタイ

標高700mの高原であるタガイタイは、避暑地として多くの人が集まる観光名所です。
平均23℃で南国とは思えないほど涼しく、週末には家族連れなどで賑わう避暑地です。ホテルやレストランのほか、カジノやゴルフを楽しめるスポットで、 遊園地やピクニック場などのレジャー施設も充実しています。

タール湖を見下ろしながらのドライブは、美しい景色を眺めることができリフレッシュできます。

タガイタイ

ジンベイザメウォッチングができるオスロブ

セブ島の最南端にあるオスロブは、セブ市内から車で約3時間のところにある小さな港町です。
ジンベイザメと写真撮影ができるシュノーケリングをしたり、ボートの上から餌付けを見ることができたりできる人気スポットです。

野生のジンベイザメ餌付けを見ることのできる貴重なスポットでもあります。餌付けの営業は午前中のみなので、早目に出かけることをおすすめします。
自然豊かなオスロブでは、ダイビングなどのマリンスポーツを楽しめます。

オスロブ

素晴らし景観を楽しめるチョコレート・ヒル

高さ30mほどの円錐の丘が1000個以上もあるとされるチョコレート・ヒルは、素晴らしい眺望の観光地です。乾季になると円錐の丘が、 チョコレート色になるため、チョコレート・ヒルと呼ばれています。

チョコレート・ヒルにはさまざまな伝説があり、そのうちの1つが「2人の巨人が石を投げ合ってケンカをした後にできたもの」という伝説です。
同じ大きさの丘がたくさん見える景色は、まるで絵本の世界のようです。セブ島から高速フェリーで約2時間です。

チョコレート・ヒル