英語のリスニングが上達する!シャドーイングの方法とコツ

英語力が上がらないと感じている方の中には、リスニングに苦手意識を持っている方も少なくありません。リスニングが苦手という方は、普段どのような勉強を行っていますか?
教材の音声を聴いて、問題に答え、解説を読むだけという流れになっていませんか?
もしこのようなリスニングの勉強法を行っているなら、非常にもったいないことをしているかもしれません。
今回は、リスニングの勉強には欠かせないシャドーイングについてご紹介します。

英語が上達するシャドーイング

シャドーイングとは

  • シャドーイングとは、聞こえてきた音声のすぐあとを追って同じ音声を発するという英語の勉強法です。もともとは通訳者の養成学校で取り入れられているトレーニングの1つで、リスニング力だけではなく発音の向上や、英語のリズムに慣れるためにも有効とされています。ここではシャドーイングのコツと効果についてお伝えします。

  • シャドーイングのコツ

    シャドーイングのコツは、音声をできるだけそっくりそのまままねすることです。ネーティブには人それぞれ独特のイントネーションや感情の付け方、リズム、息遣いなどがあります。それらを再現しようとすることで、英語の音とリズムに慣れ、自然と英語を話す力が身につきます。

    また、シャドーイングをやり始めたころは口や舌が疲れてくるでしょう。これは英語と日本語では発音の際に動かす筋肉が違うために起こります。つまりシャドーイングをしても筋肉が痛くならないということは、正しい英語で発音できておらず、日本語の発音になっているか、すでに英語でしゃべる筋肉がついているかのどちらかの可能性が高いといえるでしょう。

    シャドーイングのコツ
  • シャドーイングによる効果

    シャドーイングで期待できる効果は、発音の向上、そして何よりも英語の音に慣れることです。英語の音に慣れるというのは、今まで自然と聞き流されていた音が耳に引っ掛かるようになるということを指します。そのため、シャドーイングを行う際に大切なことは、初めから意味を全部理解しようとするのではなく、最初から最後まで音についていく意識を持つことだといえるでしょう。

シャドーイングの方法

  • 意識を持って耳を澄ませても、はじめから全てを聞き取れる方は多くはないでしょう。では、実際にどのようにシャドーイングを実践すれば良いのでしょうか。ここではシャドーイングの方法についてお伝えします。

    英語が聞こえてきてから何秒後に追いかける、などのような明確な決まりはありません。感覚としては、以下を参考にしてみてはいかがでしょうか


    音声:It is important to study English for global business.
    自分:       It is important to study English for global business.


    途中で詰まったとしても、聞き取れた部分からすぐに再開しましょう。シャドーイングに慣れていないときは、以下の手順を踏むことをおすすめします。


    手順
    1.リスニング(音声を聞いて全体の意味を理解する)
    2.マンブリング(音声を聞きながらつぶやくように発音する)
    3.スクリプトを確認(単語や文章を確認する)
    4.シンクロ・リーディング(テキストを見ながら音声にかぶせて発音する)
    5.シャドーイング(テキストを見ないで、少し遅れて発音する)
    6.コンテンツ・シャドーイング(意味を理解しながらシャドーイングする)

注意点

  • シャドーイングを始めたからといって、すぐにリスニング力が上達するわけではありません。長年日本語の音に慣れ親しんでいる日本人が、英語の音に慣れるには時間と労力が必要です。そのため、シャドーイングはとにかく継続するようにしましょう。個人差はありますが、3カ月ほどで効果を感じる方もいます。
    また、自分の声で音声がかき消されてしまうとシャドーイングができないため、自分の声よりも音声の方が大きく聞こえるように音量調整をしましょう。ヘッドホンの片耳だけ位置をずらすなどの方法もおすすめです。

    シャドーイングの注意点

素材の選び方

  • 実際にシャドーイングに使う素材選びに悩む方も多いと思いますが、素材を選ぶときは、自分のレベルに合ったもの、もしくは少し簡単だと思うものを選びましょう。
    リスニング用の本や例文が書かれている単語帳、海外ドラマや映画、ニュースなど英語の音声を聞ける素材は豊富にあります。しかし、自分にとって難しすぎる素材でシャドーイングしようとして、長続きしなければ意味がありません。特に、映画やドラマなどはかなり速いスピードで進み、また場合によっては聞き取れたとしても背景知識がないと理解ができないものも多くあります。そのため、初めはシャドーイング用に作られた教材を使うか、自分が少し簡単だと思うものを選ぶと良いでしょう。
    また、モチベーションを保つという意味では、興味がある分野の素材を使うこともおすすめです。

    素材の選び方

おわりに

  • 今回は、リスニングの勉強には欠かせないシャドーイングについてご紹介しました。シャドーイングはリスニング力をアップさせる勉強法としては、非常にメジャーなものです。初めはうまくいかないこともあるため、スピードの調整ができる音楽プレーヤーでスロー再生しても良いでしょう。
    シャドーイングのポイントは、できるだけ聞こえたままの音声をまねすることです。ネーティブの発音やイントネーションを再現しようとすることで、英語のリズムや音に慣れることができます。リスニング力をアップさせたいと考えている方は、ぜひシャドーイングを継続して試してみてはいかがでしょうか?