休学留学と認定留学の違いは?

日本の大学に在籍しながら留学する方法には、認定留学と休学留学があります。2つの留学の違いを把握し、自分に適した方法を選択しましょう。

休学留学と認定留学の違いは?

休学留学と認定留学

  • 休学留学の特徴

    休学留学とは、日本の大学に籍を置いたまま休学して海外に留学をすることです。大学に頼らず個人で留学する形であるため、在籍している大学の協定校ではなく、自分の希望に合った海外の学校に通うことができるメリットがあります。ただし大学を休学して留学するので、休学した期間分卒業が遅くなってしまうことがデメリットです。
    また、留学先で取得した単位が、日本の大学の単位として認定されるかは、学校によって異なります。取得した単位が全て認められないケースや、一部しか認められないケースもありますので注意が必要です。留学前には、在籍している大学の認定条件を確認しましょう。

  • 認定留学の特徴

    認定留学は、在学中の大学と提携している海外の学校に留学することです。大きな特徴として、現地で取得した単位が日本の大学の卒業単位として認定されます。留学中の単位が認定してもらえるので、必要単位をしっかりとっていれば、日本の大学を留年するようなことはありません。ただし留学先は、在籍している大学が認定している学校に限られているので、選択肢が狭まります。

  • 留学中に払う学費は休学留学と認定留学によって異なる

    休学留学と認定留学では、休学中に支払う学費が異なります。休学留学の場合、留学先に学費を支払う必要があるのはもちろんですが、大学によっては休学中の学費も支払わなければいけない場合があります。認定留学では、留学先と在籍している日本の大学、両方の学費も支払う必要がある場合がほとんどです。ただし、認定留学奨学金を給付する大学もありますので、留学前には予め調べておくとよいでしょう。
    休学留学と認定留学のどちらを選ぶにせよ、休学中に学費を支払う必要があるかどうかは大学によって異なりますので、留学手続きの前に確認するようにしましょう。休学留学と認定留学の違いを把握したうえで、自分の将来にあった留学計画を練るようにしましょう。