転職?海外移住?フィリピンへの社会人が短期留学に参加する目的

フィリピン短期留学は、学生だけでなく社会人からも人気を集めています。わざわざ仕事を休んだり、退職したりして参加するため、何か確固たる目的があるはずです。社会人の方々は、一体どのような目的を胸に、フィリピンへと赴くのでしょうか。今回は、フィリピンの短期留学に参加する社会人ならではの目的についてお話しします。

社会人が短期留学する目的

社会人がフィリピンに短期留学する目的とは?

  • 将来に夢を抱いて留学を決意する学生の一方で、社会人にも社会人なりのフィリピン短期留学の目的があります。社会人のフィリピン留学における代表的な目的を以下にまとめました。自身が考えている目的と照らし合わせてみてください。

    フィリピン留学に行く目的
  • 単純な英語への興味

    勉強は学生だけの特権ではありません。何かを勉強したいと感じれば、何歳になっても勉強を始めることができます。学生の頃にはそれほど英語に興味がなくても、社会人になってから強い興味を抱き始める方は多いようです。

    興味があるとはいえ、長期間の留学が社会人にとってハードルが高いのも事実です。かなり前から準備していない限り、留学費用の工面も大変でしょう。その点、フィリピンへの短期留学ならば、期間と費用の面から社会人でも手軽に留学できます。

    中には、フィリピンへの短期留学で英語への興味がさらに強くなり、本格的な勉強を開始したり、他の国への留学を決意したりした方も少なくないようです。このようにシンプルに「英語が好き」という思いも、十分フィリピン留学の目標になり得ます。

  • 帰国後のキャリアアップ

    「現状の仕事に未来を感じられない」「今よりもっとキャリアアップしたい」のような思いで、フィリピンへの短期留学を決意する社会人の方も多くいます。それまで日本で従事してきた仕事と英語の親和性が高いほど、留学によるキャリアアップの効果が期待できるでしょう。「次の仕事ではしっかりと英語を活かしたい」という目標から、転職活動の一環として短期留学に赴く方もいます。

    また、英語との結びつきが強い企業に勤めている場合、会社が研修の1つとして社員を短期留学に送り出す例もあります。このような会社では、社員の留学費用を負担してくれるケースもあるようです。こちらも、キャリアアップを目的としたフィリピン短期留学の形といえるでしょう。

    帰国後のキャリアアップに重要なことは経験ではなく、明確な結果です。フィリピン短期留学によるキャリアアップを目指す多くの社会人の方は、目に見える結果の1つとしてTOEICのスコア向上を目的としています。会議・プレゼンテーションなどでも実用レベルとされる800点程度をひとまずのゴールと考えている方も珍しくありません。

  • 海外での就職

    社会人が抱くフィリピン短期留学の目的の中でも、最たる例といえるものが「海外就職」です。その決断に至るには、さまざまな考えがあります。中には、それまで日本で行ってきた仕事におけるマーケットが縮小するのではないか?などの危機感に苛まれている方もいるかもしれません。
    もともと海外に興味があって、留学を経験し、いずれは日本を出て活躍したいと思っている方もいるでしょう。
    事実、留学経験は海外就職を目指す上で有利に働きます。英語力はもちろんのこと、海外で生活を通して培われた順応力やバイタリティ、精神力の強さなどが評価されるようです。

    フィリピンの短期留学後に海外就職をされる方は、実際にたくさんいます。同じフィリピン内での就職はもちろんのこと、マレーシア、ラオス、インド、シンガポールなどアジアで就職される方が多くいます。

明確な目的を持つことは留学を有意義にすることにつながる

  • 留学には、まとまった費用が掛かります。しかし、決して少なくはない費用を掛けて留学に行くのにもかかわらず、すべての日程が終わったあとに「この留学は意味があったのだろうか?」という疑問を抱えてしまう方は少なくありません。多くの場合、留学中の目的を明確にしていなかったことに原因があります。

    どんなに環境の良い場所に、長い期間留学しても、目的なく漫然と過ごしていては、何も得られないでしょう。反対に、しっかりとした目的を描いてさえいれば、費用の安いフィリピン短期留学でもモチベーションを保って勉強にうちこめるため、短期留学においては、明確な目的を持つことが重要といえます。

    社会人の方が目標として掲げることの多いTOIECのスコア向上は、「明確な目的」の好例です。一方で、ただ「点数を上げたい」という漠然とした目的で結局達成できないことも多くあるでしょう。「帰国後のTOEICで○○○点を目指す」など、目的・目標をはっきりとさせておくことが大切です。

    裏を返せば、「明確でさえあれば、目的は何でも構わない」ということになります。上述した社会人の留学目的は代表的なものですが、それ以外の目的が悪いわけではありません。社会人のフィリピン短期留学で重要なのは「目的に沿った結果を出すこと」だといえます。

    明確な目的を持つ

リフレッシュ目的の短い留学もおすすめ!

  • 先述したとおり、留学の目的は千差万別です。もちろん「勉強しながらリフレッシュしたい!」という目的でも全く問題ありません。一週間程度の非常に短いフィリピン留学であれば在職しながらでも十分に可能です。

    南国の空気の中で英語を勉強する経験は、たとえ短くても社会人の方に特別な価値観を与えてくれるはずです。語学学校にはさまざまな国からさまざまな年齢の生徒が集まるため、会社組織の中で業務を行ってきた社会人の方にとっては刺激的な環境となるでしょう。密度の高いコースを選べば、一週間程度でも確かな英語力の向上が期待できます。リゾートでのバカンスと英語力アップを両立できれば、一石二鳥ではないでしょうか。

    リフレッシュ目的
  • おわりに

    「何かを求める留学」も学生なら悪くありませんが、社会人になってから留学に行くのであれば、しっかりと目的をかなえたいものです。
    どんな目的でも構いませんが、留学に行く際はなるべくその目的を明確にして、それをかなえることを意識してみてください。はっきりとしたイメージとともに過ごした留学生活は、後々の人生の中でも重要な意味があった経験として胸に刻まれるはずです。