フィリピンで食べたいおすすめスイーツ

フィリピンには色々な種類のスイーツがあります。留学中は、本場のスイーツを食べて勉強の疲れを癒やすのも良いでしょう。フィリピンのおすすめデザートを紹介します。

フィリピンで食べたいおすすめスイーツ

ハロハロ

フィリピンのハロハロは、かき氷の上にココナッツ、アイスクリーム、ナタデココ、甘く煮た豆、紫芋などを乗せたデザートです。アイスクリームは「ウベ」という紅山芋で作られたものがトッピングされることもあり、まろやかで自然な甘さを楽しむことができます。ハロハロはタガログ語で「ごちゃ混ぜ」という意味を持っている通り、かき氷の上に乗せるものに決まりはなく、お店独自のトッピングがされています。

ブコ・パイ

さくさくとしたパイ生地の中に、ココナッツの果肉とカスタードクリームが入ったフィリピンらしさを感じるスイーツです。ブコ・パイのココナッツにはヤングココナッツという若いココナッツが使われることが多く、その柔らかな食感とカスタードクリームが絶妙にマッチします。またフィリピンでココナッツミルクを使用したお菓子というと、とても甘いことが多いのですが、ブコ・パイは基本的に甘さ控えめに作られています。

サンスリバル

サンスリバルは、カシューナッツ入りのメレンゲ生地とバタークリームを重ねて作られるお菓子です。お店によってアレンジされ、ナッツの種類を変えたものや、中にはサンスリバル味のアイスクリームなどもあります。ちなみにサンスリバルとはフランス語で「ライバルなし」という意味を持ちます。

ポルボロン

ポルボロンはスペインの結婚式やお正月などによく食べられるお菓子です。フィリピンではスペインの統治下にあった影響から、スペインのお菓子も広く浸透しています。ポルボロンは口に入れると崩れる食感のクッキーで、サイズは小さいものが多く、お土産としても様々なところで売られています。

エンサイマダ

エンサイマダ

エンサイマダはポルボロンと同様スペイン発祥のスイーツです。バターの香りのするやわらかいパンに細くスライスしたチーズがかかり、グラニュー糖もふられています。フィリピンでは定番のエンサイマダだけでなく、紅イモやマンゴー味などもあり、種類豊富なエンサイマダを食べることができます。パンの甘さとチーズの塩気があいまって、一口食べるとクセになること間違いなしです。