フィリピンのお手軽屋台料理とは

フィリピンの屋台で食事する際の注意点も含め、フィリピンでおすすめの屋台料理を紹介しましょう。

フィリピンのお手軽屋台料理とは

タホ

タホは温かい豆腐に黒蜜やサゴと呼ばれる丸い寒天、タピオカなどがかかった食べ物です。蜜がかかって甘いだけに、デザート感覚で食べることができます。フィリピンでは、バケツのようなアルミ容器に入れて道端で売られており、気軽に手に入れることができます。

バロット

バロットは、孵化前のアヒルの卵を茹でたものです。バロットには段階があり、アヒルから生まれた直後の卵から孵化直前の卵まで、いつ食べるかによって見た目や味が変わってきます。孵化直前のバロットとなると、見た目に抵抗を覚える人もいます。フィリピンでは滋養強壮に良いとされ、現地でも珍味として扱われています。

バナナキュー

バナナキュー

バナナを油で揚げ、砂糖をまぶした食べ物です。お店によって作り方は変わり、砂糖をまぶしてから油で揚げるものや、バナナを油で揚げてブラウンシュガーをまぶし、さらに揚げてから砂糖をまぶすものもあります。バナナは生で食べられるものではなく、加熱して食べるものが使われており、食感としては芋に近くなっています。

ルンピア

ルンピアは、日本でいう春巻きです。日本の春巻きとの違いは、主にソースにあります。チリソース、ナンプラー、パクチーなどが入ったソースは日本のものと違い甘辛い味付けになっています。またルンピアの形は、日本の春巻きよりも少し細く、屋台で買って手軽につまめるように作られています。

串焼き

串焼き

フィリピンの屋台では様々な食材が串焼きにして売られおり、肉やレバー、腸などを串に刺して焼いたものなどがあります。また串揚げの種類も豊富で、魚のすり身、鶏肉、卵など多くの食材から好みのものを選ぶことができます。

屋台料理の魅力

屋台料理の魅力

屋台料理の魅力は現地の人と肩を並べて食べることで、より深く現地に触れることができるという点です。また屋台料理は安く、手軽に食べられるのも魅力です。いろいろなお店をはしごしながら屋台料理を楽しむことは、留学中の良い体験となるでしょう。ただし屋台は衛生面において注意しなければなりません。特に氷や生野菜には注意が必要です。衛生的に悪い水道水を使って氷を作っていたり、野菜を洗ったりしている場合があるからです。氷の色が濁っていたら、口に入れないようにしましょう。