留学の種類は色々

留学の種類には、語学留学をはじめ、ワーキングホリデー、専門留学、ビジネス留学、ボランティア留学などがあります。何を学びたいのか、学んだことをどのように生かしたいのかといった目的に合わせて、留学の種類を選ぶ必要があります。留学の種類について解説しましょう。

留学の種類は色々

留学の種類

  • 語学留学

    語学留学とは、語学レベルを高めることを目的とした留学です。現地の語学学校での勉強はもちろん、海外で生活することで、身の回りの会話がすべて英語になり、聞きとる力と話す力の両方を身に付けることができます。また外国人の友達を作ることで、さらに語学力アップが期待できます。語学学校にも、大学付属の語学学校や私立の語学学校などいくつか種類があるため、自分の目的に合わせて選ぶのが理想です。

  • ワーキングホリデー

    ワーキングホリデーは、日本と協定を結んでいる国でのみ可能です。主に、観光をしながら語学学校に通ったり、語学学校で勉強しながらアルバイトをしたりと、滞在の目的を限定せずに海外で生活ができます。ワーキングホリデービザの申請には18歳以上30歳以下という制限がありますが、滞在時に比較的自由な過ごし方ができ、1~2年の滞在ができるのは大きなメリットです。

  • 専門・ビジネス留学

    専門・ビジネス留学は、語学だけでなくビジネスに役立つスキルを習得できる方法です。海外の大学や専門学校には、ビジネスの即戦力になれる知識や、スキルを身に付けるためのコースを設けている学校があります。留学期間は数ヶ月のものから1年、さらには数年のコースと様々です。学べる分野は、IT関連、通訳・翻訳、旅行関連など多彩で、自由に選ぶことができます。

  • ボランティア留学

    語学を勉強する以外に、現地の人との交流を深めたいという場合は、海外でボランティアをするという方法があります。ボランティアの種類も豊富で、環境保護や動物保護、社会福祉、教育など自分が興味のあるものを選ぶことが可能です。ボランティアで集まる仲間は同じ目的や興味を持っている場合が多いので、言葉の壁を越えた交流がしやすいという魅力があります。