英語初心者でも大丈夫!
フィリピン留学前に役立つ勉強方法

「英語を学習したい!海外に留学したい!でも、英語に自信がないから留学に行ってもうまくやっていけるかが不安…」という方は多いと思います。たしかに、何も勉強せずにいると、不安をずっと残したまま、留学に行くことになるでしょう。
そこで今回は、フィリピンに留学する前に役に立つおすすめの勉強法をご紹介します。

英語初心者でも大丈夫!フィリピン留学前に役立つ勉強方法

留学前の勉強は必要?

そもそも留学前に英語の勉強は必要なのでしょうか?英語を勉強するために留学するのだから、向こうで頑張れば大丈夫だろうと思う方も多いかもしれません。
しかし、短期間(1週間~4週間)の留学で大きな成果を得ようとすれば、事前勉強は不可欠でしょう。特に、文法、スピーキング、リスニングは留学前に強化しておきたい分野です。

  • 事前勉強のメリット1

    事前勉強のメリットは、自分の得意・不得意を知り、留学中に何を重点的に伸ばしたいのか・伸ばすべきなのかを知れることです。
    英語初心者の方の多くは、「自分が英語の何を理解していないかが分からない」状態で留学に行ってしまいます。そのため、「英語力を伸ばしたい」だけではなく、「苦手なスピーキングを伸ばしたい」「とにかくリスニングを伸ばしたい」など、目的をより具体的にすることで、短期留学でも効率的に自分の求める英語力を高めることができるのです。

  • 事前勉強のメリット2

    もう1つのメリットは、英語の基礎力をつけることで留学中の学習がより効果的になることです。フィリピン留学ではマンツーマンレッスンが多く、1対1で親身になって英語を教えてもらえます。分からないことがあればすぐに質問ができ、リラックスして勉強できます。しかし、基礎力があまりにないとスムーズにレッスンが進みません。留学中の学習効果をより高めるためにも、自分でできる範囲の勉強はしておくことをおすすめします。

文法の勉強法

文法の勉強法

よく日本人は、文法ばかりに気を取られて発音がうまくできないと揶揄されます。
しかし、発音がいくらうまくても、文法が分からなければ話せませんし、文章も理解できません。文法は語学学習の基礎なので、最も大切にしたい分野です。

  • 中学生用の参考書・文法問題集を使う

    一般的な英語でのコミュニケーションに必要な文法力は、日本の中学生レベルの文法力だと言われています。難しそうに聞こえるニュースや、映画のセリフなども文法レベルで見れば、中学生程度のものしか使われていないことがほとんどです。
    そのため、中学・高校受験用の参考書や問題集はどなたにもおすすめできます。現地でのコミュニケーションに必要な、最低限勉強すべき単元は以下の通りです。

    ・品詞(名詞、動詞、形容詞、副詞、代名詞、前置詞、接続詞)
    ・文型(SV、SVO、SVC、SVOO、SVOC)
    ・時制(現在形、過去形、未来形、完了形、進行形)
    ・受け身
    ・to 不定詞
    ・比較(原型、比較級、最上級)
    ・分詞(現在分詞、過去分詞)
    ・関係代名詞

    以上のすべてを完璧に勉強する必要はなく、問題集の基本問題を押さえていれば大丈夫です。

  • 単語も並行して勉強する

    文法と併せて単語も勉強しましょう。また、単語を機械的に覚えるのではなく、各例文を読みながら、理解できない文を分析する癖をつけてください。文型や時制、品詞などを分析することで、英文の理解力(リーディング力)と同時に、文法の理解力や単語力も上がるため一石三鳥です。

スピーキングの勉強法

留学を考えている方であれば、英語を話せるようになりたいと考えていることでしょう。フィリピン留学の1番の強みは、豊富なマンツーマンレッスンによるスピーキング力向上にあります。スピーキング力を伸ばせば、レッスンをより充実したものにできるだけではなく、旅行や仕事にも生かすことができます。そのため、留学前から英語を話すこと自体に慣れておくと良いでしょう。

  • 英文を音読する

    英文を音読することで、英語のリズムに慣れるという効果があります。また、CD音源などがある場合は、ネイティブの発音をまねすることで正しい発音が身につきます。

  • 思ったことを瞬時に英語で言ってみる

    スピーキング力とは「伝えたいことを言う力」です。思ったことや、感じたことを英語で言ってみましょう。声に出すことをおすすめしますが、電車の中などでは頭の中で言ってみるだけでも、英語で考えるトレーニングになります。

  • 英会話サービスを利用する

    時間やお金に余裕がある場合は、実際に相手がいる環境で話すことが1番のトレーニングです。英会話サービスなども利用して、留学前に備えるのも良いでしょう。

リスニングの勉強法

リスニングは慣れることが1番と言われることがあります。慣れの影響は大きいのですが、ただ英語を聴いていれば、理解ができるようになるというものではありません。どう聴くか、分からなかった部分にどう対処するかが大切です。

リスニングの勉強法
  • シャドーイング

    音声が聴こえてきた直後に同じ英文を声に出し、そのまま英文を追いかけていくスピーディーなトレーニングです。英語の発音、リズム、抑揚などリスニングにおいて重要な要素をすべて鍛えられます。

  • ディクテーション

    シャドーイングとは逆に、1文ずつ丁寧に英文を書き取るトレーニングです。音声を止めながらでも良いので、正確に冠詞1つも逃さないように書き取ってください。
    書き取れたら、同じ文でシャドーイングをするとより効果的です。

  • 英会話サービスを利用する

    時間やお金に余裕がある場合は、実際に相手がいる環境で話すことが1番のトレーニングです。英会話サービスなども利用して、留学前に備えるのも良いでしょう。

その他

フィリピンに留学するのであれば、フィリピンの基本情報は事前に確認しておきましょう。
宗教や文化、気候や食事などの違いを理解することで、フィリピン留学がより楽しく意義のあるものになります。

初めての語学留学は、誰しもが不安を感じます。特に、英語初心者であればなおさらでしょう。しかし、事前に勉強をすれば英語に対する不安を軽くすることができます。
英語を楽しみながら学習すれば、基礎を自然と身につけることができ、留学先での学習効果が高まります。「絶対勉強しなければならない」と難しく考えすぎず、とにかく英語を楽しむという心持ちで取り組んでみてください!